どうしても抜けないフィリピン生活習慣病

久しぶりに日本へ戻ると、いわゆる”浦島太郎状態”が存分に楽しめます。

テレビをつけると全然知らない若手芸人やアイドルが出ていたり、見覚えのあるアナウンサーがいきなりオジサンやオバサンになっていたり。。。

きっとこれが竜宮城から持ち帰った玉手箱を開けてしまった瞬間を意味するのでしょう。

フィリピンで身に付いた習慣というものは恐ろしいもので、早速日本でタブーを犯してしまいそうになりました。

1 ファーストフードで放置

フィリピンと日本のマナーの大きな違いがセルフサービス。

日本は自分のことは自分でやるというのが原則ですが、フィリピンは極力やりません。

中流の家庭にはお手伝いさんやドライバーがいます。

洗濯もお手伝いさんまたはランドリー店にドンと出します。

5分程度の距離でもジプニーやトライシクルというサイドカーを使う自分にとても優しい国です。

そんな国ですから、ファーストフードも食べ終わったら片付けません。

日本のファーストフードではより少ないスタッフ数でテキパキと作業をこなす様子は海外でもかなり話題のようです。

しかし、フィリピンのファーストフードは豊富なスタッフ数で勝負。

ドアを開けてくれるガードマンやトレーを片付けてくれる担当者がそれぞれいますので安心です。

そんなスイートな生活を10年以上やっていると、食べ終わったら立ち去るという習慣がDNAレベルまで浸透し、日本でも同じように食べ終わった瞬間そのまま立ち去ろうとしてしまいます。

日本だからダメなのだと自分に強く言い聞かせても条件反射はなかなか抜けませんでした。

2 タクシーのドアを自分で開けてしまう

日本のタクシーは当たり前ですが自動ドアですので、乗客はドアの開け閉めを自分でやりません。

しかし、セブのタクシーは自分でドアをあけて自分で閉めますので、タクシーた止まった直後に自らドアを開けようとしてしまいます。

乗った後は、安全のためにドアのロックを自らかけてしまいます。

この瞬間、ドライバーの方はかなり不審な目でミラー越しにこちらをチラ見します。

乗客にドアをロックされるとかなり怖いですよね。。。

当然降りたあとのドアも勢いよく閉めてしまいました。。。

ドライバーの方はきっと私のことを変な外国人だと思ったことでしょう。

3 ジェイウォークしてしまう

セブには信号がほとんどありません。

横断歩道もあるのですが、あれはただの飾りで車は横断歩道に歩行者がいても止まるどころか加速してくる時もあります。。。

だから道路を渡るときは車と車の間をリズミカルに渡らなければなりません。

それを英語ではJaywalkといいます。

Sign prohibiting jaywalking in Singapore’s Orchard Road
Jaywalking occurs when a pedestrian walks in or crosses a roadway illegally. The term originated with “jay-drivers”, people who drove horse-drawn carriages and automobiles on the wrong side of the road, before taking its current meani鵜宇野. 引用元

そんな生活をしていると車が来ていない時が渡り時だという感覚がどうしても頭をもたげてしまい、駆け出しそうになる自分がいました。

周りをみたら信号が赤なら車の有無関係なくじっと待っている日本人を見て、「ああ日本」と非常に感慨深かったです。

4 トイレットペーパーをゴミ箱に捨てる

日本のトイレ事情は素晴らしいです。

たとえ駅の公衆トイレでもウォシュレットを完備しているところが普通にあります。

セブでは使用後のトイレットペーパーをトイレの中へ流してはならず、ゴミ箱の中へ入れます。

最初はこれに物凄く抵抗がありましたが、いつの間にか何も感じなくなりました。

ファーストフードのトレーは平気で置き去りに出来るのに、トイレットペーパーをそのままトイレに流すのは非常に勇気が要りました。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

広告

面白ギャップ「PASMO」

先日、まる3年ぶりに10日間、日本へ一時帰国させていただきました。

久しぶりに戻ると日本こそが私にとって外国であり、ちょっとした事でもカルチャーショックを超えた衝撃を受けてしまいます。

今回の帰国で得た衝撃の一つがPASMOです。

PASMO(パスモ)は、きっぷやお財布代わりにいつでも使えて、あなたの暮らしをもっと便利にするICカードです。
1枚のPASMOで、鉄道やバスのきっぷとしてご利用いただけるほか、電子マネー加盟店では電子マネーとしてお買い物のお支払いにもご利用いただけます。
また、首都圏・仙台・新潟・札幌(SAPICAエリア)の各SuicaエリアでもPASMOをご利用いただけます。引用元

日本、特に東京エリアに住んでいる方にとってはごく一般的な存在ですが、セブではPASMOというと全然違う意味になってしまいます。

ビサヤ語でPASMOは体調不良を意味します。

とくにフィリピン人はお腹が減ると頭痛がする人が多いようで、そんな時に「お腹減り過ぎてPASMOだよ」みたいな使い方がされます。

だから日本の駅や自動販売機に Love and PASMOと書いてあると、かなり複雑な心境になってしまいます。

PASMOにかかわらずフィリピンでは全然違う意味になってしまう日本語があります。

荒井(痛い)、弟(間抜け)、多恵(う〇こ)、メロン(ある)、馬鹿(牛)、おとん(乳首)

まだ探せば日比の面白ギャップは沢山出てきそうですね。

また見つけたら本ブログでご紹介させていただきます。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

 

セブへ行って来ました! 桐原書店 留学事業部 熱田

■セブの印象

セブに行くのは今回が初めてでした!
東南アジアは何か国か行ったことがあるので、車と人がごった返してる雰囲気はアジアに来たーー!って感じでした。

その中で今回驚いたのは、フィリピン人がすごくフレンドリーということ!

ホテルのロビーでくつろいでたら見知らぬフィリピン人が話しかけてきたり、フィリピン屋台で記念に写真を撮ろうとカメラを向けたら、お店の人が満面の笑みでポーズして来たり(笑)。


​本当にフレンドリー&人懐っこい人たちばかりで、いい意味でセブの印象が変わりました。

■リゾートを満喫♪

プレミアム校やシティ校があるセブ島から1〜2時間かけ、マクタン島のリゾート地にも行ってまいりました!
海、ビーチ、太陽……これぞ、ザ・リゾート!!
(私もゆっくりバカンスしたかった〜)

プランテーション・ベイ


シャングリラ マクタンリゾート


10,000 Roses Cafe and More
→10,000本のバラがみれる話題のインスタ映えスポット!

やっぱりセブに来たら、ぜひとも遊びに行きたい場所!
2~3週間滞在して、平日はレッスン&土日はリゾートを満喫するのが最高ですね!

 

■なんといっても、楽しかったことは・・・

やっぱり授業!!

私は留学経験はありましたが、マンツーマン授業は初めて。
期待と緊張の中、授業を受けましたが……
面白さは期待以上!!!

Filipinoはとてもエネルギッシュで、おしゃべり大好きで、笑いが絶えない人たちばかり。

冗談言ったら大笑いしてくれるし、先生も面白いことたくさん言ってくるから笑うので忙しい。
あまり面白くないことにも爆笑してくれるので、自分がすごく面白い人になったんじゃないかと勘違いするレベルです(笑)

そんな感じで8時間レッスンは疲れもありますが、あっという間でした!

あとは真面目な話、先生たちが講師という仕事に対し、楽しい/やりがいが多い/今の仕事できて幸せって話していたのが印象的でした。
授業を受けていても、本当に教えるのが好きなんだなと感じる講師がたくさんいました。
そういう先生に教えてもらえるのはとても貴重だし、
私も日本に帰ってから、仕事も英語も頑張ろう!とエナジャイズされました★

また、仕事だけでなく全てに対して考え方がポジティブなフィリピン人。
彼らといると自然とこっちまでハッピーになるから、不思議だけれども、すごく魅力的な人たちだなって感じました。

FEAにはリピーターのお客様が多いですが、リピートされる方々の気持ちが今回の旅でよく分かりました…。
すでにフィリピン人講師が恋しいです(笑)

■まとめ

明るくてエネルギッシュなフィリピン人との授業がとても楽しく、1週間は本当にあっという間でした。
これを読んで「もう一度セブ留学行きたいな~」と思っていただけたら嬉しい限りです。
再度留学を検討されている方、日本窓口にてお待ちしております♪

 

桐原書店 留学事業部 熱田 美音
趣味は愛猫のもなかくんと遊ぶことです♡

山崎式 TOEIC リスニングの攻略(Part3 & part4)

今回はTOEICリスニング(Part3とPart4)の攻略についてです。

以前、Part3 & part4 については、本文の音声が流れる前に必ず設問を先に読まなければいけません(先読み)と記載しました。

(例)
32. Where most likely are the speakers?   ←ここ(設問)を先読みする

(A) At the restaurant
(B) At a cooking school
(C) At a coference banquet
(D) At a supermarket

しかし、前の問題に時間がかかり、どうしても時間がなく先読みができない場面が出るかと思います。その時は、3つの設問の1を捨てて、2と3だけでも先読みをしてください。1は、全体を問う問題が多いので、先読みしなくても解けるケースがございます。

全体を問う設問に対しては、Par3 & Part4 に良く出る会話の場面や場所を事前に把握しておくことで、英文が流れ出した後の会話文の様子がある程度予測できるようなります。

Part3 では、空港 (airport)、ホテル (hotel)、郵便局 (post office)、会社 (office)、お店 (shop, department)、その他(銀行、レストラン、家の中など)などが会話の場所となることが多いです。

Part4 では、電話メッセージ(留守番電話)、音声ガイダンス、パーティー、ツアーガイド、空港、スピーチ(スピーカーの紹介)等が会話の場面となることが多いかと思います。

そして、Part3 & Part4のリスニング音声を聞く際に重要なことがあります。それは、「この会話は、誰が何について話しているのか」を意識して最初の5秒間に集中することです。そうすれば、会話の場所や会話のトピックがわかり、全体を問う設問に答える時に非常に役に立ちます。

続きまして、詳細を尋ねる設問ですが、Part3 では設問によく ask が出てまいります。

(例)
52. What does Mr.Park ask Ms.Read to do?
(A) Review a recommendation
(B) Visit an office
(C) Read a proposal
(D) Approve a project

そうした場合は、本文中の依頼文を作るセンテンスに注意してください。
Would you, could you, I’d like you to~ などの後に、解答に直結する文が来ることが多くございます。

次にPart4 の詳細の設問についてですが、ツアーガイドでは訪問する順序をよく問われるので、訪問の順序に気をつければいいでしょう。

(例)Where will listeners go after Mozart house?

また、スピーチ(スピーカーの紹介)が本文に流れる設問には、人物紹介におけるその人物の業績を尋ねる設問が良く見受けられますので、どの分野で何を成し遂げたのかを注意して聞いてください。

(例)What has Joan McLane recently done?

このように、Part3 & part4 は設問の先読み(最低でも2つ目と3つ目の設問)と会話の場所・場面の把握、そしてよく出題される設問の解き方を覚えれば 正答数は増えるかと思います。

 

【プロフィール】山崎 弘宣

大学を卒業した後、旅行会社で13年働き、NYとセブで英語を学んだ後、セブの病院で3年間働いておりました。1度日本に戻ったのですが、セブが忘れられなくて、このたびセブに戻ってまいりました。
趣味は、ボクシングです。宜しくお願い致します

Halo Halo(ハロハロ)にハマってます

こんにちは。プレミアム校アンディです。

今回もまたまたローカル生活をご紹介させていただきたいと思います。

私が住んでいる場所はセブ市のラバンゴンというところで、ここはシュウマイ(現地語でシオマイ)のメッカとして有名な場所です。

しかし、隠れた名産があります。

それはハロハロ!

ハロハロとは現地語でごちゃまぜという意味ですが、日本だと具沢山かき氷みたいな感じのものです。

スタンダードとしてアイスクリームとコーンフレークとゼリーと紅芋のアイスがトッピングされています。

私が通っている店はSol’Sという小さな店で、いろいろ食べ比べた結果、ここの味にハマってしまいました。

SOLさんという方がやっているのでしょうか?

ご覧の通り人気店で人が溢れています。

厳しい眼差しでスタッフへ指示するこの方がオーナーのようです。

メニューは極めてシンプルでHaloHaloスペシャルかレギュラーの二本立て。

私はレギュラーの55ペソをいつも注文することにしています。

なぜならスペシャルにすると、上に紫色の紅芋アイスが乗ってくるからです。

私はあれがちょっと苦手なんです。。。

このシンプルなレギュラーハロハロはベースにジェラードアイスがあり、その上にココナツの果肉、マンゴの果肉、それからグリーンとピンクのゼリー、コーンフレークがセットになっています。

私はこれを仕事終わりに食べるが小さな幸せです。

ところでセブではChowkingという中華のファーストフードでハロハロが人気ですので、このブログを読んで食べたくなった方はChowkingでハロハロを試してみてください。

プレミアム校 アンディ山根

【ウンチク】セブで一番くわしい食べる魚図鑑

 セブで一番くわしい食べる魚図鑑

留学生活では基本的に自炊をしないので、スーパーの食材を買うという機会はありませんが、現地に住むとなると、外食オンリーというわけにはいかず、スーパーの魚売り場に定期的に出かけることになります。

気になるセブのスーパーでどんな魚が売られているのでしょうか?

今回はその気になるスーパーの魚の解説をさせていただきます。

セブのスーパーでは色とりどりの魚が陳列されています。

ここ数年、魚の陳列技術が向上し?並べ方のデザイン性みたいなものが上がってきた気がします。

エキジビジョンみたいに大きな包丁を振りかざして大きな音をたてて捌いているシーンもよく見られ、日本のスーパーよりもダイナミックさが特徴です。

値段は1Kgでいくらかという表示ですが、もちろん少量でも買えます。

価格は200/Kgペソから500/Kgペソと幅が広く、肉より魚介類のほうが基本的に値段が高いです。

DANGGIT

この下の魚はDANGGIT(ダンギット)という魚で、小さいのはよくドライフィッシュにして売られています。塩辛く焼いて大量のライスを食べるのがフィリピン流です。

TAMARONG

下の写真のTAMARONG(タマロン)は日本だとアジです。

これは日本人にとって最も安心して食べることができる魚かもしれません。

240/Kgペソは市場最安値付近です。食卓へ登場する頻度が高いです。

BANGUS

発音はバゴスです。ゴは(ンゴ)みたいに鼻にかかります。

ナショナルフィッシュという位置づけのフィリピンのシンボル魚です。

フナと鯉とブラックバスを足して割ったようなルックスです。

淡水魚ですが、ミルクフィッシュと呼ばれ非常にまろやかな味と安さで人気の魚です。

BILONG

通称ビロンビロン。冗談みたいな名前ですが、ちゃんと魚売り場にもプレートでBILONG(ビロン)と書いてあります。

フィリピンは人の名前もそうですが、何でも二度同じ音を繰り返し発音する傾向にあります。

値段は340/Kgと中間層な位置づけです。

まるで車にでも轢かれたような形をしていますが、特にカスタマイズはされておらず、オリジナルの形のまま売られています。

体の厚みが殆どなく、かなり肉薄です。

味は青魚のサバをかなり淡泊にしたような感じです。

MOL MOL

モルモルという魚は青い蛍光色が特徴的でいかにも熱帯魚らしい魚です。

よく行商のおばさんが売り歩いています。

AWMAN

これは塩焼きにして食べるのが一般的です。色がカラフルですが、日本にもこんな顔した魚いますよね。

LAPU LAPU

フィリピン魚の王様「ラプラプ」は高級魚の代名詞です。

マクタン島のラプラプ市はこの魚の名前が付いたのでしょうか、それとも地名が魚になったのでしょうか?

個人的に現在調査中です。

煮ても焼いても臭みがなく最高に美味しいです。

しかし、420/Kgペソという強気の値段です。

500ペソを超える超高級魚

さて、最後は番外編の登場です。

大型魚のTANGIGUEはラプラプに勝るとも劣らないほど美味しい魚です。

発音はタンギギみたいに最初にギは鼻にかかるンギ的な発音をします。

私はこの魚が一番好きです。日本だとサワラでしょうか?

PASAYAN

パサヤンはエビです。

580/Kgと大変高級で、食べ放題に行った時はまるで親の仇のようにエビばかり食べます。

400ペソ/Kgが一般魚と高級魚とのボーダーラインです。

そんなバッググラウンドを知って食べると更に味わい深いものとなるでしょう。

そして、フィリピンで売られている魚に詳しい留学生は今のところあまり居ませんのでここはチャンスです!

この情報がお役に立てたら幸いです。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

 

 

【ウンチク】フィリピンで庶民に最も愛されている魚の話

フィリピンで庶民に最も愛されている魚の話

突然ですが、日本の国を象徴する動物(国獣)って何だか知っていますか?

それは錦鯉と雉です。

フィリピンにも国を代表するシンボル魚がいます。

今回はフィリピンへ渡前のウンチク情報としてその魚の話をさせていただきたいと思います。

今回はその最も庶民に愛されている魚の話をさせて頂きます。

BANGuS(バゴス)

別名MilkFish(ミルクフィッシュ)

発音の注意点として、ゴの音が(ンゴ)みたいに鼻にかからないとフィリピン人から突っ込みが入ります。

値段が安く骨が少ない淡水の骨格魚です。

800年前にフィリピンで養殖が始まったと言われています。

それから台湾やインドネシア、太平洋方面へと広がって行ったそうです。

フィリピンのホテルの朝食に出てくる魚の正体は大概このBangusです。

こんな顔をみたらピンと来てください。

私がひそかに愛するMang Inasalというフィリピンの大チェーン店にも人気メニューとして君臨しています。

典型的なフィリピン料理であるシーシッグは基本的に豚を使いますが、このBangusシーシッグもポピュラーです。

 

セブ市から1時間ほどPapa KIT’s(パパキッツ)というレジャー施設にある釣り堀の写真です。

こんな感じで釣り堀の魚としても大人気です。

ここは釣った魚をその場で焼いて食べることができますが、3匹以上食べると気持ち悪くなるのでご注意を!

このバゴスは最もフィリピンでポピュラーな存在で、この魚について少しウンチクが語れると話が弾むこと請け合い!

ぜひフィリピン渡航前には英語のセンテンスに入れて練習してみてください。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです