【誰でも出来る】英語嫌いな人でも英語学習を習慣化できる3つのポイント

ブログランキングに参加しております。ぜひ応援クリックよろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

英語学習は習慣化できる

英語が得意という人は2種類に分かれて、元々海外の文化や洋楽を含め英語自体に興味があり、勝手に趣味化してしまった人と、血と汗と涙の結晶として手にした人に分かれます。

私はどちらかというと途中まで完全に後者だったので、英語が好きで得意な人は放っておいても趣味と実益を兼ねて英語の勉強ができるので羨ましく思っていました。

今回は英語の勉強が嫌いで続かない人への朗報です。

誰でも英語学習を習慣化できる方法ということで、桐原グローバルアカデミーのTOEIC(R)L&R速習プログラムの総合プロデューサーである早川幸治先生がゲスト出演しているユーチューブチャンネルをご紹介させて頂きます。

動画の中で話している英語学習を習慣化させるポイントが非常に実践的です。

1 他人を絡める(誰かにやった内容を報告する)

他人が絡むと心理的に止め辛くなります。

だから誰かに毎回やった内容を報告するという方法を取り入れます。

特定の人が居なければツイッターやブログで世間に報告でも良いそうです。

よくツイッターではその日の筋トレメニューを報告している人が居ますが同じメソッドなんですね。

2 スケジュールの中に組み込む

朝起きて仕事に行く前の間にルーチンとして入れるとやる、やらないの選択肢が無くなるので習慣化されます。

2 まず3日分だけの計画を立てる

最初の計画ですが、3日分だけ計画を立てます。

しかも実際やってみて嫌だったら即軌道修正が出来るという自分に優しい柔軟なやり方です。

たとえば朝食の時に英単語100語覚えると決めて取り組んでも実際やってみると思ったより辛いので50に変更するという感じですね。

そして、まずは3日間やってみるという根拠なのですが、人間の体のサイクルと関係があるそうです。

体内に入った空気も水もたばこのニコチンも72時間(3日)体内に滞留して出て行くというメカニズムになっているようです。

だから3日坊主という言葉があるように3日なら続けられるという構造になっているいます。

そして3日を7回続けたら21日(3週間)で習慣化に成功するという流れです。

ちなみに、3という数字にはパワーがあり、『すべての仕事を3分で終わらせる――外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』(岡田 兵吾著、ダイヤモンド社)という本を読みましたが、少し面倒な作業でも3分で終わるんだったら気軽に取り組めるなと思いました。

習慣化がどうしても苦手な人は3日で行う計画を3分で行える何かという内容で作っても良いかもしれません。

3 誘惑されやすい物を最初から遠ざける

これは決断が必要ですが、とても大切だと思います。

便利になった世の中なので、スマホを起動するとSNSやウエブニュース等、興味惹かれるものも多々ありますが、ついついそっちの世界に引きずられて本来やるタスクがおろそかになりやすいのでここは要注意ですね。

テレビだとリモコンの電池を外すとかコンセントを抜いておくとかトラップを仕掛けておくと良いそうです。

まとめ

英語学習者の中で英語が好きだとか趣味と言える人が一体どれだけいるか分かりませんが、私の感覚では過半数もいないと思います。

つまり、高校、大学受験や就職、昇進のために決意して努力している人が多いのが現状でしょう。

もし、英語が好きになった、または上達が楽しいという人はとても大きなアドバンテージを得ているラッキーな人だと思います。

しかし、私の場合40歳まで英語には全然興味がなく、憧れも全くありませんでしたが、ある時外国人に発音を褒められてから妙な自信と興味が湧き、今では暇さえあれば英語系ユーチューブチャンネルから役に立ちそうなネタを集めて自分の英語力向上に流用するようになりました。

以前では考えられない変化です。

ぜひ「英語学習の習慣化」→「英語に妙な自信が出来る」→「英語上達が生涯の趣味」という流れを目指してみてはいかがでしょうか?

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

【サマライジング】効果的に英文読解力を高める方法|読んだ後自分の言葉でポイントを要約する

ブログランキングに参加しております。ぜひ応援クリックよろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

英文読解が得意な人にインタビュー

こんにちは。

マーケティング担当の豊島です。

前回は「【海外での情報収集】圧倒的に文字情報!!|英文を速く読むコツとは?」という記事を書きましたが、今回も引き続き英文読解力を身につけるためのポイントについて考察したいと思います。

私は自己分析すると完全にアウトプットが得意でインプットが苦手なタイプです。

3年間セブの大学で教壇に立ってフィリピン人大学生に日本語を教えていた時も皆を笑わせながら90分の授業をストレスなくこなしていました。

しかし、実は昔からインプットが大の苦手で日本語で書かれた本でさえ読むのがあまり得意ではありませんでしたので大学受験の時に苦労した覚えがあります。

一方、私の妻は明らかにアウトプットよりもインプットが得意なタイプです。

小難しい英文で書かれた契約書や取扱説明書等があるとつい甘えて読んで貰い後から要点を解説して貰うこともあります。

本当は自分で苦労しながら読んだ方がトレーニングになるのは分かっているのですが・・・

こんな感じでインプットとアウトプット、どちらが得意なのかは個人の特性によって大きく分かれるものだと思います。

今回は妻がこれまでどんな英文読解のトレーニングをして来たのか、そしてどんな読み方をしているのかインタビューしてみました。

実は10年一緒に暮らしていてこんな質問をしたのは初めてなんです。。。

脳内音読はしているか?

これは想定していた通り「No」という答えが返ってきました。

CNN等のアンカーの話すスピードですら180WPS(words per second:1分間で読めるワード数)付近ということなので、頭の中で音読してもそれより遅くなってしまいます。

ちなみにこんなデータがあります。

【ネイティブスピーカーの話すスピード】
一般会話             160~200wpm
朗読スピーチ              150~160wpm
オーディオブック  150~160wpm
CNN等のニュース     180~190wpm
スポーツ解説者    250~400wpm

ワードキャッチの範囲

日本語で書かれた本の速読術として視野を広げて沢山のワードを一気にキャッチするという方法が良く紹介されていますが、私の妻の場合では基本的に並んでいるワード事に並んでいる順にキャッチしているそうです。

ただし「a couple of」のような英熟語はまとめてキャッチします。

そして、もう一つ大事なポイントは、文字数の多いワードでも一括でキャッチするという事です。

例えば「spokesperson」という単語があれば最初の「s」と最後の「n」まで同時に認識します。

このワード一括キャッチは脳内音読を消すための要件にもなっている気がします。

日本語の本だと漢字を一つの塊として一瞬でキャッチするような感覚ですね。

このワードを一括でキャッチするというやり方は単語帳を覚える際にも意識しながら取り組むことが出来ます。

サマライジング

さて、メインの話になりますが、「最も英文読解が向上したトレーニング方法は何だったのか」という質問をしました。

高校の英語の授業時間に毎回新聞や本のコピーが配布され、自分の言葉に置き換えて要約することを繰り返したのが最も効果的だったそうです。

正に私が時々お願いしてる契約書や説明書の読解とポイントの説明こそがそれに当たりますね。

つまり、ただ機械的に目の前にある文章を読むのではなく、自分の言葉に置き換えて要約する作業が待っているという状況で目的意識を持って読むことでポイントを抑えながら読むという習慣が身に着いたのではないでしょうか?

この自分の言葉で要約する作業は正に英会話の練習にも非常に有効で、同じことを複数の言い方で表現する選択肢を増やす練習に通じると思います。

関連記事:意外と言えない英語表現|Thank you 以外のバリエーション

分からない単語は英英辞典

文章の中で知らない単語が出現するたびに徹底的に辞書で調べていたそうですが、使っていた辞書は分厚い英英辞典で、英語で英語の説明がなされます。

彼女が使っていた英英辞書には語源も記載されていて、たとえば「critical」という単語を例にとると、危篤、危機、批判、臨海という意味があり、一見共通点が無い感じですが、危篤は生死の境、危機も平常時との境、批判も正誤の境、臨海も状態の境という納得しやすい理由が書いてあったそうです。

もし英英辞典をこれから選択するなら語源付きの物がお勧めです。

この英語で英語の意味を知るという作業も英文読解の為のトレーニングになるそうです。

関連記事:【意外な盲点】日本人は英語の知識はあるのに英語が話せない分かり易い理由

ポイントまとめ

・ワードは長くても漢字を読む時のように一つの塊として一括でキャッチすべし

・自分の言葉で要約する目的を持って読解に取り組むべし

・英英辞典は語源付きのものをチョイス

この情報がお役に立てたら幸いです。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

【海外での情報収集】セブの情報の集め方(フェイスブック&ツイッター)

ブログランキングに参加しております。ぜひ応援クリックよろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

情報収集について

今回はコロナウイルス感染関連情報をどうやって日々アップデートするかという具体的な話です。

セブローカル新聞の情報は重大トピックの総まとめであり、分刻みでの最新情報はSNS等の各所に随時拡散され、アイコンをクリックした途端多くの最新情報が目に飛び込んできます。

私の場合、フェイスブックとツイッターが主なニュースソースですが、これらのSNSツールはどれだけの人と繋がり、フォローしているか次第なので、お友達ゼロという人は情報がほぼ入ってきません。

そこで今回はゼロからセブの情報収集ができるサイトをご紹介します。

Sugbo News(ソッボ ニュース)

これはフェイスブックの中にあるアカウントですが、セブ州のロゴがある通り、セブ州が運営し公的な情報が集まったサイトです。

在フィリピン日本大使館からのメールの中にも必ずここからの引用があります。

サイトはこちらからご覧いただけます。

DOH Central Visayas Center for Health Development

これもフェイスブックアカウントで、フィリピン保健省中央ビサヤ地区が運営するものです。

特にコロナウイルス関連のデーターはこちらにアップされることが多いです。

サイトはこちらからご覧いただけます。

SunStar Cebu

フィリピン最大の新聞社が運営するニュースソースです。

一般的な記事も含め多岐に渡ります。

フェイスブックアカウントはこちら。

サイトはこちらからご覧いただけます。

私の場合、ツイッターをよく利用するので、ツイッターアカウントをフォローしています。

フォローするとその瞬間からアップデートされた情報が随時スマホのスクリーンに流れてきます。

https://platform.twitter.com/widgets.js

在フィリピン日本大使館からの情報

これはメールで送信されてくるものですが、外務省管轄の「たびレジ」に登録するとその国または地域の情報が送られてきます。

今の状況では1週間に多い時で3回位情報が送られてきます。

「たびレジ」のサイトはこちらからご覧いただけます。

The Freeman

こちらはセブローカルの新聞社が運営しているサイトです。

新聞はホテルのロビーやジョリビー等に置いてあるのでよく目にします。

サイトはこちらからご覧いただけます。

Cebu Daily News(CDN DIGITAL)

こちらもセブローカル新聞社が運営しているサイトです。

ニュースソースとして多岐に渡り、引用元サイトとして人気があります。

私も普段からこちらのサイトにはお世話になっております。

サイトはこちらからご覧いただけます。

まとめ

こちらの記事はすべて英語で書かれており、英文読解の練習ツールとして利用してみてはいかがでしょうか?

特に私がよく利用するツイッターの場合、素朴な疑問トピックなど挙げると詳しい人が解答したり意見をリツイートしてくれますので、コミュニケーションツールとしても楽しく活用できます。

こちらの情報が参考になれば幸いです。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

 

【海外での情報収集】圧倒的に文字情報!!|英文を速く読むコツとは?

ブログランキングに参加しております。ぜひ応援クリックよろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

英文を速く読むと脳内で音声化されない

私の住むフィリピンは言語的に特殊な国で公用語が英語とフィリピン語(タガログ語)になっています。

セブの場合は更にビサヤ語という「Dialect(方言)」が話され、上の2つと合わせ3つの言語を使い分けながら生活しています。

たとえば、朝のテレビのニュースでは全国版のニュースが首都のマニラのテレビ局で放映され、それから各地方版へ切り替わります。

全国版ではタガログ語が話され、セブの地元局に切り替わった途端ビサヤ語になります。

セブなのに英語じゃないの?!

という感じなのですが、なぜかテレビのニュースはどこへ行っても基本的に現地語によって話されています。

だからせっかく英語のリスニング力を鍛えてもフィリピンでは朝のニュースの理解には役に立ちません。

しかし、新聞やウエブサイトによる文字情報では途端に英語の世界になります。

なんとも奇妙なコンビネーションですね。

さて、本題です!

東京オリンピックが延期され、地球上の人類を震撼させている新型コロナウイルス感染症ですが、フィリピンでは国や地方自治体による行政命令が一旦下されても数日後に二転三転することが頻繁に起きています。

私の場合、情報のアップデートをキャッチする手順として、まず朝のニュースを観て、それから新聞、ウエブサイト、ツイッター、フェイスブックに目を通すことが日課になっています。

特にフィリピンの政治家からの行政命令はアメリカのようにツイッターやフェイスブックを使って公表されることが多くあります。

文字情報は朝のテレビニュースと異なり基本的に英語となります。

唯一日本語による情報といえば在フィリピン日本大使館からのE-mailのみです。

行政命令に関しては一歩間違うと外国人と言えども違反すれば厳しく処罰される可能性もあるので最新の情報収集にはかなりアンテナを張り巡らせています。

普段はどちらかと言えば日本人の苦手な英会話コミュニケーション術について考察することが多いのですが、今回は情報収集のために英字新聞等を素早く読み理解する速読の大切さを痛感しております。

つまり「サバイバル術=英文速読」ということです。

ここで質問です

英文を読む際に脳内で英文を音声化していますか、それともしませんか?

私は英字新聞を読み慣れる前は殆ど全ての英文のアルファベットを一語ずつ頭の中で音声化していました。

だから読むのがめちゃくちゃ遅く、さらに理解もかなり薄い状態でした。

それは脳内音読するのに忙しくセンテンスが持つ情報の理解に追いついていなかったのだと思います。

私の場合、非常に面白い現象がありました。

実は英文を速く読めるようになったら、日本語で書かれた小説を読むスピードも速くなりました。

以前知人から借りたセブ島を舞台にした小説「虹の谷の五月」を読みましたが、昔ならきっと上下巻読むのに1週間位かかっていたと思いますが今回はたった2日間位で完読できました。

また英文速読の話に戻りますが、私の個人的な感覚的では200WPS(1分に180単語読むスピード)を超えるスピードで英文を読むと脳内音読が追い付かなくなります。

だから英文を速く読むためには、脳内音読をしないためにはどのような練習をすればよいのだろうかということがテーマになると思います。

脳内音読をしなくなるためのメソッドはいくつかあるようですが、最もポピュラーなやり方として指でなぞりながら読むという練習方法があります。

試しに英文を用意し、目だけで文章を追わずに人差し指で英文をスピーディーになぞりながら読んでみてください。

おそらく脳内音声化が止まると思います。

脳内音声化をしないから読むのが速いのではなく、速いから脳内音読する暇がないという捉え方の方がシンプルです。

この「脳内音読をしない」というテーマについては私自身の経験も加味し本ブログで追及してみたいと思います。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

 

この単語知っていますか?海外で身を守るための英単語

ブログランキングに参加しております。ぜひ応援クリックよろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

新聞やニュースで出てくる英単語

英語圏の海外では基本的に英語で情報が提供されます。

今年に入り、COVID-19関連で盛んに危機管理のための情報が新聞やニュース、またショッピングモールの掲示板にて発信されております。

桐原グローバルアカデミーインスタグラムより

普段見慣れた一般的な英単語から非常時にしか使われない特殊な英単語まで様々なものがありますが、今回は非常時の理解に役に立つ英単語をチョイスしてみました。

隔離関連の英単語

LOCKDOWN(封鎖、立ち入り禁止)

今月に入り、新型コロナウイルス感染対策として最も頻繁に見聞きする英単語として頻繁に出て来たものに「LOCKDOWN」があります。

日本語にすると「封鎖、立ち入り禁止」の意味です。

「Manila is under lockdown.」マニラは封鎖された。

アメリカの学校ではこの「 lockdown drill」という訓練が行われるようです。

銃を持った人が学校を襲うなど日本ではありえないことですが、銃社会の国では教室の中で鍵をかけて、静かにする訓練を行うようです。

アメリカのドラマ等で「We are under a lockdown.」という警報が館内に流れるシーンが時々出てきます。

【単語コンビネーション例】

  • lockdown alert
  • lockdown area
  • lockdown drill
  • have a lockdown

quarantine(隔離、検疫する)

新聞やニュース報道で盛んにこの単語が出てきます。

これはイタリア語の40時間というのが語源となっております。

飛行機の無い時代に船内で疫病の疑いのある人が出た場合、いかなる船舶も着港することが許されず沖合で40日間の待機が命じられました

外出禁止を含む地域隔離は「Community Quarantine」と表現されます。

Isolation(孤立、隔離する)

これは隔離施設やシステムでよく出てきますが「Quarantine」との違いは何でしょうか?

「What is the difference between isolation and quarantine?」

「Isolation」は既に伝染病にかかっている人を隔離して健康な人への被害を食い止めることですが、「Quarantine」は疑わしい人の隔離です。

ビジネス英語では売り場の商品を目立たせるために意図的に別セクションに置いたりする手法の事として使われます。

Segregate(分離、隔離する)

映画とか見ていて隔離系の英語としてこの単語と頻繁に遭遇する気がします。

分けるだけなら「separate」が一般的ですが、その違いはどのあたりにあるのでしょうか?

特にある集団から分離して(人種差別を含む)孤立させるようなニュアンスで使われます。

その他の同義語

apartheid 人種隔離政策
discrimination 区別、差別(待遇)
partition 分割、仕切り、パーテーション
dissociation 分離
disunion 分裂、内輪もめ
division 分割、分配
seclusion 隔離、隔絶、隠居、引退
exclusion 除外、排除

まとめ

言葉を始め、常識や習慣、文化の違う国で突然非常事態が勃発した際に、現地のニュースや新聞から情報を得て適切に行動する必要があります。

たとえば外出禁止令が出ている時間に外出すると逮捕されたりすることもあります。

今回は今月に入って盛んに見かけるようになった隔離措置系の単語のご紹介をしてみました。

ツイッターやユーチューブで上記のキーワードから海外ニュースをぜひご覧になることをおすすめします。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

 

意外と言えない英語表現|Thank you 以外のバリエーション

ブログランキングに参加しております。ぜひ応援クリックよろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

バリエーションで他人と差別化を図ろう

今回は意外と言えない「Than you. 」以外の感謝表現について考えてみたいと思います。

誰かにミーティングを申し込んで時間を作って貰ったり、分からないことを教えて貰ったり、助けて貰った時には必ずお礼を言うのが普通ですが、その際に「Thank you very much」や「Thank you so much」、「Thank you for your time」以外の感謝表現がぱっと出る日本人は少ないと思います。

ここはチャンスです!!

シンプルな表現をカッコ良く言うのが私の英語ポリシーであるので、ここは強くこだわってみたいと思います。

先日ジェニーさんが感謝表現に関する動画を作ってくれましたのでインスタグラムにアップしました。

ビジネスシーンでも使える感謝表現

You’ve been very helpful. 本当に助かりました。

It’s a pleasure to meet you. お会いできて光栄です。

I appreciate your kindness. あなたの親切に感謝いたします。

I am grateful for your support. あなたのサポートに感謝いたします。

Thank you for your prompt reply. 素早い返信をありがとうございます。

Thank you for your attention. (会議やプレゼンの後に)ありがとうございました。

Thank you for your time. 時間をいただきありがとうございます。

Thank you for your cooperation. ご協力ありがとうございました。

Thank you for permitting it. 許可をいただきありがとうございます。

Thank you for your concern. お気遣いに感謝します。

I really appreciate it.本当に感謝しています。

I appreciate your kind response.ご返信ありがとうございます。

コンビネーション

感謝の表現は一つではなく「Than you 系」の表現、「I appreciate系」の表現、「I am 系」の表現をTOPごとに分けてトリプルで組み合わせて練習しておくと良いですね。

たとえばこんな感じ。

Thank you for your time. I really appreciate your help.I am very grateful.

スタンダード表現の後ろにちょっとしたオマケをつけるパターンが個人的におすすめです。

私の住むフィリピンでは「Thank you so much.」が100%といっても過言でないほどスタンダード化していますが、私は意識して別の言い方をチョイスしています。

たとえば、「Thank you very much indeed.」 本当にありがとうございました。

この表現は相手にポジティブな衝撃を与えます。

最後の「indeed」は日本語で表現すると「マジで」といった度合の強さを表わすイギリス英語です。

フィリピンではアメリカ英語がベースとなっているのでイギリス英語が逆にセクシーだと言われています。

他人との差別化を少しだけ図りながらバリエーションを増やすと英語がもっともっと楽しくなりますよ。

この情報がお役に立てたら幸いです。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

 

日本語ペラペラのアメリカ人から得る英語学習のヒント

ブログランキングに参加しております。ぜひ応援クリックよろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

日本語が達者な外国人からのヒント

私が自分の人生の中で初めて外国語を話せるようになりたいと持ったのは36歳の頃でした。

しかし、言語の対象は英語ではなくフィリピンの公用語であるタガログ語でした。

詳細は長くなってしまうので大胆に割愛させて頂きますが、とあるきっかけで日本に住むフィリピン人と付き合うようになり、いつの間にか地域のフィリピン人コミュニティにどっぷりと浸かっていました。

ご存知の通り、七千以上ある島からなるフィリピンでは島ごとに現地語が全く異なり、そのため英語とタガログ語が国の共通語となっています。

私日本で生活していた当時のフィリピン人の共通言語は英語ではなくタガログ語でした。

フィリピン人コミュニティの中で私だけが日本人ということが多く、グループ内で話されているタガログ語の会話に参加したくても理解できません。

同じ輪の中で会話が出来るようになりたいと思うようになりました。

実はフィリピン人同士ではタガログ語が共通語となっていましたが、皆さん日本語がある程度話せる人ばかりでした。

言葉の通じない日本へやって来て一体どうやって日本語を理解し話せるようになったのか、そのプロセスが非常に気になり、日本語の上手いフィリピン人がいるとそのヒストリーを詳しく聞きヒントを探っていました。

私がかつてそうであったように、英会話の上達を志している日本人にとっても、日本語の上手い外国人が一体どうやって日本語が堪能になったのかという体験を自分の英語上達へ生かしたいと思う方も多いと思います。

先日、言語の習得に関してとても共感できる動画を発見しました。

英語系「Youtuber」として馴染みの「Atsu」さんとタイムボムというお笑いコンビのボケ担当ニックさんのコラボ動画です。

アメリカ人のニックは日本語がペラペラなのですが、一体どうやってそこまでの日本語を習得出来たのでしょうか。

ニックさんは現在上智大学の大学院に行っており、日本語で書かれた小説を1週間に1冊読んでいるそうです。

【ヒストリー】
  • 2008年に日本へ来て2年間日本語学校へ通った
  • 日本人が普段使わない日本語ばかり勉強していた
  • お笑い養成所へ2年間通った
  • 台本を丸覚えして話すのが一番日本語が上達することになった
    (最初は3分のネタを覚えるのに1ヵ月かかった)
【英語学習者へのアドバイス】

英語学習のおすすめは映画のセリフをスクリプトを見ながらシャドウイングして丸暗記することでアメリカ人の話し方とかニュアンスが分かる。

So you have to find somebody else to give you feedback.(誰かに自分の英語を客観的に見てもらいフィードバックを貰う)

英語力はスピーキングが最も重要。

You almost adopt it to the personality too.(その言語が人格にも入り込むと思う)

They say that bilingual is two different personalities.(バイリンガルは二つの人格があるって言われているよ)

and use the English that you learned, you know?(学んだ英語を外に出て使った方がいいよ)

You should jst make lots of mistakes.
沢山間違えた方がいい(修正する前提で)

You shold do this is record what you say.(自分がしゃべるのを録音するべし)

まとめ

この動画をご紹介しようと思ったのはニックさんが自分の日本語の歴史を振り返って役に立った事が私の経験がかなり重なっており嬉しかったことです。

彼はお笑い養成所に2年間通ってそこでセリフを丸暗記したことが最も有効だったと語っていますが、私は英会話の養成において最も有効な練習はダイアログの反復だと思っております。

関連記事:英語と空手の共通点|英会話は勉強するものではなく練習するもの

また、「その言語が人格にも入り込むと思う」という部分も大納得です。

関連記事:【留学前準備】英語を人前で話すのが恥ずかしくなくなるたった1つの方法

私はビサヤ語と英語と日本語の標準語と長崎弁と北九州弁と名古屋弁が話せますが、ゴチャゴチャにならないのは全て思考(キャラクター)のスイッチングが出来ているからだと思います。

例えばビサヤ語を話す時の自分はオープンマインドな自分になりますので、気軽に楽しく遊ぶには最適ですが駆け引きが必要な商談とかには不向きです。

外国人で日本語が達者な人がやったトレーニング方法はきっと英語学習のヒントになると思います。

しかも日本語で話が聞けるというアドバンテージもあります。

お近くの外国人を探してアプローチしてみてはいかがでしょうか?

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです