恐怖のアイコンタクト

 

皆さん こんにちは

プレミアム校のAmbiです。

今回は、「恐怖のアイコンタクト」についてお話しましょう。

さて、突然ですが質問です。

ジャジャン!!

 

Q.お誕生日、結婚式等のお祝いの席で必ず出てくる甘いものはなぁに?

タイトルと全くかけ離れていますが、皆さんが想像されるのはきっと“ケーキ”だと思います。

正解です!!おめでとうございます!!

今回は、ケーキについての話題です。

こちらでも、誕生日や結婚式にケーキが出ます! しかも、こちらのケーキはとても大きくて、、、甘くて(日本人には甘“過ぎる”と思います。)

やたら豪華で、、、。。。。 一瞬、雛飾りか?

 

怖いんです。(完全に瞳孔開いているし)

 

お祝いされているはずなのに何が悲しくてこんなにも怖い瞳でみつめられる必要があるのかさっぱりわかりません。

ただ、これからくるやもしれない不吉な出来事から守ってくれそうな予感はします。

そこに悪気はないのは知ってます!サラマット

魔除け的な?(願わくば、不吉なことはこのケーキにみつめられること以外起こらないで欲しい。)

フィリピン人は、豪華で派手なものを好みます。日本人は質を重視される方が多い気がします。食べ物なら尚更です。

フィリピン人への贈り物は機能性や質よりも、派手で豪華で用途がわかりやすいものが良いでしょう。
味に関しては、複数の味が混ざっているものは、理解ができないことが多いです。

例えば、複数の味が混ざったオサレなお菓子を味わって欲しくて、あげてみても、、、

恐る恐る、一口かじり、、、じっくりそれを舐めるように確認して

「!? みぃす わっつ いず だぁっと?」(!?なにこれ)
「あい てぃんく いっつ すぽぉいる おーるれでぃ」(腐ってると思うんだけど、、、)

と、、、なります。

抹茶が好きなフィリピン人も多くいるのに、ひとたび何かに練りこまれたりサンドされたりしてしまうと識別ができないようです。

すごいしかめっ面されます。(疑いの眼差し)

フィリピンのケーキは生クリームではなく、バタークリームです。

また、スポンジの間に果物は入ってませんし、飾りにも果物がのっていることは、ほとんどありません。

暑い国ならではかもしれませんが、日本人からすると、白い軽い口当たりの生クリームが恋しくなります。

もちろん、日本クオリティの味も食べられるところもありますよ。

本日は、ここまで!

怖い画像は待ち受けにされると、魔除けになるかもしれません。
遠慮せずに、どうぞお使い下さい!

それでは、また!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中