【旅の準備】クレジットカードを持っている人が確認すべき3項目

留学や海外旅行に行く前は非常にワクワクしますね。

自分が病気やケガ、または盗難等に会うかもしれない等というネガティブな事はあまり考えたくないのが普通だと思います。

しかし、勝手の分からない海外で病気やケガをした時ほど心細いものはありません。

備えあれば憂いなしということで出発前のチェック3項目を整理してみました。

①カードに保険が付いているか?

②自動附帯か条件附帯か

③キャッシュレス受診は可能か

カードに海外で使える保険が付いているかどうか、海外旅行に行く機会がなかった人はあまり気にしないかもしれません。

だからまずそこからチェック。

そして、もし保険があるのが分かれば次はそれが自動附帯か条件附帯かの確認となります。

■ 自動附帯とは、カードを携帯するだけで自動的に保険が使えます。

■ 条件附帯とは、そのカードで渡航用の航空券等を買うという条件が課されます。

そして、最後はキャッシュレス受診が可能かどうかの確認が非常に大切です。

海外で病気になった時に、はじめてカードをもって病院へ行きます。

イメージでは、そのままカードを出せば自動的に病院とカード会社が勝手にコンタクトしてくれて自動的にキャッシュレスサービスが受けられるような感じがしますが、実際はそんな甘くない。。。

患者自身で

カード会社へ海外から国際電話をかけてその病院でキャッシュレス受診が可能かどうか確認しなければなりません。

病気やケガで大変な目に逢っている最中慣れない国際電話を掛けるなんて非常に難儀。

国際電話もかけ慣れていないと国番号を入れたりとパニックになってしまいます。

だから一番いいのは、出発前にカード会社に確認を入れておくのが一番いいです。

FEAの場合、セブドクターズホスピタルが最寄りの病院ですので、そこでキャッシュレスの受診ができるかという確認が取れていれば安心です。

住所と電話番号

Osmeña Blvd, Cebu City, 6000 Cebu,Philippines
+63 32 255 5555

ぜひ出発前のチェックリストにカード会社への確認を追加しておいて頂けたら幸いです。

 

マーケティング担当 豊島

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中