読めない移動時間? by 山川

皆さん、こんにちは!

プレミアム校の山川です。

皆様も留学中に経験されたと思いますが、本日は、フィリピンの移動時間についてお話したいと思います。

飛行機について

皆さんは、どのような経路でセブに来られましたか?

一番良いのは直行便ですね!

約5時間前後でセブに到着します。

ほんの少しだけ考えなければならないのは、西に行くほど時間が短くなると言うことです。

滑走路の移動時間や、混雑も考えると、西日本に行くほど時間短縮が可能と思います。

では、乗り継ぎの場合はどうでしょうか?

直行便が利用出来ない場合、真っ先に頭に浮かぶのがマニラ経由ですね・・・

 

ところが、マニラ → セブ ここに大きな落とし穴があります。

まずは、マニラ経由での悪い点をあげてみると、

 ①長時間(2,3時間以上)の遅延が多い

他国経由(ソウル、香港など)に比べて遅延が頻発しています。

また、2時間以上の遅延も普通に発生します。

 ②すり・置き引き等空港内も安全とは言えない。

 ③空港設備が他国の空港に比べて良くない。

特に生徒の皆様にとって①の飛行機の遅延が最も辛いのでは無いかと思います。

図1フィリピン航空 PR1859 マニラ → セブ便

図2フィリピン航空 PR1867 マニラ → セブ便

図1,2は、マニラ-セブ間の過去1週間の状況です。2便とも2時間以上の遅延が3回も発生しています。

直行便や、その他の国を経由する飛行でも当然遅れはありますが、値段を含め香港、ソウル経由もご検討頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

まだまだ、残暑厳しい時期です、お体に十分お気を付け下さい。

次回は、道路事情についてお話したいと思います。

 

【プロフィール】


日本では25年間ITエンジニア一筋でやってまいりました。海外出張に行く度にどんどん興味が膨らみ、ついにはセブに移住しました。ぜひ皆さんとセブの楽しさを共有できたら嬉しいです。

 

広告

投稿者: Kirihara Global Academy

セブ島留学で最も歴史の古い学校の一つである桐原グローバルアカデミーは学校参考書出版会社としても知られる「桐原書店」直営校です。セブ市内の中心部にあり、放課後にセブの街を楽しむことができます。セブでお待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中