TOEIC500から900超えまでのストーリー by 山崎

僭越ではありますが、今回私のTOEICの経験談を記載させて頂きたく思います。

私は、大学を卒業後 旅行会社で13年間勤務しており、その間30か国以上海外を訪問致しました。

しかし、英語が全く聞き取れず、また話せなくて、大変不自由な思いを致しました。

それで、旅行会社を退職した後、ニューヨークとセブで留学をしたのですが、それによってTOEICのスコアが劇的に伸びたのです。

具体的なスコアでございますが、旅行会社をやめて、留学に行く前には日本の英語学校(日米英語学院)に通っていたのですが、その時のスコアは確か500点ちょっとだったと記憶しております(2008年8月)。

その後、ニューヨークとセブで留学をし、2010年5月にセブでTOEICを受講した時のスコアは、910点でした。

1年以内で、なんと400点もアップしたのでした!特に、留学前は全く聞き取れなかったリスニングがはっきりと聞き取れるようになり、リスニング・パートはほぼ満点まであがりました。

リスニング・パートのパート1・パート2に関しましては、TOEIC本に書いているテクニックによるところも大きかったのですが、この留学によってリスニング力がついたことが、パート3・パート4をかなり楽にしてくれました。

そして、セブ島留学のマンツーマン・レッスンは、スピーキング力を伸ばすだけではなく、知らないうちにリスニング力をも大きく伸ばすことに気が付きました。

今後のメールマガジンに、少しでも皆様のお役に立てればと思い、私の勉強法等も記載させて頂こうかと思います。

それではまた来週!

【プロフィール】山崎 弘宣

大学を卒業した後、旅行会社で13年働き、NYとセブで英語を学んだ後、セブの病院で3年間働いておりました。1度日本に戻ったのですが、セブが忘れられなくて、このたびセブに戻ってまいりました。
趣味は、ボクシングです。宜しくお願い致します。

広告

投稿者: Kirihara Global Academy

セブ島留学で最も歴史の古い学校の一つである桐原グローバルアカデミーは学校参考書出版会社としても知られる「桐原書店」直営校です。セブ市内の中心部にあり、放課後にセブの街を楽しむことができます。セブでお待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中