読めない移動時間~車編 

皆さん、こんにちは!

プレミアム校の山川です。

前回に続いて、今日は、車での移動についてお話したいと思います。

皆様にとって、空港-ホテル間が一番気になるのではないでしょうか?

実は、空港からホテルへは、約12kmしかありません。

道が空いていれば、約30分の道のりです。

ところが、いざ渋滞になると、1時間~2時間と全く読めないのが実情です。

皆様のなかには、空港からホテルまで1時間以上の移動を経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

フィリピンのマニラ、インドネシアのジャカルタ、中国など何処の国も車渋滞は半端でないと思いますが、セブ島は、比較的渋滞は少ないと感じています。

しかし、日本のように高速道路は勿論、信号機も少なく、朝夕の混雑時は全く到着時間が読めなくなります。

沢山のバイクが無節操に前へ前へと割込み、トライシクル(自転車をサイドカーにして人を運びます)、ハバルハバル(バイクをサイドカーにして人を運びます)、ジプニー(フィリピンの代表的な移動手段、乗り合いバス)が我が物顔で走っているためその影響も少なくありません。

信号の無い交差点 バイク、ハバルハバルで車が入って行けません!

yama1

セブでは、大型トラックの前を平気でトライシクルが走っています。車も追い越す機会を伺ってはいますが、

決してクラクションを鳴らしたりしないです。トライシクルや、ハバルハバルの後ろを何台もの車が

ゆっくりついていく姿は、日本では考えられないですね。

トライシクルの後ろを走る車 このトライシクルのおじさんは、横を向いて走っています。 お客が乗っていないとゆっくり、ゆっくり、お客を探しながら走ります。 後ろの車はたまったものじゃないですね~

yama2

肝心の渋滞の時間帯はどうでしょうか?

まず、多くの学生さんが到着する日曜日は、比較的どの時間帯も空いています。

夕方でも1時間前後、日中はそれこそ30分で到着することが多いです。

次に、土曜日ですが、朝、昼、夕方ともに混雑します。空港からホテルまで(もしくはその逆)最低1時間、

場合によっては2時間近くかかる事があります。

平日は、朝7時~10時、夕方6時から9時は、大変混雑いたします。

平日の成田、中部、関西の3空港から来るフィリピン航空の直行便は、この時間に当たるためホテルまで

2時間近くかかることが良くあります。(2017年9月現在の飛行スケジュール)

前回お話した飛行機の遅延と合わせて考えると、日曜日の直行便でセブに入られ、土曜日の早い時間、もしくは、延泊して日曜日の直行便で帰国されるのが一番楽なパターンでは無いかと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

次回は、少し特殊(?)な食べ物を紹介したいと思います。

FEA 山川
【プロフィール プレミアム校 山川】


日本では25年間ITエンジニア一筋でやってまいりました。海外出張に行く度にどんどん興味が膨らみ、ついにはセブに移住しました。ぜひ皆さんとセブの楽しさを共有できたら嬉しいです。

広告

“読めない移動時間~車編 ” への 3 件のフィードバック

  1. こんにちは。火曜日にお伺いしお話したものです。昨日日本に戻りました。当然の訪問とお話をしていただきありがとうございました。今後の参考になりました。セブには次いつ行くかわかりませんが、もしセブにいましたら再度ご挨拶に伺います。では、お体にお気をつけて頑張ってください。ありがとうございました。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中