【極うま】私がセブでハマった珍味シリーズ1 Tuslob Buwa(ツスロブワ)

プレミアム校の山川です。

今日は、セブで私がハマった珍しい食べ物を3部に分けて御紹介したいと思います。

1.Tuslob Buwa(ツスロブワ)

最初は、Tuslob Buwa(ツスロブワ)発音が聞く人で異なるため自信が無いのですが、嫁の発音だと何度聞いても、”オスロブは・・・”と聞こえます。

お店の名前は、azul と言い、看板には「Tuslob Buwa」の文字が書いてあります。

ツスロブワは、豚の脳みそ、レバー、油などを鉄板で炒めてプソと呼ばれる竹の皮で包んで炊いたご飯に付けて食べます。

※プソとはフィリピン語で心臓の意味。形が心臓に似ているのでそう呼ばれています。

上の写真が1セット、100ペソになります。一番奥がプソ、右手のボールがスープ、それと小皿が左から紫玉ねぎ、豚の脳みそ、アミエビ、豚のレバー、豚の油です。

プソ以外を全て鍋に入れてトロッとするまで炒めれば完成です。プソを付けて食べます。

少し焦がした方が美味しいように思いますが、濃厚な味が何とも言えません。

コロンから港の方の郷土料理だと言われています。

コロンあたりには沢山のお店があるようですが、普通に食べれるお店はここぐらいでは無いかと思います。

MJホテルからも近いので機会があれば、是非お試し頂ければと思います。

その2へ

FEA 山川
【プロフィール プレミアム校 山川】


日本では25年間ITエンジニア一筋でやってまいりました。海外出張に行く度にどんどん興味が膨らみ、ついにはセブに移住しました。ぜひ皆さんとセブの楽しさを共有できたら嬉しいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中