【手ごたえ】私が週に1kgずつ痩せている理由 その2

前回、インドアサイクリングに通い始めて1週間に1kgペースで痩せているという記事を書きましたが、実は減量に成功しつつある理由はそれだけではありません。

こちらが前回の記事です

運動だけ痩せるには年齢的な限界もあり、減量の要因をポートフォリオにすると食生活8割、運動2割といった配分が現実的ではないでしょうか。

そもそも私がセブ生活で10kg以上太ったのも完全に食生活の変化によるものでした。

基本的にフィリピンの一般層は大盛のライスにオイリーで塩分の多い少量のオカズをコーラで流し込むというスタイルです。

そこに生野菜サラダとか一切登場しません。。。

日本だとお母さんに怒られてしまうような偏食レベルですね。

しかし私は郷に入れば郷に従うような感じで素直にその道へと入って行き、いつの抜けられなくなっていました。

しかしそんな私の生活に救世主が登場。

Diet In a BOX

 

なんとセブでは希少な生野菜ベースのちょっとした食べ物がパッケージになって配達されてきます。

1日3食セットの場合、月曜日~金曜日までの5日間で2千ペソ。

一食133ペソ(300円)。

いままで生野菜に11年間飢えながら生活していたこともあり、かなり今ハマっています。

とくにインドアサイクリングは吠えるまで漕ぎ果てるので、終わった直後はありがたいことに食欲が湧きません(汗

だからこの野菜サラダベースのミールセットで丁度良い加減となっております。

しかし、日本と違いデリバリーがあまり定着していない国でようやく配達サービスが実用化されている気がします。

これからどんどん健康志向が進み、日本のように無糖のドリンクがコンビニに並ぶ日がくるのかもしれないなと期待しながら生活しております。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

広告

投稿者: Kirihara Global Academy

セブ島留学で最も歴史の古い学校の一つである桐原グローバルアカデミーは学校参考書出版会社としても知られる「桐原書店」直営校です。セブ市内の中心部にあり、放課後にセブの街を楽しむことができます。セブでお待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中