【40年前の日本】平均年齢23歳、フィリピンの購買欲が凄すぎる

フィリピンの給料日は基本的に月に2回もあります。

うう、羨ましいですよね!?

支給日は会社にも依りますが、15日と30日が一般的です。

しかし、そこは単に2分割して支払われているだけなので、2倍貰っているのではありません。

ここフィリピンではお金が入ると人間の動きが活発になることが顕著に分かります。

給料日の15日、30日の直前は街は静まり返り、15日の午後からショッピングモールへ向かう車が列を成します。

そして、まずはお約束のジョリビーで腹を満たします。

フィリピン随一のファーストフードですが、ダントツ売れ筋はC1と呼ばれるチキンとライスのセット。

とくに今は冬のボーナスが支給され、1年で最も財布に厚みのある時期。

セール場はある意味戦場と化します。売り場の気温も急上昇。

そして軽い酸欠。

掘り尽くされたパンツの残骸には哀愁さえ漂います。

つわものどもが夢の跡。。。

渾身の戦利品をそれぞれ掴みレジへ。

レジも長蛇の15分待ち。

平均年齢23歳の国フィリピンは、まさに40年前の日本を再現するような若い活気あるエネルギーに溢れています。

ぜひセブのお土産にはこのフィリピンエネルギーをお持ち帰り頂きたいと願って止みません。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中