山崎式TOEIC リスニングの勉強法(Part1の攻略)

今回からTOEICリスニングについて記載したく思います。

そして、今回はPart1の攻略についてです。

Part1の攻略の前に、リスニングについては聞き流しは全く意味を成さないということを申し上げたく思います。

我々の脳には、無意識に知っている音に置き換える習性があると大学教授から伺ったことがあります。

だから、英単語等を知る前に聞き流していては、英語を知っている日本語の音に修正される恐れもありますよね。

それに、聞き流しが効果的なら洋画を字幕で見ているうちに、自然と英語が理解できるようになるということですが、それで理解できるようになった日本人を私は一人も知りません。

残念ながら、ある程度聞き取れるようになるまでは、しっかりと集中して聞き、どうして聞き取れないのか等 考えながら努力しなければならないかと思います。

しかし、努力した分はきちんと帰ってきますのでご安心下さい。

さて、TOEICリスニングについてですが、Toeic Part1は写真描写問題で6問のみとなっております。

1人の人物の動作の写真や2人以上の人物の動作の写真や、風景や物が並んでいるような写真が問題となることが多く見受けられます。

もっと具体的に言えば、電話やパソコンを操作している人、2人以上で会話している写真、芝を刈っていたり工事の作業をしている写真、ビーチや噴水やフェンスや船・ボート等の風景の写真、そして椅子や商品が並んでいる等の問題が多く感じます。

Toeic Part1の質問文や設問文は比較的短くなっております。

だから、その中でわからない単語やフレーズが入っていればもうお手上げとなります。Toeic Part1 によく出る単語・フレーズを覚えれば、とても簡単に解けるようになります。

例えば、automobile、be covered with、booth、cabinet、carboared box、conference room、diagram、draw、equipment、fold、fountain、gaze、occupy、hang on、laboratory、ladder、pile up、be stacked、pottery、skyscraper、produce、sweep、try on、lawn、lawn mower、line up、unfold、unlock、wheelbarrow 等がよく出ております。

あと、in a circle や in a row やparallel のように、物の配置を表す表現がよく出てきます。

さらに、普段名詞で使っている単語が動詞で使われる場合もございます。

hand(手渡す)、water(水をやる)、wave(手を振る)、weigh(重さを測る)といった表現もありますので、言われた時に理解できるようにしておけば大丈夫でしょう。

以上のように、頻出単語を覚えて問題をある程度こなせば 難なく解けるようになっていくかと思います。

【プロフィール】山崎 弘宣

大学を卒業した後、旅行会社で13年働き、NYとセブで英語を学んだ後、セブの病院で3年間働いておりました。1度日本に戻ったのですが、セブが忘れられなくて、このたびセブに戻ってまいりました。
趣味は、ボクシングです。宜しくお願い致します

 

広告

投稿者: Kirihara Global Acacemy

セブ島留学で最も歴史の古い学校の一つである桐原グローバルアカデミーは学校参考書出版会社としても知られる「桐原書店」直営校です。セブ市内の中心部にあり、放課後にセブの街を楽しむことができます。セブでお待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中