私がフィリピンで経験した衝撃のダメ出し集

衝撃のダメ出し集

日本にあってフィリピンにもある商品は結構あります。

しかし、たとえ中身が同じでも発音が違うものが沢山あり、そのたびにショックを受けてしまいます。

今回は私がフィリピンで衝撃を受けたいくつかのシーンを大公開します。

1 ミロじゃなくマイロ

これは超定番ともいえる発音の違い例です。

ミロは1934年、オーストラリアのトーマス・マイン(英語版)により開発された[1]。名前は古代ギリシアの強力なアスリート・クロトナのミロンにちなんでいる[2]。日本では「ミロ」と呼ばれるが、英語圏では「マイロ」(IPA /maɪləʊ/)と発音するのが一般的。ネスレのテレビCMは「スポーツをする子供たち」がイメージとして使われているため「子供の飲み物」のイメージが強いが、中南米やアジア(特に東アジア、東南アジア地域)では、成人にも好まれている。香港の茶餐廳やファストフード店では「美祿」(広東語: メイロッ)と呼ばれ、定番メニューとなっている。

フィリピンを含め英語圏はマイロと発音しているのに、なぜか日本はミロ。

ここはフィリピンに初めて来る方へはぜひ事前に伝えたいところです。

2 ハローキティじゃなくヘローキティ

以前フィリピンの子供たちへお土産を買ってきたことがありました。

ハローキティがフィリピンでも絶大な人気だと分かったので、ボールペンやキーホルダー等を買い込み、私が居候していた集落の子供たちにプレゼントしました。

その時に衝撃を受けたのが発音です。

「Wow!hello kitty ワオ! ヘローキティ」

あれはハローキティという名前だと思っていたので3歳位の子供の発音に衝撃を受けました。

フィリピンや英語圏ではこれはハローキティではなくヘローキティなんですね。

 

3  ドラえもんじゃなくドレェモン

これは、発音が正しいとか云々よりもフィリピン人がDoraemonという文字を見た時にどう発音するかの問題です。

昔某語学学校の先生のアパートへ遊びに行ったことがあります。

その時シーツの絵柄がドラえもんでしたので、「へぇドラえもんのシーツ使ってるんだ」と言ったところ発音矯正をされました。

「ドラえもんじゃなくてドレェモンでしょ!リピート アフター ミー」

ドエレモンをその場で5回くらい繰り返しました。。。

ドラえもんが日本発祥のものでも、海外ではそんなの関係ありません。

そのカスタマイズぶりに自分がアウェイにいることを思い知らされます。

カラオケもアメリカではキャリオキみたいに独自に発展し、それがスタンダード化しています。

4  マネーじゃなくマニー

これはアイテムというかお金の発音。

昔、浜田省吾のMoneyという曲が大ヒットしたのですが、彼はマネーマネーと歌っていましたし、私もお金は絶対マネーだと揺るぎなく信じて生活していました。

ところが、フィリピンで生活し始めたころ、お金をマネーと発音し「マネーじゃなくマニーだよそれ」と指摘されてそれも衝撃の出来事となりました。

お陰でMoneyの発音が一発で身に付きました。

しかし、それは一種のトラウマになっており、雑誌とかでマネー塾とかマネーロンダリングとか見てしまうと訂正したくなる衝動を隠せません。

 

5  ヒアリングじゃなくリスニング

あれは8年ほど前、某韓国人経営の語学学校にインターンとして入ったばかりのことでした。

そこのヘッドティーチャーに「私はヒアリングが苦手だ」と言ったところ、「それリスニングの事でしょ?」とグサッと言われました。

ずっと英語聞き取りの事をヒアリングだと思いながら育ってきたので、自分の歴史が崩壊する位ショックでした。

リスニングは内容をしっかり聞き取ることで、ヒアリングは単に音が聞こえるという状態を指すことだという説明を受けました。

それ以来リスニングをいう単語を聞くたびにその時のことを走馬燈のように思い出してしまいます。

6  鏡を買いに行ったらミラーが通じない事件

 

某韓国学校のインターン時代に鏡を買いに行ったのですが、売り場がわかりませんでした。

その辺を歩いていた女性のスタッフの方に「ミラーはありますか」と尋ねたところ、訝し気な顔で固まってしまいました。

発音が悪いから通じない。

鏡はミラーではなくMirrorです。カタカナで表現するのは難しいですね。

カタカナで表記されるアイテムは正しい英語の認識を阻害していますね。。。

まとめ

今まで日本で正しいと思いながら生活してきた自分の知識や常識が実は違ったということが沢山ありました。

特に英語の発音に関しては恥ずかしさと同時に衝撃が止まりません。

しかし、ショック療法というのは英語の世界ではかなり有効で、ほろ苦い思い出とともに一発で記憶の中へ定着しております。

実践=ショック=記憶への定着

この荒療治こそが英語を覚えるための最速メソッドだと信じて止みません。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

広告

【カルチャーショック】朝から食べるあの黒いモノの正体

日本とフィリピンの違いは果てしなくありますが、食文化や味覚もずいぶん異なります。

日本は塩分も砂糖も控えめで、それをいかに美味しくするかが味付けの評価基準となります。

だから某人気漫画で有名な「まったりとしてしつこくない」のが最高の誉め言葉だと言えるでしょう。

一方フィリピンでは「まったりとしてしつこい」のが単純に喜ばれます。

甘い物はどっかりと甘く、塩分はライスが何杯もいけてしまう程塩辛いのがスタンダードです。

日本のケーキを一般のフィリピン人に食べさせると99%の確率で甘くなくてまずいと言われます。

しかし、たまにシビアな日本人の味覚とフィリピンの味がマッチすることがあります。

最近、プレミアム校のあるMJホテルの朝食で出てくる黒いおかゆがちょっと評判です。

これはチャンプラードという伝統的なフィリピン料理で、わかりやすく言えばチョコレート風味のおかゆです。

朝にこれを食べるのがフィリピンの伝統食文化なのです。

ところで、昔々、私がフィリピンの山奥に住んでいた頃、その家のお母さんが朝食にチャンプラードを運んできてくれました。

食べ物がないときに蛇やトカゲとかも焼いて食べたことがあるので大概のものはOKだと自信がありましたが、そのチャンプラードだけは一口でギブアップしてしまいました。

今まで見たこともない色と不気味なテイスト。

やはり食べ物も見た目って大事だとつくづく思います。

そのチャンプラードの正体を聞いてみると、なんと”強い子のミロ”と一緒に茹でられていました。

それ以来、私の大嫌いなフィリピン料理の筆頭がこのチャンプラードとなりました。

しかし、フィリピンへ来たばかりの日本人の方がホテルのチャンプラードがおいしいとおっしゃったのが大変気になりました。

ひょっとして世の中にはおいしいチャンプラードがあるのかもしれません。

前向きというか、怖い物見たさという心理が働き、先日ホテルのレストランへ行き一口だけチャレンジさせてもらいました。

一応格好よく英語名がつけられておりますが、フィリピンの現地名はチャンプラードです。

 

すると、山で食べたアレとは全く別物ではありませんか!

強い子のミロではなく純粋なカカオを材料として入れてあるようです。

さらにレストランのスタッフの方がコンデンスミルク(練乳)をかけるともっと美味いというので、ダメ元でやってみると朝食というより完全にスイーツになります。

カカオと茹でたライスのハーモニー。

この味って懐かしいような気がする。。。

しばらく長年に及ぶ私の中の膨大な記憶をたどってみました。

「あ、そうだこれ和菓子だ」

小豆ベースの和菓子に風味が似ている気がしました。

大学時代にデパ地下でお中元セールのバイトで入った京都の和菓子屋の味です。

和菓子が好きな人はもしかしてチャンプラードにハマる可能性大です。

ぜひプレミアム校へお越しの際はこのチャンプラードをお試しいただきたく存じます。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

 

 

ショッピングモール大国フィリピン

セブのショッピングモール

フィリピンはショッピングモール大国と言われる通り、全国に数多くのショッピングモールがあります。

そしてフィリピン第二の都市セブにもいくつかのショッピングモールがあります。

今回はセブの代表的なショッピングモールを一覧化してみたいと思います。

アヤラモール

セブでは1、2を争う規模です。レストランや専門店も多く、土日には多くの人で賑わいます。高級なレストランが多いので外国人率が高いです。
残念なことにアヤラ内部にあったガイサノ百貨店が今年正月明けに焼失しましたがその他は通常通り営業しています。

SMシティセブ

プレミアム校のあるMJホテルから車で15分~30分位の処にあるモールです。
アヤラモールに負けない規模で、SMの百貨店があるためショッピングするならこちらの方が便利だと思います。電気製品の品数も多いですね。

SMシーサイド

2015年にオープンした世界第六位の規模を誇る超大型ショッピングモールです。色々なアーティストによるイベントも多く開催されています。その名の通り、シーサイドなので屋上からの眺めは最高で、海からの風が心地よい場所です。なんとここにはアイススケートリンクもあり、南国セブでは非常に珍しい体験ができます。SMシティセブから有料シャトルバスが出ています。

 

 

ロビンソンズ プレイス




数十年前のセブでは、フェンテオスメニアサークル付近が最も栄えたところでした。その中核を成すのがこの古いロビンソンです。百貨店、スーパーマーケット、フードコートをはじめ一通りのものが揃う老舗です。ここにはセブパシフィック航空のチケットセンターがあります。

ロビンソンズ サイバーゲート

こちらはカフェやレストラン等の飲食店で構成され、コールセンター等も同じ建物の中にあります。セブ屈指の高級病院チョンワホスピタルに隣接し、ドクターが利用するということもあり、高級なベトナム料理店も繁盛してます。

 

ロビンソンズ ガレリア

こちらもオープンして間もない新しいショッピングモールです。規模も適度に大きく便利です。百貨店やスーパーはセブ島でのあちこちにありますが、ガレリアの場合、少し高級路線を行っています。イオングループが展開しているキッズーナも大人気です。映画館があり、落ち着いて観たい方にはおすすめ。

 

JYスクエア


ショッピングモールと言うには規模が小さいですが、プレミアム校からですとアヤラモールの次に近い場所にあります。この中に博多ラーメン「一幸舎」が入っています。ここは普通に日本の味がしておいしいです。

ガイサノグループ

こちらはビサヤ地方のチャイニーズフィリピン人財閥で、セブ、ネグロス島、ミンダナオ島に展開する老舗のショッピングモールです。セブにはダウタウンを中心に展開しております。庶民の集うショッピングモールです。

パークモール

マンダウエ市にあるペットを連れ込める珍しいショッピングモールです。
今この一角は急ピッチで開発され、香港のデベロッパーが開発しているマンダニベイなどハーバーシティとしてもう一つの新しいセブの顔になります。

Jセンターモール

こちらは中規模なので気軽に利用しやすく、最近出来たフードコートはまるでテーマパークのような雰囲気です。東横INNからも連結し非常に多機能なショッピングモールです。
そして、こちらには日本人にとって非常に大事な場所でもあります。

次回はこのJセンターモールをフォーカスして記事を書きますのでお楽しみに。

 

【プロフィール プレミアム校 山川】


日本では25年間ITエンジニア一筋でやってまいりました。海外出張に行く度にどんどん興味が膨らみ、ついにはセブに移住しました。ぜひ皆さんとセブの楽しさを共有できたら嬉しいです。

 

TOEIC を受ける意義 企業の採用基準、昇格昇進、海外赴任

今回は、TOEICを受ける意義について考えてみようと思います。

一番は、企業が採用や昇格・昇進、海外赴任等の基準に求めているということがあるでしょう。

採用基準

600点以上:ANA、パナソニック、アサヒビール、オリックス、日本IBM 等

700点以上:JTB、日産自動車、武田薬品 等

昇格昇進

600点以上:トヨタ自動車(係長)、マツダ(課長)、横浜ゴム(全社員) 等

650点以上:ソニー(係長・課長)、日立製作所(課長) 等

700点以上:シャープ(課長)、楽天(課長職) 等

730点以上:日本IBM(次長)、住友商事(入社11年目の管理職条件) 等

海外赴任

700点以上:伊藤忠商事、資生堂、シャープ、みずほ証券 等

730点以上:住友商事、丸紅、三井物産、三菱商事 等

上記スコアが各企業が求めるスコアとなっております。

当然、企業とは関係なくTOEICを受講されている方達も当然たくさんいらっしゃいます。

990点満点で点数に出るので、自身の英語力測定の目安としてされている方もいらっしゃいますし目標点数を設定されてそれに向かわれている方もいらっしゃいます。

そして、TOEIC の点数は英語力を測る数値にもなり、それがとてもわかりやすいのです。

だから、企業様から当校に来られた生徒様につきましては、初日のレベルチェックテストの際と卒業前にTOEICテスト問題を行うことにより、生徒様の英語力の変化を数値として測ることも可能なのです。

私はTOEICを始めだしたきっかけは、リスニング強化の時の目安となる指標が欲しかったということがきっかけとなりました。

と申しますのも、38歳の時に英語の勉強を本格的にスタートしたのですが、リスニング能力がさっぱりで、相手が何を話しているのかが全然わからなかったので、まずはリスニングを伸ばしたかったのでした。

今でも忘れませんが、最初にTOEICのPart4を聞いた時は愕然となりました。余りの速さと量に圧倒され、何を話しているのか、また何が言いたいのかが全然聞き取れなかったのです。

しかし、毎日学習をしている中スコア(練習時のスコア)も徐々に上がっていき、自分自身でもリスニングが伸びていることがわかり、モチベーションがあがっていきました。

もし、あの時にTOEICを自身の数値を測る座標にしなかったら 毎日リスニングの学習をやっていましたが、自分自身で伸びている実感がなかったので、あきらめて挫折していたかもしれなかったです。

その後、日本では外国人が相手の部署で働いたりもしたのですが、TOEICの表現がかなり使えたので、TOEIC授業をTOEICだけではなくスピーキングとして活用するのも有効に感じたものでした。

ちなみに、英語の検定としましては 他に TOEFL やI ELTS や英検、ケンブリッジ検定などもあるのですが、TOEIC の需要が圧倒的に多く感じます。

今まで TOEIC を受講したことがない方も、FEAのTOEICコースを受講していただくと、TOEIC のことがわかりご帰国後は独学での勉強法も確立できますので、是非ご参加いただければと思います。

TOEICコースは現在はセブシティ校のみとなっておりますが、プレミアム校も近々スタートする予定でございますので、宜しくお願い致します。

 

【プロフィール】山崎 弘宣

大学を卒業した後、旅行会社で13年働き、NYとセブで英語を学んだ後、セブの病院で3年間働いておりました。1度日本に戻ったのですが、セブが忘れられなくて、このたびセブに戻ってまいりました。
趣味は、ボクシングです。宜しくお願い致します

 

わくわくドキドキAndyのローカル生活 ジプニー編 

こんにちは。プレミアム校のAndyです。

留学へ来られた方からよく聞かれる定番の質問がこれ。

Q「どうやって通勤しているんですか?」

A「基本的にジプニーですね!」

フィリピンの公共交通機関のメインはジプニーです。

日本だと路線バスに相当する公共の乗り物です。

私も講師陣も基本的にジプニーが生活の足です。

ちなみに私は講師陣よりジプニー路線に関して詳しい自身があります(笑

今回はローカル感溢れるAndyのジプニー生活の一場面をご紹介したいと思います。

プレミアム校から歩いてすぐのところにあるPUV Terminal(ジプニーターミナル)。

留学へ来られたお客様にとってはアヤラモールへの抜け道となっておりますが、Andy&一般のフィリピン人にとってライフラインの一つです。

ジプニーとはフィリピンでの路線バスに相当し、基本は7ペソ(およそ15円)という激安な乗り物です。

どこからでも乗れてどこでも降りれる便利な乗り物。

だからこのジプニーが渋滞を作ってしまいます。

ドライバーによってなぜか運賃が微妙に変わることもあります。。。

スリや強盗が多く現地のフィリピン人講師でも時々被害に会うなど、安い代わりにリスクもありますので緊張感あふれる空間です。

まず最も人気(いつも長蛇の列)路線が12L!
(写真は極端なイメージ)

行き先はEscarioからBanawaを通りシュウマイで有名なTisaを含めLabangonからHi-way、Fuente Circleを通ってAyalaまで戻るルートになっており、セブ南方からタリサイ方面に向かう人や多くの人が帰宅するのに使うジプニーでAndyも帰宅のため毎日使っています。

その次に14D!

アヤラからシティ校方面へ向かいます。

年明けのアヤラ大火災の影響で乗り場が1階に変わっていますが、こちらはMJホテルの前を通りEscarioからシティ校のすぐそばのJones通り、ColonからFuente Circleを通ってAyalaに戻るルートです。

12LもMJホテルの前を通ります。

買い物に便利なのがSMを通る03Q!

このジプニーはAyalaとSM間をシャトルしており、タクシーだと100ペソほどかかるところを7ペソで解決してくれる便利なルートになっています。

またMJホテル前の大通り(Escario)でも捕まえられる04LでもSMに行くことができます。

ジプニーの車内はこんな感じ。

知り合いでもない人とピッタリ肌を密着しなければなりません。

運賃はドライバーにバケツリレー方式で運ばれ、釣銭はまた逆ルートで戻ってきます。

単なる乗り物ではなく、全員参加型のアクティビティーの要素があります。

そして、10分位乗っていると不思議なコミュニティー感が生まれます。

日本だと無駄に目を合わせることは大変失礼な感じになりますが、フィリピンでは普通です。

正面付近の乗客とかなり目があいます。

これはジプニーに限らず道を歩いていても興味があれば普通にじっと目を合わせてきますね。

フィリピン独特の文化風習が詰まったジプニーの空間。

こんな感じで毎朝通勤しているAndyです。

 

プレミアム校 アンディ山根

日本では理数系の塾講師を専門にやっておりました。今ではセブ生活にどっぷり浸かって第二の人生を満喫してます。ローカルフード情報なら私にお任せを!