私がフィリピンで経験した衝撃のダメ出し集

衝撃のダメ出し集

日本にあってフィリピンにもある商品は結構あります。

しかし、たとえ中身が同じでも発音が違うものが沢山あり、そのたびにショックを受けてしまいます。

今回は私がフィリピンで衝撃を受けたいくつかのシーンを大公開します。

1 ミロじゃなくマイロ

これは超定番ともいえる発音の違い例です。

ミロは1934年、オーストラリアのトーマス・マイン(英語版)により開発された[1]。名前は古代ギリシアの強力なアスリート・クロトナのミロンにちなんでいる[2]。日本では「ミロ」と呼ばれるが、英語圏では「マイロ」(IPA /maɪləʊ/)と発音するのが一般的。ネスレのテレビCMは「スポーツをする子供たち」がイメージとして使われているため「子供の飲み物」のイメージが強いが、中南米やアジア(特に東アジア、東南アジア地域)では、成人にも好まれている。香港の茶餐廳やファストフード店では「美祿」(広東語: メイロッ)と呼ばれ、定番メニューとなっている。

フィリピンを含め英語圏はマイロと発音しているのに、なぜか日本はミロ。

ここはフィリピンに初めて来る方へはぜひ事前に伝えたいところです。

2 ハローキティじゃなくヘローキティ

以前フィリピンの子供たちへお土産を買ってきたことがありました。

ハローキティがフィリピンでも絶大な人気だと分かったので、ボールペンやキーホルダー等を買い込み、私が居候していた集落の子供たちにプレゼントしました。

その時に衝撃を受けたのが発音です。

「Wow!hello kitty ワオ! ヘローキティ」

あれはハローキティという名前だと思っていたので3歳位の子供の発音に衝撃を受けました。

フィリピンや英語圏ではこれはハローキティではなくヘローキティなんですね。

 

3  ドラえもんじゃなくドレェモン

これは、発音が正しいとか云々よりもフィリピン人がDoraemonという文字を見た時にどう発音するかの問題です。

昔某語学学校の先生のアパートへ遊びに行ったことがあります。

その時シーツの絵柄がドラえもんでしたので、「へぇドラえもんのシーツ使ってるんだ」と言ったところ発音矯正をされました。

「ドラえもんじゃなくてドレェモンでしょ!リピート アフター ミー」

ドエレモンをその場で5回くらい繰り返しました。。。

ドラえもんが日本発祥のものでも、海外ではそんなの関係ありません。

そのカスタマイズぶりに自分がアウェイにいることを思い知らされます。

カラオケもアメリカではキャリオキみたいに独自に発展し、それがスタンダード化しています。

4  マネーじゃなくマニー

これはアイテムというかお金の発音。

昔、浜田省吾のMoneyという曲が大ヒットしたのですが、彼はマネーマネーと歌っていましたし、私もお金は絶対マネーだと揺るぎなく信じて生活していました。

ところが、フィリピンで生活し始めたころ、お金をマネーと発音し「マネーじゃなくマニーだよそれ」と指摘されてそれも衝撃の出来事となりました。

お陰でMoneyの発音が一発で身に付きました。

しかし、それは一種のトラウマになっており、雑誌とかでマネー塾とかマネーロンダリングとか見てしまうと訂正したくなる衝動を隠せません。

 

5  ヒアリングじゃなくリスニング

あれは8年ほど前、某韓国人経営の語学学校にインターンとして入ったばかりのことでした。

そこのヘッドティーチャーに「私はヒアリングが苦手だ」と言ったところ、「それリスニングの事でしょ?」とグサッと言われました。

ずっと英語聞き取りの事をヒアリングだと思いながら育ってきたので、自分の歴史が崩壊する位ショックでした。

リスニングは内容をしっかり聞き取ることで、ヒアリングは単に音が聞こえるという状態を指すことだという説明を受けました。

それ以来リスニングをいう単語を聞くたびにその時のことを走馬燈のように思い出してしまいます。

6  鏡を買いに行ったらミラーが通じない事件

 

某韓国学校のインターン時代に鏡を買いに行ったのですが、売り場がわかりませんでした。

その辺を歩いていた女性のスタッフの方に「ミラーはありますか」と尋ねたところ、訝し気な顔で固まってしまいました。

発音が悪いから通じない。

鏡はミラーではなくMirrorです。カタカナで表現するのは難しいですね。

カタカナで表記されるアイテムは正しい英語の認識を阻害していますね。。。

まとめ

今まで日本で正しいと思いながら生活してきた自分の知識や常識が実は違ったということが沢山ありました。

特に英語の発音に関しては恥ずかしさと同時に衝撃が止まりません。

しかし、ショック療法というのは英語の世界ではかなり有効で、ほろ苦い思い出とともに一発で記憶の中へ定着しております。

実践=ショック=記憶への定着

この荒療治こそが英語を覚えるための最速メソッドだと信じて止みません。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

広告

投稿者: Kirihara Global Acacemy

セブ島留学で最も歴史の古い学校の一つである桐原グローバルアカデミーは学校参考書出版会社としても知られる「桐原書店」直営校です。セブ市内の中心部にあり、放課後にセブの街を楽しむことができます。セブでお待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中