【外国人御用達】Jセンターモール:セブで最も国際色豊かな場所 

アイデアで勝負:Jセンターモール

 

前回の記事では、セブの主なショッピングモールを一覧化してご紹介させていただきました。こちらからご覧いただけます

そして、今回は我々セブに住む外国人とは密接な関係のあるJセンターモールについて少しご紹介させていただきたいと思います。

ここは2011年11月11日にオープンした中規模のショッピングモールです。

場所は、マンダウェイ市にあり、プレミアム校のあるMJホテルと空港の中間地点にあります。

こちらは東急インと連結し、屋上にはなんとレジャープールも完備。

そして、日本人の利用も比較的多く、日本人経営の高級美容室もあります。

移民局誘致で大成功

 

最大の特徴はこの建物の中にフィリピン政府の機関である移民局(イミグレーション)があるということです。

セブ中の外国人が集まってきます。

たとえば日本人の場合、30日までは観光でも留学でもVISAは要りませんが、30日を過ぎてしまうとイミグレーションで発行されたVISAが必要になります。

※sspとVISAは別です

ここへ行くと実に様々な国籍の外国人を見ることができます。

たとえばインド系やパキスタンの人は医療系の学生が多いですね。

最近の傾向として、セブの外国人分布割合の変遷からすると、台湾人や中国人が激増しています。

2015年、Jセンターモールがイミグレーションを誘致したのは大成功で、一気にここを訪れる外国人が増え、周辺の店の売り上げ貢献することになり、このショッピングモールの付加価値は一気に高まりました。

利用者にとっても大変ありがたく、以前は物凄く辺鄙な場所にあり、あそこへ行くのは一種の拷問でした。。。

陸運局(LTO)の誘致効果

それと、最近では陸運局を誘致しました。

ここは日本だと運転免許センターで、免許の更新で多くのフィリピン人がやってきます。

最近フードコートを大規模にリリースし、その一角に運転免許センターがあります。

セブの場合、運転免許の更新は実に丸一日作業で、そのおかげで朝昼夜の食事はそのフードコート済ませることになります。

このシステムって頭いいですね!

こだわりのフードコート

一言でいうと、メルヘンです。

そして、突き抜ける青空とそびえる樹木が特徴です。

ここはマカオかテーマパーク?

ちょっとフィリピンのフードコート離れした雰囲気があります。

ここは日本の博多ラーメン一幸舎のラーメンが99ペソで食べれます。

その隣にコロッケ屋もあり、ちょっとした日本屋台村な雰囲気です。

そして、フードコートにはこだわりのコーヒーショップがあり、またの機会にスポットとしてご紹介したいと思います。

東横インが連結

「え!セブに東横イン?」

留学のお客様を空港から学校までお連れする際にJセンターモールの脇を通ることがありますが、その際に必ず驚かれるのが、東横インの存在です。

セブの東横インの特徴はJセンターモールと連結しているという点です。

ドラッグストア、スーパーマーケット、衣料品、パソコンショップ等あらゆる物がここで揃いますので、かなりお得です。

そして、レジャープールもあり、子供連れのツーリストにはかなり嬉しい要素です。

 

ドクターフィッシュ

もうひとつの隠れた名所が、ドクターフィッシュです。

ショッピングモールの中ではなく、駐車場の入り口付近にあります。

日本でも、温泉等で利用した事がありますが、こちらの魚は怖いくらいデカいです!

ストレス発散に効果があるとお店の方が言ってますが、それは魚にとっての話かもしれません。。。

セブでアンパン

最後に、もう一つお店を紹介します。

オールシーズン台湾ベークショップ。

Jセンターモールに行った際は必ず買って帰ります。

ここのアンパンはセブで一番です!

これが、絶品のアンパンです。出来立ての温かいのは本当に美味しいです。

1階のメインエントランスから最も遠い、一番奥のテラスサイドにあります。

ちなみに経営は台湾人です。

アンパンは1つ30ペソですが、2つ買うと1つおまけでもう一つ貰えるシステムです。

したがって、実質は1個20ペソとなります。

ひとつずつ、袋に入れてくれます。

ショーケースの殆どのパンがBuy2、Take1ですので3の倍数で購入しましょう。

余った際は、引き受けますよ(笑

 

いかがでしたか?

ここは、映画館もあり、非常にユニークで満足度の高いショッピングモールです。

ぜひ留学の際に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

【プロフィール プレミアム校 山川】


日本では25年間ITエンジニア一筋でやってまいりました。海外出張に行く度にどんどん興味が膨らみ、ついにはセブに移住しました。ぜひ皆さんとセブの楽しさを共有できたら嬉しいです。

 

 

広告

投稿者: Kirihara Global Acacemy

セブ島留学で最も歴史の古い学校の一つである桐原グローバルアカデミーは学校参考書出版会社としても知られる「桐原書店」直営校です。セブ市内の中心部にあり、放課後にセブの街を楽しむことができます。セブでお待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中