TOEIC(Part5 を速く解く / 相関接続詞)

TOEIC(Part5 を速く解く / 相関接続詞)

たくさんの方のTOEICテストの結果を拝見しておりますと、ほとんど全員の方がReading パートが100問全て解けておりません。ほとんどの方が70問~80問しか解けていないように感じます(ラスト20問の正答率が著しく悪い為)。

仮に、もう5問多く問題が解ければ30点ほど点数があがり、10問解ければ60点ほど点数があがるのです。

では、どうすれば Reading パートを速く解くようにしていくのか?
私が心がけているのは、この以下2点です。

  1. Part5 を速く解く(できれば10分)
  2. Part7 を速く解く

それでは、Part5 をどのようにすれば速く解けるのでしょうか?
Part5 は概ね次の問題パターンに分かれます。

・接続詞を問う問題(and、but、although、if、now that 等)
・相関接続詞を問う問題(both、either、neither 等)
・品詞を問う問題
・ボキャブラリーを問う問題
・動詞の時制を問う問題
・代名詞を問う問題
・その他文法

今回は、相関接続詞について掲載致します。

通常の接続詞の場合は全文読まなければならないのですが、以下のような問題パターンの場合は全文読む必要はありません。

_____the Chiba office nor the Nagoya office is hiring.

(A)  Both
(B)  But
(C)  Either
(D)  Neither

Part5は問題文を読む前に、先にざっと選択肢に目を通してください。
そして、上記のような相関接続詞を問う問題なら、問題文に相関接続詞と結びつく語句を探してください。
相関接続詞と結びつく以下の語句を覚えてください。

either A or B
neither A nor B
whether A or B
not only A but (also)B
both A and B

上記問題に戻りますが、問題文の中にnorがございます。よって、この問題の解答は (D)  Neither となります。

といったように、Part5 は問題文を全文読まずに解ける問題が10問以上はありますので、できるだけPart5 には時間をかけないようにしてください。

次回は、品詞を問う問題についての解説を行います。

【プロフィール】山崎 弘宣

大学を卒業した後、旅行会社で13年働き、NYとセブで英語を学んだ後、セブの病院で3年間働いておりました。1度日本に戻ったのですが、セブが忘れられなくて、このたびセブに戻ってまいりました。
趣味は、ボクシングです。宜しくお願い致します

広告

投稿者: Kirihara Global Acacemy

セブ島留学で最も歴史の古い学校の一つである桐原グローバルアカデミーは学校参考書出版会社としても知られる「桐原書店」直営校です。セブ市内の中心部にあり、放課後にセブの街を楽しむことができます。セブでお待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中