【コバンザメ商法】Jollibee vs Macdo

フィリピンファーストフードの覇者といえば言わずと知れたJollibee。

特に凝ったコマーシャルをしなくても赤い店舗と人形をみると勝手にカスタマーが押し寄せてきてカウンター前の行列を作ります。

しかし、セブにはMcDonald’sもあり、流石アメリカの食文化をダイレクトに受け入れているだけあって、それなりに繁盛しています。

実際、Madcoではアメリカ人の客が目立ちます。

セブにはなんとJollibeeのすぐ横にMacdoという挑戦的なやり方で出店をしているところがあります。

その一つがEscario 通りのキャピトル付近ある店舗です。

ここはセブシティ校から徒歩10分圏内のところです。

もしここにJollibeeが向かい合わせに二軒並べば、日本でよく話題になっているセブンイレブンの数メートル先に別のセブンイレブンが並ぶという不思議な光景と同じことになります。

それはstrategic dominanceという意図的な戦略で同一商圏内で市場占有率を向上させて独占状態を目指す経営手法です。

しかし、覇者Jollibeeの道路挟んだ向かい側にMacdoが建っているのはstrategic dominanceというよりも明らかにコバンザメ商法でしょう。

さて、質問です。

コバンザメ商法は英語で何というでしょうか?

答えは本文の一番下にあります。

Jollibeeに行ったら満席だったり、向かいのMacdoのコマーシャルが何となく魅力的に映って現場で気持ちが変わったりするカスタマーもきっといます。

MUSHROOM PEPPER STEAK 60ペソ。
(1-PC W/ DRINK ライス一つとドリンク付き)

しかし、道路向かい側に見えるJollibeeの安さに目が眩みます。

しかし、気を付けないといけないのはドリンクは付いていません。

結局窓際でスパゲティーを食べていたフィリピン人に感化され、Jollibeeで50ペソのオレンジ色に輝く激甘スパゲティを食べました。

私はこの甘すぎるバナナケチャップ味を受け入れるのに5年かかりました。

今では自らオーダーしてしまいます。

しかし、節約してドリンク無しを選んでしまったので、大変喉が渇きました。

わざわざノンストップ殺人的道路を必至で渡りMacdoのコーヒーフロートを食べました。

すると、想定外の甘さにもっと喉が渇いてしまいました。

ミネラルウォーターにしておけばよかった。。。

ちなみに、コーヒーフロートは55ペソで、MadcoのデザートのほうがJollibeeのスパゲティより5ペソも高かったので微妙に複雑な気持ちになりましたが、そのアンバランスさを世間では贅沢というのでしょう。

コバンザメ商法:baby sharks retailing

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

広告

投稿者: Kirihara Global Acacemy

セブ島留学で最も歴史の古い学校の一つである桐原グローバルアカデミーは学校参考書出版会社としても知られる「桐原書店」直営校です。セブ市内の中心部にあり、放課後にセブの街を楽しむことができます。セブでお待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中