【ウンチク】フィリピンで買う飲料水の信憑性

フィリピンへ来た日本人が困るのが、砂糖なしのドリンク探し。

セブのスーパーやコンビニに行くとコーラやスプライトなど糖分たっぷりのドリンクばかりです。

冷蔵庫の前で立ち尽くす日本人を何度も見ました。。。

ブラック缶コーヒーを朝からグイっと飲みたい人には切ない環境です。

砂糖なしのドリンクといえばビールかミネラルウォーターしかありません。

たまに緑茶と書いてある日本風のパッケージのものがありますが、微妙に甘かったりします。。。

かといって朝からビール飲むのもなんですので、もうミネラルウォーターにこだわるしかありませんね。

そんな流れで今回はフィリピンで売られているミネラルウォーターの話をさせていただきます。

フィリピンで飲める水

水道水が飲める国は世界に15か国しかなく、アジアだと日本とアラブ首長国連邦国だけです。

客観的に日本は凄い国なんですよね。

フィリピンは水道水の飲めない国なのですが、その割にペットボトル水の種類があまり多くありません。

さすが独占禁止という概念のない国らしい光景です。

セブの場合、この最後の砦的な存在であるペットボトル水はNATURE’S SPRINGというメーカーが主流です。

パッケージにはPurified waterと書いてありますが、それは日本語で精製水になります。

カスタマーはペットボトル水の事を一様にミネラルウォーターと呼んでいますが、一般の水道水を濾過または蒸留して精製していますので、厳密にはピュリファイドウォータ-と呼ぶのが正解です。

このNATURE’S SPRINGの商品はパッケージの色がブルー、グリーン、レッドの三種類で構成され、その順番に高くなっています。

ブルーのものはフィルターで濾過するだけなので一番安いです。

ローカルのサリサリストアだと15ペソで売られています。

グリーンは蒸留工程が入りますので安全性はさらに上がります。

レッドはPH9のアルカリ水です。

ちなみに、我が家はPH9をガロンボトルで定期的に配達してもらっています。

本当にアルカリ水なのか!?

普通は信じる者は救われるマインドで信じて飲むしかないのでしょうが、以前通っていたトレーニングジムのプールの管理者から強引にテスターを借りて実験してみることにしました。

まずプールの水を早速測定。

ほぼ黄色ですね。アルカリ度は最低レベルだとプールの監視員が教えてくれました。

20131004_080042

さて、そのテスターを持ち帰り、我が家にあるPH9のアルカリ度を調査することにしました。

その前にまずは水道水を測定してみました。

微妙にアルカリ度が高い気がしますが、騙されてはいけません。フィリピンの水道水は絶対飲んじゃダメです。

20131004_090536

そして、肝心なNATURE SPRINGのPH9で実験。

おおお!鮮やかなピンク色をしています。

これは間違いなくアルカリ度はレベル9付近だと言って良いでしょう。

20131004_090705

自分で実験した結果なのでPH9の販売促進に勝手に協力させていただいております。

ところで、このアルカリ水は体に良いのでしょうか?

Does it really work?

アルカリ水が体に良いという検証はまだまだこれから進んで行く分野のようですが、激しい運動後ドロドロになった血液の粘度が標準的飲料水に比べ6.3%低くなったという発表がエクササイズを趣味としている身としては嬉しい情報です。

ぜひセブへ来られた際にはPH9をグイっと飲みながらこのブログの記事を思い出してみてください。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

広告

インターンシップのご紹介「太田雄樹」

初めまして。8月7日からインターシップとして参加しております太田雄樹と申します。現在、授業の傍ら生徒様の空港ピックアップのお手伝いをしております。

私は沖縄でコンピュータープログラマーをやっていましたが、英語を使う仕事を視野に将来の可能性を考えていた際、友人から「一緒に留学しないか」と誘われ、思い切って2カ月間セブで留学することにしました。

出身は日本の亜熱帯地、沖縄です。沖縄は暖かい県として有名ですが、最近は他県のほうが暑くなっていて、南国沖縄が皮肉にも避暑地となっているそうですね。

沖縄には米軍基地があるので「英語が勉強できる環境じゃないの?」とよく言われますが、米軍の方と話せる機会なんてほとんど無いので実際は本州の方々とそんなに変わらない環境だと思います。

ご存知の通り、沖縄の平均賃金は本州と比べると非常に低いのですが、そんな中、米軍基地の賃金だけは飛び抜けて高いのです。

英語に自信をつけて米軍基地で働きたい!

これは非常にシンプル且つ有力なモチベーションとなっております。

友人と共にKIRIHARA Global Academyに入学し、2ヶ月間英語の勉強をしました。

最初の授業は実力テストを行ったのですが、その当時の私の英語力は正直言って中学生レベルの英語ですら危ういくらいで、先生が喋っている内容もテストの内容も全く分からず、散々な結果で終わりました。

そこから2ヶ月間先生とマンツーマンで勉強することで、英語を聞き取る事が出来るようになり、おぼつかない英語ではありますが意見を言うことも出来るようになりました。

その2ヶ月間で思ったことですが、やはりマンツーマンというものはとても大きいアドバンテージです。

日本の学校での授業と違って自分のペースで授業を進めてもらえるし、分からないことがあったら周りを気にすることなくその場で先生に聞くことが出来ます。

私は日本の学校での授業であまり質問することが出来なかったので、すごく助かりました。

2ヶ月の留学生活を終え、卒業する際に「インターシップ生を募集しているのですが、半年間英語を勉強しながらインターシップしてみませんか?」とお声掛け頂きました。

仕事で実際に英語を使うまたとないチャンスだと思ったので渡りに船とばかりアプライし、現在に至ります。

英語の勉強やセブでの生活で共有したい情報があれば、また本ブログでご紹介させていただきたいと思いますので、こうご期待!

【プロフィール】太田雄樹
沖縄出身の元コンピュータプログラマです。英語が話せると憧れの米軍基地内で働けるという特殊な環境で生活していましたので、英語へのモチベーションを持ち続ける自信があります!応援よろしくお願いします。

 

蚊がいなくなるスプレーの凄さ

私は11年間でデング熱に4回もかかってしまったという不名誉な記録を持っています。

2年前の9月に10日間入院した時が一番大変でしたが、その後は蚊に刺されないように十分気を付けながら生活しております。

今年5月に一時帰国した際にドラッグストアで購入したのがこれ。

蚊がいなくなるスプレー

一日一回の噴射で効果を発揮するという優れもので、寝る前にリビングに噴射して寝室へと向かいます。

確かに効果があります。

翌朝とりあえずリビングで蚊を見たことがありません!

しかし、うれしい副作用がありました。

それはゴキブリもついでに死んでくれるのです。

蚊とゴキブリが同時にいなくなるスプレーという名前に変えたほうがいい気がしますね。

これだけの強烈な効果があるということは人体にも相当な悪影響があるのではないでしょうか?

おそるおそる調べてみると、人体への影響はそれほど大きくはないという情報が書いてありました。

ピレストロイド系の薬品が使われており、メーカーの説明によると人体へ入っても成分を分解できる酵素を持っているので無毒化されて対外へ排出されると書いてあります。

フィリピンライフではなかなか避け辛い小さなアリ退治にも有効なのではないかと思い、ただいま実験中です。

この情報がお役に立てたら幸いです。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

初めての海外留学や初心者でも安心!
桐原グローバルアカデミー

高校英語参考書でおなじみの桐原書店直営校
マンツーマン授業で短期集中徹底レッスン
校舎と一体型のホテル客室宿泊でプライバシー完全確保
平日入校および土日祝日の授業可というわがままスケジュール受付中
セブマクタン空港へは日本人がお迎えにあがりますのでご安心ください

ホームページへは下記のアイコンをクリックしてください

フィリピンガードマンの守備範囲が広すぎる件

フィリピンに初めて来た方が必ず疑問に思うのが拳銃をもった謎のガードマンの存在。

「あの、拳銃持った人って警察ですか?」

「あれは、民間のガードマンなんです」

「えぇぇ!?」

日本では堂々と拳銃という特殊な物を持ち歩いているのは警察官くらいしか居ないので、拳銃や、機関銃みたいなものを持って店や銀行の前に立っているガードマンを見るとびっくりしますね。

しかし、この日本と違いすぎるフィリピンのガードマンですが、仕事の内容もかなり違います。

ガードマンの会社へお願いして現場へ来てもらうところまでは日本と同じですが、その先が全然違います。

市街地を離れ、少し田舎へ行くとガードマンがレストランのウエイターを兼ねていたり、皿を洗っていたりするのを見かけます。

先日、セブ市内にあるSMシティへ扇風機を買いに行きました。

まず、商品を選びます。ここは日本と同じですね。

そのあと、スタッフの方に購入の希望を伝え、在庫を確認してもらい、商品を持って来てもらうのですが、必ずその商品の試運転があります。

日本で家電を買う際に試運転をすることはないので、ここもひとつのカルチャーショックです。

そして、ちゃんと動く様子を顧客に確認させ、また箱へ入れ直します。

日本だと在庫があればそれをレジへ持って行って支払いが済めば終わりですが、フィリピンはかなり違います。

試運転の済んだ商品はスタッフにより商品支払い伝票を渡されます。

そして商品は受け渡し場所へと持ち込まれます。

購入者はキャッシャーと呼ばれるところへ伝票を持って行き支払いをします。

領収書が発行され、それを商品受け渡し場所に提示し商品が手渡されます。

しかし、ここで終わりではありません。

店の出口にガードマンが怖い顔して待ち構えています。

ガードマンへ領収書を手渡し、領収書の内容と箱の中の商品が合致するかのチェックがあります。

問題がなければようやくアイテムを持って店の外へ出ることができます。

まるでロールプレイングゲームを制覇したような達成感と解放感を同時に味わえます。

普段当たり前だと思っている日本のシステムがいかに合理化されているか分かりますね。

おそらく店のスタッフよりもガードマンの方が商品の知識があるのではないでしょうか?

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

初めての海外留学や初心者でも安心!
桐原グローバルアカデミー

高校英語参考書でおなじみの桐原書店直営校
マンツーマン授業で短期集中徹底レッスン
校舎と一体型のホテル客室宿泊でプライバシー完全確保
平日入校および土日祝日の授業可というわがままスケジュール受付中
セブマクタン空港へは日本人がお迎えにあがりますのでご安心ください

ホームページへは下記のアイコンをクリックしてください

【コーヒー通いらっしゃい】セブシティ校から0分のコーヒー激うま店MOTOKEYS

日本に戻ると美味しいのはまず空気とコーヒー。

フィリピンの場合、庶民のテイストはインスタントの王道ネス〇フェできまりです。

しかも最初からコーヒー以外に砂糖とミルクがセットで入っている3 in 1と呼ばれているタイプがスタンダードです。

つまりブラックコーヒーを飲むフィリピン人は超稀です。

どっぷり甘くないとコーヒーじゃない!?

豆からわざわざ挽いて手間暇かけるという概念は一般的ではありません。

しかし、中にはコーヒー豆をカスタマーがチョイスできる店もあります。

今回はセブシティ校のすぐ隣にできたMOTOKEYSをご紹介します。

ここは日本人経営のお店でiiofficeというco-working spaceと同じ方が運営しています。

店内は日本にあるお店みたいにすっきりしているので味に集中できます。

この日は店主のモトキさんお勧めのケニアをホットでいただきました。

軽食もあります。

昼にガッツリと食べると3時頃とても眠くなりますので、これくらいのボリュームがExactlyです。

ぜひ次回の留学の際には、MOTOKEYSもご利用してみてください。

インターネットは光ケーブルでネット作業もラクチンです。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

初めての海外留学や初心者でも安心!
桐原グローバルアカデミー

高校英語参考書でおなじみの桐原書店直営校
マンツーマン授業で短期集中徹底レッスン
校舎と一体型のホテル客室宿泊でプライバシー完全確保
平日入校および土日祝日の授業可というわがままスケジュール受付中
セブマクタン空港へは日本人がお迎えにあがりますのでご安心ください

ホームページへは下記のアイコンをクリックしてください

そういえば、あのミッキーズはどこへ行った?

プレミアム校から徒歩数分にあったミッキーズカフェ。

まさに昭和の喫茶店をそのままそっくり再現したような雰囲気でしたが、惜しまれながらも移転してしまいました。

個人的にはセブで最もおいしいコーヒーの飲める店でした。

特にここのスペシャルブレンドとレアチョコケーキは本当に絶品でしたね。

全て過去形で表現しておりますが、移転したミッキーズは現在どうなっているのでしょうか。

ミッキーズにお世話になった方で気になっている方も多いと思いますので、レポートさせて頂きたく存じます。

お馴染みのESCARIO通りを東側へどんどん進み、ITパーク付近の立体交差点を右折し、南(港方面)へ進んだ左側にあるMAHOGANI SPACEという商業スペースにあります。

店内はメニューを含めレッドカラーがアクセントとして目を引きます。

コーヒー豆の種類も変わらず豊富。

せっかくなので定番のカルボナーラを注文してみました。

この質感に懐かしさがこみ上げます。

そして、食事のあとはスペシャルブレンドコーヒーとレアチョコケーキで決まりでしょう!

冷たく冷えたチョコと温かいコーヒーが絶妙。

ちなみに、その日は私以外に誰もお客さんが居ませんでした。。。

店内にwifiはありませんので、英語の本を読んだりするには最適でしょう。

ぜひ次回の留学の際にはぜひこちらで贅沢な時間をお楽しみいただきたいと思います。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

初めての海外留学や初心者でも安心!
桐原グローバルアカデミー

高校英語参考書でおなじみの桐原書店直営校
マンツーマン授業で短期集中徹底レッスン
校舎と一体型のホテル客室宿泊でプライバシー完全確保
平日入校および土日祝日の授業可というわがままスケジュール受付中
セブマクタン空港へは日本人がお迎えにあがりますのでご安心ください

ホームページへは下記のアイコンをクリックしてください