【英語脳のつくり方】俺流メソッド 逆転の発想~前編

留学へ来られたお客様と休み時間等にお話する中で最も人気があるのが「私は40歳まで英語が殆ど話せませんでした」という情報です。

元々、海外や英会話に全く興味がなく、大学の卒業旅行で同級生達がアルバイトで貯めたお金をはたいてヨーロッパやオーストラリアに2か月ほどバックパッカーとして出かけるのを見ても全く羨ましいと思わず、日本の中だけで大変満足していました。

その後社会人になって英会話教室に通っている同僚がいましたが「高尚な趣味を持っているなあ」と思いながら別世界の出来事として傍観していました。

海外生活や英語に全く興味が無かった男が何が悲しくて38歳でフィリピンへやって来て40歳から英会話をゼロからスタートしたのか。

それを話すと大変長くなるのでまたの機会に譲りたいと思います。

今ではビサヤ語、タガログ語、英語、日本語を使い分けながら生活していますが、謎の言語であるビサヤ語を「見よう見まね」で覚えた経験が40歳から始めた英会話の上達に非常に役に立ちました。

それぞれの言葉を話す時に頭の中で瞬間作文して発話するという作業は一切無く、また日本語がよぎることもありませんので、世間で言う英語脳に近い状態なのかもしれません。

しかし、英語脳の特徴はよく「英語で英語を考える」と言われていますが、それが一体どういうことなのか漠然とした感じがどうしても否めません。

今回は私が11年間で体験し、そして気付いた英語脳の本質つまり正体について考察してみたいと思います。

参考になれば幸いです。

いきなりジャングル

2007年、私がセブに住み始めた場所はセブといってもセブ市とタリサイ市の間にある山間の集落で周りは山賊でも出てきそうなジャングルでした。

当時はまだ日本人にとってフィリピン留学という世界は一般的に知られておらず、私自身、フィリピンが英語を公用語としている国だということも知りませんでした。

しかし、フィリピンでの日常会話はその土地それぞれの現地語が話されております。

細かく分けると110の言語があると言われますが、基本的に8つの地域と言葉に分かれます。

マニラ:タガログ語
ルソン島北部:イロカノ語
ルソン島南部のビコール語
ルソン島中部のカパンパガン語
ルソン島中西部:パンガシナ語
レイテ島西部のワライ語
フィリピン中部地区:ビサヤ語(セブアノ語)
バコロド島西部:イロンゴ語

私はぜひ現地に溶け込みたいと思いましたのでまずはセブの人が話しているビサヤ語(セブアノ語)を話せるようになりたいと思いました。

38歳からの2年間は山の中でサリサリストアを営みつつ、精力的にビサヤ語を習得しながらどんどん現地化して行きました。

その頃の写真はヤシの木に登っているものしかありません。

 

その日からすぐに使える視覚情報

フィリピンは英語のほかにマニラを中心に話されているフィリピン語(タガログ語)が公用語として指定されています。

「フィリピン語、フィピノ語、タガログ語」関連の書籍は日本の大型書店に行けば会話集や辞書が少し並んでおり購入することが出来ますが、ビサヤ語という謎の言語関連書籍は桐原書店でも出版されておらず、勉強する手段はほぼ無い状態です。

そんな言葉をいきなり何の前準備もなく覚えるのはあまりにもハードルが高いので最も分かりやすい視覚的な物真似から始めることにしました。

視覚的な物真似とは表情、歩き方、ジェスチャー、スキンシップ、服装といった見た目で分かる分野です。

例えばフィリピン人男性の歩き方は胸を張って少し後ろにのけぞった感じで外股で歩きます。

フィリピンの人はビサヤ語を含め現地語を話す時には20%程「眉の動き」のみで会話をします。

例えば、YESを表す時は無言で眉を素早く一度上下させ、道端で知り合いに会った時は眉を一度ゆっくり大きく一度上下させます。

怪しむ時は片側の眉を3秒ほど上げたまま固定します。

スキンシップは親愛のしるしとして男女問わず肩に手を回したり置いたりして歩きます。

服装に関しては男性は特にゼッケンの付いたタンクトップにスリッパをを履いています。

これらの特徴をそのまま真似しながら生活しました。

まず食べ物を手に入れるスキル

セブという勝手の分からない所でも一丁前に喉も渇けばお腹も減ります。

現地語や英語が話せるようになるまで待てません。

山の生物を捕まえて焼いて食べるという手段はできれば最後の最後まで取っておきたかったので、ふもと町にある市場でちょっとした買い物ができる言語スキルを身につけることにしました。

そこで、最低限必要ものを買う「これ下さい」という超基本的表現をまず覚えることにしました。

私が住んでいた場所から50分程下ったふもと町に小さな市場があり、食材や雑貨が売られていました。

特に知り合いもいない場所で出来る事といえばこれです。

実物を観察すること!

買い物している人の言動を至近距離から観察しました。

「パパリタコアニ」

市場で客が買いたいものを指さしてそう言っているように聞こえました。

きっと「これ下さい」の事だと思い、ドキドキしながらもフライドチキンを道端で売っているところへ行き、その謎の呪文を唱えてみました。

しかも最大級の笑顔で。

笑顔は国境を越えた最大の武器です。

多少発音が変でも許してくれる気がします。

そのあと何か聞かれましたが、きっと幾つ欲しいのか聞かれているのだと思い、人差し指を一本掲げて見せました。

すると店の人はフライドチキンをビニール袋にひとつ放り込んでくれました。

その時の達成感は今で覚えています。

こういう自ら興した成功体験はどんどん次に続いて行きます。

後編へ続く

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

 

広告

投稿者: Kirihara Global Academy

セブ島留学で最も歴史の古い学校の一つである桐原グローバルアカデミーは学校参考書出版会社としても知られる「桐原書店」直営校です。セブ市内の中心部にあり、放課後にセブの街を楽しむことができます。セブでお待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中