【2019年版】セブ島留学をハッピーにするフィリピンのチップ情報

フィリピンでのチップの相場

留学や旅行で来られた日本人の方からフィリピンにおけるチップの相場についてよく聞かれますが、実はフィリピンはアメリカほどチップのシステムがはっきりと確立されていません。

日本でチップのつもりでテーブルにお金を置くと、お店の人が「忘れ物ですよ」と言って追いかけて来ますが、アメリカやカナダだとチップはほぼ強制で、もし置かないと「チップをお忘れですよ」と言って追いかけてくることもあるようです。

ではフィリピンではどうなのでしょうか?

フィリピンではテーブルにチップを置いても置かなくてもお店の人が追いかけてくることは絶対にありません。

つまりチップに関しては来るもの拒まずという姿勢だと言えます。

今回はそのベールに包まれたフィリピンのチップに関する実態をレポートさせていただきます。

通じないカタカナ英語「Chip? Tip?」

その前に「チップ」はカタカナ英語でそのまま発音すると通じないどころか、全く違う意味として捉えられてしまいます。

そもそも、カタカナ英語のチップはChip「tʃíp」で木片のような小さな物を意味します。

ポテトチップスのチップはまさにこのChipから来ています。

テーブルに置くチップはTip「 típ」(ティップ)となります。

このTipは名詞と動詞の両方で使えます。

レストランでチップをいくら渡したほうがいいですか?
How much should I tip at a restaurant? 

ここではチップは いただきません
We don’t accept tips here.

 

セブ島のチップ相場

・レストラン 20ペソ~50ペソ

食後の会計はテーブルに座ったままウエイターまたはウエイトレスを呼んで支払いを行います。そのあとお釣りをもらいますが、その中から小銭を置いて行くやり方がスタンダードです。

富裕層はここぞとばかり100ペソ紙幣を置いていきます。

・マッサージショップ 50ペソ~100ペソ

基本的に50ペソですが、超絶に上手だったりすると100ペソにすることもあります。

・タクシードライバー 20ペソ~50ペソ

50ペソ以下のお釣りだったらそのまま「keep the change.」と言って受け取らずに下車します。

・ホテルスタッフ 20ペソ

チェックイン時にスーツケースを運びこんでくれたポーターやベッドメイクのスタッフへのチップ相場は20ペソ。

もし特別に感じが良ければ50ペソにしても良いでしょう。

・ヘアサロン 50ペソ

日本人経営の高給ヘアサロンもありますが、ショッピングモール等に入っているチェーン店の場合、終了後に50ペソ支払っている人が多いです。

・ガソリンスタンド 5ペソ~10ペソ

タイヤの空気を入れてくれたり、窓を拭いてくれたりした場合は5ペソ~10ペソ手渡しします。

・駐車場の誘導 5ペソ~10ペソ

ファーストフードの駐車場等で勝手に車の誘導をして小遣い稼ぎをするストリートな少年達がいますが、その場合は5ペソ~10ペソ手渡しします。

1000ペソ札は極力小さくする事!

日本円からペソに両替した時に、両替ショップでは1000ペソ札を中心に渡してくれます。

しかし、この1000ペソが非常に使いづらい紙幣なのです。

日本と違い、事前に釣銭を用意していないお店が多く、1000ペソ札を出すとDo you have smaller bills?(小さいお金ありますか?)と言われてしまいます。

特にタクシーの場合、500ペソ札からの支払いでもお釣りがないという理由から拒否されてしまうケースが多いので、タクシーに乗る前には100ペソ札以下の紙幣を用意しておいた方が良いです。

【1000ペソ札が使えるお店】

・エアコン付きレストラン

・ファーストフード

・スーパーマーケット

こちらのお店に行った際はもし小さい紙幣を持っていても極力1000ペソを使ってお釣りをキープするようにした方が良いです。

また円からペソに両替する際に小さい紙幣を混ぜて貰うようにしましょう。

Can I have some smaller bills please.

フィリピンのTip関係の記事(英語)

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

広告

投稿者: Kirihara Global Acacemy

セブ島留学で最も歴史の古い学校の一つである桐原グローバルアカデミーは学校参考書出版会社としても知られる「桐原書店」直営校です。セブ市内の中心部にあり、放課後にセブの街を楽しむことができます。セブでお待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中