【みんなの疑問】WarrantyとGuarantee ってどう違うの?

Warranty vs Guaranty

セブでも日本と同じように家電製品を買うとその商品の保証に関する説明があります。

例えばお店の保証は1週間でメーカー保証は2年といった内容が多いのですが、その際に出てくる単語が二種類あります。

先日セブに住む日本人の知人から保証に関する話がありました。

だいたいのお店では保証書の事を「 warranty」と言いますが、別のお店で「guarantee」と言われたそうです。

「一体どっちが本当なのだろうか?」という疑問です。

この「 warranty」と「guarantee」 の区別を曖昧にしながら生活している人は意外と多いのではないでしょうか?

両者の違い

「guarantee」 と 「warranty」 共通点として「保証」または「保証書」という意味があります。

だからどちらも正解なのですが、一般的に「warranty」を使うケースの方が多いです。

「warranty」は担保や保証の意味で物品の売買において、その品質を保証する使われます。

その他、セブの不動産の契約書等に出てくる「general warranty」や「full warranty」という条項は所有権留保がない土地や物件だということを保証しています。

「Guaranttee」は主に債権債務関連の時に登場します。たとえば借金の保証人になる際にはこの「guarantee」を使います。

しかし、両者とも一定期間にメーカーが無償でその製品の交換または修理することを示す「保証書」の意味としても使われています。

元々は債権保証をする単語として使われていた「guarantee」がいつの間にかメーカーの製品保証としても流用され使われるようになったという歴史的流れがあるようです。

この情報がお役に立てたら幸いです。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

広告

投稿者: Kirihara Global Academy

セブ島留学で最も歴史の古い学校の一つである桐原グローバルアカデミーは学校参考書出版会社としても知られる「桐原書店」直営校です。セブ市内の中心部にあり、放課後にセブの街を楽しむことができます。セブでお待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中