【セブ島インフラ革命】ついにセブにも路線バスが登場!その名は「Beep」

2018年末よりセブ市内を走るようになった路線バス「Beep」。

これはセブのインフラ大革命です!

実は10年以上前からセブに路線バスを走らせる計画が出ていたらしいのですが頓挫してしまったようです。

そして7年前に再度計画が発表されました。

Cebu Bus Rapid Transit System

The Cebu Bus Rapid Transit System is a planned mass transit system for Cebu City located within the greater Cebu Metropolitan Area. It is expected to become the first operational bus rapid transit project in the Philippines. wikipedia

現状は上のイラストとは全然違いますが、一応2018年末からセブに循環バスが登場したのは画期的な事です。

実際乗った人に話を聞くとエアコンがあるのが何よりも快適だということです。

一応WIFIありと書いてあります。

このバスの最大のアドバンテージは環境への影響です。

フィリピンにはちゃんとした車検システムがないので、黒煙モクモクのディーゼルエンジンのジプニーが町中をガンガン走っています。

日本で排除されたディーゼルトラックがフィリピンへ輸出され、ひどい状態で使われているので地球規模でみたら排ガスの総量は変わらないようです。

もしジプニーがすべてこのバスへ変わればセブの空気が格段に良くなるでしょう。

それとこのバスは渋滞の緩和へも貢献します。

セブのジプニーは日本のバスのように停留所がないので、乗客の合図に従いどこでも突然ストップして乗客を降ろし、また手を挙げていればどこでも乗客を拾います。

これが渋滞や事故を引き起こしている原因となっていますので、バスの発着場所が決まっているBEEPでは交通秩序が格段に向上します。

朝の通勤通学の様子。

外側から乗客の表情を見るだけでもその快適さがよくわかります。

桐原グローバルアカデミーではジプニーを生徒様へあまりお勧めしておりませんが、このバスだったら安心して乗れそうです。

次回は実際バスへ乗ったインプレッションをお伝えしたいと思いますので乞うご期待!

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

広告

【フィリピン豆知識】the Philippinesの最後に”S”が付く理由を知っていますか?

フィリピンの正式名称

フィリピンという国の正式名称は日本語では「フィリピン共和国」ですが、英語では以下の国名となります。

Republic of the Philippines

 

共和国:Republicの意味
現代の共和国は一般に、民主主義に基づき主権が国民に所有され、国民によって直接、もしくは間接に選挙によって選ばれた代表により行使される統治制度を取る。多くの場合、元首として大統領を置く。もっとも、このような政体を標榜しながら実態は独裁体制である場合も少なくないが、それでも建前上は民主主義を標榜していることがほとんどである。 参照元
2018年現在の大統領はロドリゴ・ドゥテルテ(第16代)は世界的にも有名な名物大統領です。
通常はRepublic ofを省いて「the Philippines」という名称が使われます。

国名なのに「the」が付く理由

フィリピンはポルトガル人探検家のフェルディナンド・マゼランの発見以来350年間スペイン統治下となり、当時のスペイン国王フィリップ2世の所有物という意味で「the philippines」と呼ばれ、植民地時代の名残でこのtheが付いたまま国名となりました。

最後にSが付く理由

なぜ国名の最後に複数形のSが付くのでしょうか?

その理由は島の多さです。
フィリピンには7109の島があり、フィリピン諸島という捉えられ方をしていました。
この多くの島々からなるフィリピン諸島という意味で最後にSが付きます。
                                                                      

Filipinoって何?

ところで、フィリピンという国を表す時はThe Philippinesなのに、たまにFilipinoという単語を目にすることがあります。

それはフィリピン人またはフィリピン人男性という意味です。

フィリピン人を表す表現を下記の通りまとめてみました。

フィリピン人の名称

  • Filipino フィリピン人全体またはフィリピン人男性
  • Filipina フィリピン人女性
  • Pinoy フィリピン人全体またはフィリピン人男性
  • Pinay フィリピン人女性

セブでの呼び方

  • Kuya クヤ お兄さん(実兄)または年上の男性に対する愛称
  • Ate アテ  お姉さん(実姉)または年上の女性に対する愛称
  • Dong ドン  年下の若い男性に対する愛称
  • Day  ダイ 年下の若い女性に対する愛称 
    ※DongとDayはセブを中心とするビサヤ地域で主に使われます

 

この情報がお役に立てたら幸いです。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。自己紹介記事はこちらです 

【沖縄目線】セブと沖縄は全然違います!by平良

こんにちは。

桐原グローバルアカデミーでインターンシップをしております平良です。

私が沖縄出身だと言うと「沖縄とセブの海ってどっちが綺麗?」とよく聞かれます。

日本なのに外国みたいな扱いをされる時もありますし、特に関東以北の方からすれば沖縄もセブもトロピカル繋がりで似たようなイメージがあるのだと思います。

今回は私が留学及びインターンシップとしてセブで半年間過ごした経験をもとに沖縄とセブがどれだけ違うのか整理してみました。

                        沖縄 vs セブ

パスポートが必要

東京の方がバカンスで沖縄へ行く場合にはパスポートは必要がありませんが、セブは当然パスポートが必要です。

沖縄は「パスポートがいらない南の島」ということが最大のアドバンテージだと自負しております。

フィリピンの場合、日本のパスポートを持っていれば29日間VISA無しで滞在できますが、セブに行くには絶対パスポートが必要だということが沖縄とセブの最大の違いですね。

沖縄には四季がある

常夏の沖縄というイメージがありますが、一応日本なので四季があります。
たとえば特に北海道あたりの方は沖縄に行けば年中泳げると思っているケースが多々ありますが、全然違います。
7月~9月頃が海のトップシーズンで10月に無理して泳いでいるのは観光客だけです。
ところで、セブは赤道に近いので本当に年中泳げます。
アイランドホッピングというイベントがセブらしさを満喫する定番で、空港のあるマクタン島からボートで30分ほど沖へ出ると綺麗なサンゴ礁の海が広がります。
そこでサンミゲルビールを飲みながら楽しく仲間と過ごすのはセブらしい楽しみ方だと思います。

沖縄もセブも時間にルーズ?

沖縄はのんびりした人が多い土地柄です。独特な時間感覚があるのは確かで、ウチナータイム(沖縄時間)という名前がついているようです。

しかし!

セブに来て分かったのが、セブのほうが沖縄より100倍のんびりしてます。

フィリピンにもフィリピン時間というものがあるらしいですが、フィリピンを自転車に例えると沖縄はまるで新幹線です。

共通項としてのんびりしている両者ですが、のんびりさにかけては沖縄はセブに完敗です。

豚料理が多い

沖縄とセブの共通点として豚料理が非常に多いことが挙げられます。

市場に行けばかぶり物のようなチラガーという豚の顔がぶら下っていて県外の観光客はびっくりします。

ミミガー(豚の耳)は、ピーナッツと混ぜて食べるのがポピュラーです。和えにして食べます。

セブの場合は豚の料理は非常にワイルドで、仔豚を丸焼きにして食べるレチョンバブイというのが名物です。

沖縄は空手をはじめ中国の影響が強いと言われています。
豚料理も琉球王国時代に中国との交易が盛んで、その影響もあり豚料理が根付いていったと言われています。
フィリピンも財閥は中華系が多く、料理も中華系の料理やお菓子が非常に目立ちます。
セブと沖縄の共通点は中国繋がりなんですね。

ジンベイザメ編

沖縄ではジンベイザメを見ることができます。
ただし水族館で。
セブはオスロブというところでジンベイザメと一緒に泳ぐツアーが有名で、私も当然行きました!
観るのと泳ぐのとは大違いで、これは絶対沖縄の友達に自慢できます。

マンゴ編

沖縄のマンゴは1つ500円以上する価格帯なのですが、セブではなんと1Kgのマンゴを120ペソ(240円)で買えます。
マンゴアレルギーの方には申し訳ない話ですが、ぜひセブ滞在中にマンゴを一生懸命食べたいと思います。

セブにはセブンイレブンがある

日本でコンビニエンスストアといえばセブンイレブンが有名ですが、実は沖縄にはセブンイレブンがありません。
私が滞在した桐原グローバルアカデミーのセブシティ校の隣にはセブンイレブンがあります。
はっきり言って最初に見た瞬間、圧倒的な敗北感を味わいました。

なぜ沖縄にはセブンイレブンがないのかという件ですが、沖縄県内の仕入れ流通ルートの採算性の問題でビジネスとして不向きだという結果が出ているようです。

しかし、セブには既にセブンイレブンが沢山あり、これは沖縄の友達には黙っていようと思います。

関連記事:【コバンザメ商法】Jollibee vs Macdo

最後に

フィリピンの特徴として「男性が怠け者で女性が勤勉」という事を聞くと「あ、それ沖縄みたいですね!」というのが一般的な反応ですが、個人的には沖縄の男の方が少しマシだと思います。

沖縄の名誉のためにセブで頑張ってアピールしたいと思います!!

この情報がお役に立てれば幸いです。

【プロフィール】平良 成宗
出身は沖縄で、セブへ来るまではプログラマをやっていました。英語が話せる人になりたいという憧れから留学を決意し、最初は留学生として2か月滞在し、インターンシップとなりました。これからセブの良さを皆様へ共有させていただきたいと思います。セブで好きな場所はパパキッズというジップラインのあるところです。

 

 

 

Cebu Parklane International Hotel

セブのシティホテルの代名詞となるほど昔から有名なホテルといえばCebu Parklane International Hotel(通称パークレーンホテル)。

濃いめの青いガラスが反射し遠くからでも非常に目立ちます。

エントランスを入った瞬間に広がるロビーは非常に広く、機能重視のビジネスホテルとは一線を画す優雅さが感じられます。

1階の案内 ロビー、コンビニエンスストア

レセプションを中心に、大規模レストランがあり、またカフェコーナーでは、ウォークインの利用者もインターネットを1日間(24時間)利用することが可能です。

客室及びホテル内でのインターネットの利用可能です。

ホテルのロビーにあるコンビニエンスストアではジュースやビール、スナック菓子やお土産が販売されています。

また、セブの観光名所を集めた模型は非常に完成度が高く、思わずのぞき込んでしまいます。

ツーリストの方にとっては非常にありがたい存在です。

1階 レストラン 朝食ブッフェ

ホテルらしい大規模なブッフェ式朝食会場ではサラダをはじめ各種料理やドリンクをお楽しみいただけます。

1階 レストラン ディナーブッフェ

宿泊客以外のウォークインの方も750ペソ(税込み)でご利用いただけます。
(宿泊客は100ペソ引き)

この値段でこれだけボリュームのあるブッフェは非常にお得です。

客室の案内

アヤラビューとマウンテンビューに分かれます。

こちらは桐原グローバルアカデミーのプレミアム校「パークレーンホテル宿泊プラン」の方にご利用いただいているお部屋です。

テレビはケーブルテレビで多数のチャンネルがお楽しみいただけます。

また日本の放送(NHK)もご覧いただくことができます。

エアコンは室外機と分離した静かなタイプです。

セブでは珍しい大きめの窓から入る光のおかげで部屋は明るく開放感が感じられます。

バスルームには各種アメニティーの他ドライヤーも設置されております。

洋式バスタブは一般的な日本人の方が利用する場合には必要十分な大きさです。

※現在リノーベーションが進められており、リノベーション後の客室はバスタブ設置が取り止めとなっています。客室が美しく蘇っており、生徒さんからの評判は上々です。USBポートが最大4つ設置されています。
アメニティ(石鹸、シャンプー、ボディシャワージェル、ボディーローション、歯ブラシ、シャワーキャップ、ヴァニティキット)。 

4階 プール、スポーツジム、レストラン

このホテルの大きな特徴とも言えるのがスポーツジムとプールの存在です。

セブの場合ホテルやコンドミニアムにジムとプールを完備しているところは多いのですが、とりあえず置いているという小規模のところが殆どで、パークレーンホテルほどの本格的ジムは珍しいです。

プールの隣に日本のビアガーデンを思わせるレストランがあります。

こちらは食べ放題のブッフェスタイルとなっており非常に人気で特に週末にかけて予約で満席になります。

エクササイズ後にこちらで食事という流れは最高ですね!

マッサージ

セブの醍醐味といえば格安で楽しめるマッサージ。

パークレーンホテルにもマッサージサービスがあり、客室までマッサージセラピストが訪問し、自室にてマッサージサービスを堪能できます。

立地とホテル機能のバランス

セブの中心地であるアヤラモールまで徒歩3分という立地で観光客からビジネスマンまで幅広く利用されています。

パークレーンホテルからプレミアム校への行き方の地図です。所要時間は徒歩2分程度です。

 

【周辺マップ】

とくにジムはわざわざセブ在住の富裕層もメンバーシップで利用するレベルですので、宿泊の際にはぜひ利用してみたいですね。

この情報がお役に立てたら幸いです。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

【フィリピン雑学】フィリピンのヤクルトのほうが15mlも沢山入っているんです!

Made In Japanという響きは東南アジア諸国では高級ブランドの代名詞にもなっていますが、フィリピンでもそれは同じです。

昔から現地で喜ばれる日本からのお土産で定番といえば日清のシーフードヌードルとチョコレート。

特に日本のチョコレートはブランド力が抜群にあります。

そんな感じで日本人が日常的に食べている食べ物でもフィリピンでは別格の扱いとなります。

贈答用のイメージの強い高級アイテムである日本のプロダクトですが、現地で生産され一般庶民の生活の中で日常的に購入されているものもあります。

今回はその代表例の一つであるヤクルトについてご紹介します。

日本をはじめ33カ国で販売されており、フィリピンでは1978年から販売開始されています。

Yakult was introduced in the Philippines in 1978.

フィリピンにおいてヤクルトの存在感は本家の日本よりも随分と大きいイメージがあります。

たとえば、10年ほど前ダバオ市のホテルに宿泊した時、朝食会場でヤクルトが山盛りに積んであったのを見て衝撃を受けました。

ヤクルト大好きフィリピン

スーパーマーケットやコンビニエンスストアでもヤクルトの占める面積は他の商品に比べて圧倒的に大きく、優先順位の高さがうかがえます。

冷蔵コーナーに置かずにそのまま常温で置かれているヤクルトもよく見かけます。

1パック5本入りで販売されており、セブのスーパーマーケットでは45ペソ(約100円)の値段になっています。

日本だと税込みで216円程度で販売されているようですのでフィリピンは日本の約半額です。

その分味が薄いとかいうことは無く、私の感覚だと全く同じ味だと思います。

しかし、ここで日本とフィリピンのヤクルトに大きな違いがあります。

なんとフィリピンのヤクルトのほうが15mlも多く入っています!

これを知っているマニアックな人は殆どいないのでチャンスです!

日本のヤクルトは65 ml入りですが、フィリピンは80 mlです。

たった15mlの話ですが、元の容量を考えると馬鹿にできません。

この瞬間、フィリピンに住んで良かったと思えてきました。

ついでに他の国のヤクルトの容量について調べてみました。

【65ml の国】
オーストラリア、日本、欧州、インド、インドネシア
【80ml の国】
北米、南米、フィリピン、韓国
【100mlの国】
メキシコ、タイ、シンガポール、台湾、中国、香港

日本よりフィリピンのほうが多く入っているとはいえ、物価差を考えるとフィリピンのヤクルトは現地では高級品だと言えるでしょう。

なんとフィリピンのヤクルトのほうが600億個も菌多く入っています!

生きて腸内まで到達し、腸内環境を改善する乳酸菌 シロタ株を、1本(65ml)に200億個含んだ乳製品乳酸菌飲料です。引用元

フィリピンのヤクルトに含まれる菌は800億個とパッケージにはっきり書いてあります。

800臆個の菌があれば1日8時間頑張れます。

ぜひ次回の留学の際には大きめのヤクルトを毎日飲んで英語レッスンに励まれてはいかがでしょうか。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

2018年9月18日遂にカレーのCoCo壱番屋がCebu初登場!

なんだか無性にカレーが食べたくなる時ってありますよね?

日本ならカレーショップも色々とあり、思いたったら吉日とばかり、すぐにカレーにありつくことが出来るのですが、セブではなかなかそうも行きません。

実はちょうど一年前からセブ市マボロ地区にあるBonifacio distroctという商業区域の1Fにオープン告知がされており、ずっと首を長くして待っておりましたがなかなか工事が進んでおらず個人的にとても心配しておりました。

しかし、遂にセブ初のカレーショップCoCo壱番屋が9月18日にオープンしました!

初日に行くと記念品の黄色いタンブラーが貰えると聞いていたので行列覚悟で頑張って行ってきました。

こちらは日本人の多い地域ですので、開店当日は日本人の行列を想像していましたが、以外にもフィリピン人客が7割程度を占めていました。

メニューの1ページ目にはサラダがドンと出てきます。

日本では普通の光景ですが、これだけサラダのバリエーションが多い店はセブでは珍しいです。

次にポテトや焼きカレーが出てきます。

3ページ目からカレーが出てきます。日本との違いは既にセット化されており、トッピングで細かく好みの調整するというやり方ではありません。

辛さの調整はありました。

オープン初日ということもあり、その日は奮発してメニューの中で2番目に高いポークカツオムレットをオーダーしましたが、15分程で出来上がってきました。

所要時間は日本とほぼ同じです。フィリピンでこのスピード感は驚異的です。

日本人のマネージャさんが2名で現場管理をしていましたので、なんだかまるで日本の店にいるような感じでした。

ちゃんと福神漬けもあります。何年も食べていないので心にしみます。

味のほうはハッキリ言って100点!!

ライスの炊き方、カツの触感、カレーの味すべて日本と同じだと感じました。

気になるお値段ですが、私が食べたものは360ペソです。

会計の際に加算されるサービスチャージ10%を含めるとちょうど日本と同じ程度になります。

セブで本格的な日本の料理を食べると日本で食べるよりもむしろ高くなってしまう傾向にありますので、ある意味良心的な価格だと思いました。

本来の目的のタンブラーも無事にゲット!

場所はこちらです。

タクシーで行くときは「Bonifacio district at Mabolo F Cabahug street 」(ボニファシオ ディストリクト アット マボロ エフ カバホッグストリート)というと通じると思います。

もし万が一通じないときはタクシーを乗り換えてください。。。

アヤラモール付近からタクシーで15分程度の距離です。

セブ留学の際、どうしてもカレーが食べたくなったらぜひセブのココイチへ。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

 

 

 

 

 

フィリピンで買う「あきたこまち」ハウマッチ?

フィリピンで買う日本製のものは日本のオリジナル価格のだいたい2倍強の値段で売られているものが多いです。

フィリピンの物価は日本の1/3-1/5という情報が一般的ですが、実際日本人が妥協できるレベルで衣食住を揃えると日本とほぼ同じかそれ以上になってしまうのが現状です。

私の知り合いのセブ在住の日本人の方の多くがこだわるのが米です。

野菜に関しては諦めています。

そもそもフィリピン人の食生活にVEGETABLEという文字はほぼ無関係なのでニーズの問題から品質改良をされる気配は感じられません。

先日、私がメンバーになっているS&Rという大型スーパーへ行ったときに「あきたこまち」を発見しました。

ここは日本のコストコと全く同じようなシステムの店で、品揃えも似ています。

インポート物はその在庫が終われば終了という売り方をされますので欲しい時に迷わず買わなければなりません。

10kgで1550ペソ(3300円)です。

日本であきたこまちは10kg幾らで売られているのでしょうか。

海外で売られている「あきたこまち」と三重県産のあきたこまち新米を比べて一喜一憂しても仕方がないとは思いますが、日本よりフィリピンのほうが安ということ自体かなり衝撃的なことです。

その理由は、ひょっとしてフィリピン産の「あきたこまち」だったというオチがあるかもしれませんね。。。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです