【在住者が語る】セブ島の美しいビーチ情報「ホワイトビーチ」モアルボアル

セブに行ったらビーチでインスタでしょう!!

前回は超絶なシュノーケリングが楽しめるペスカドール島の情報ウミガメと泳いげるポイント情報を掲載しましたが、今回はセブらしい魅惑の白砂ビーチ情報です。

トロピカル感溢れるセブ島南西部エリアに位置するモアルボアルではウミガメや熱帯魚が豊富にみられる自然が広がります。

実はここには皆さんがセブをイメージする白砂のビーチが広がります。

その中で最も広大で絶景なのはBasdaku(バスダコ)という地域にある「ホワイトビーチ」です。

インスタ映えお約束!

50m先までは遠浅で突然深くドロップオフします。

日焼けフェチの西洋人カップルが目立ちます。

こちらへは旅行会社が手配するツアーで行くのもありですし、旅慣れた方は個人で出かける方もいらっしゃいます。

【モアルボアルへ行き方】

セブ市のエリザベスモール(通称e mall)そばのSouth bus terminalからモアルボアル行のバスへ乗ります。

バス代は片道300円程度。

この黄色いバスで(Moalboal)というフロントガラスに掲示された行先が目印です。

片道3時間半程度かかりますが、山越えして行くのでセブ島の山の景色も楽しめます。

モアルボアルで最もにぎやかなホセリサール像付近で下車します。

地元の人はハバルハバルというバイクタクシーに乗っていますが、マフラーで火傷したりする事故もありますので、サイドカーのトライシクルの方がおすすめです。

しかし、交渉にはそれなりの英語力が必須です。

行先を伝える→日本人価格を提示される→交渉し40%オフ程度まで粘る。

こう言った冒険も留学の楽しみではありますが、提携の旅行会社もありますので、下記のバナーよりお気軽にお問合せください。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

広告

【セブ在住者情報】留学だけではもったいない!超絶「ペスカドール島」をめざせ♡

ウミガメで有名なセブ島南西部のモアルボアルですが、もっと凄いスポットがあります。

ウミガメ関連記事はこちらからご覧いただけます。

それは「Pescador Island (ぺスカドール島)」です。

岸から沖合に見える宇宙船のような形をした島ですが、モアルボアルの付加価値をグンと高めているのはまさにこの島であると言えます。

ここはダイビングするには最高なのですが、今回はシュノーケリングでどれだけ楽しめるのか試してみたいと思います。

島へ近づくと浅瀬になりボートの上からでも熱帯魚が透けて見えます。

急速に期待感が高まります。

早速シュノーケリングセットを装着しボートから海へ入ると既に「うぉ!」と思わず唸ってしまうほどの別世界が広がっていました。

これぞ天然のアクアリウム。

私のフィリピン生活の中で経験した海の中でも本当に最高のポイントです。

※桐原書店との提携先ツアー会社もございますので、下記のバナーよりお気軽にお問い合わせください。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

【セブ在住者情報】世界最高のダイビングスポット「モアルボアル」シュノーケリングでもウミガメ遭遇率100%

2018年末から2019年の元旦にかけ、セブ島の南西部に位置するMoalboal(モアルボアル)へ出かけてきました。

ここは世界最高のダイビングスポットとして世界中からダイバーがやってきます。

桐原グローバルアカデミーのお客様の中でもダイビングが趣味の方で週末を利用してダイビングしてこられる方もいらっしゃいますが、昨年潜られた方で「今まで潜って来た海は一体なんだったのか!」と感動混じりのため息をつかれた方もいらっしゃいました。

私も昔は一応ダイバーの端くれだったのですが、今回は家族連れだったのでシュノーケリングを楽しむことにしました。

ウミガメのポイントはビーチサイドから50m程度のところから急に落ち込んで深くなります。

その境界あたりにウミガメがいますのでシュノーケリングでも簡単に遭遇できます。

今まで何度もモアルボアルへ出かけましたが今のところ遭遇率は100%!です。

ウミガメは保護色になれるサンゴや岩の隙間に潜んでいますので目が慣れるまで発見が難しいのですが、今回は落ち込みの手前の水深8mほどのところにうごめいていました。

かなり分かりにくいですが下の写真の真ん中やや右側をじっくりご覧ください。

次の写真はもう少し分かり易いアングルです。

タンクやイクイップメントが無くても10m位なら普通に潜れます。

ウミガメに気が付かれないように静かに潜水開始。

フフフ、至近距離まで近づいてもこちらの気配にはまだ気が付いていないようです。

完全に周りの色と同じで保護色ですね。

撮影しているとこちらへ気が付いて嫌になったのか浮上を開始しました。

     

このウミガメは直径40センチ位でわりと小ぶりです。

後ろから見ると宇宙船のようですね。

暫らく水面から顔を出して呼吸をしていました。

一息つくとまた元の場所へ戻って行きました。

モアルボアルへの行き方

ツアーでも個人でも行けますが、平均的にセブ市から3時間半前後で到着します。
CarCar(カルカル市)までセブ市から道なりに海岸線を南下し、それから山を越えて反対岸へ出ます。これからさらに南下しMoalboalへ到着です。

個人で行く場合はセブ市のSouth Bus Terminalから黄色いバスが出ていますのでこちらで行けます。

※桐原書店との提携先ツアー会社もございますので、下記のバナーよりお気軽にお問い合わせください。

ペスカドール島の情報はこちらからご覧いただけます。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

Cebu Parklane International Hotel

セブのシティホテルの代名詞となるほど昔から有名なホテルといえばCebu Parklane International Hotel(通称パークレーンホテル)。

濃いめの青いガラスが反射し遠くからでも非常に目立ちます。

エントランスを入った瞬間に広がるロビーは非常に広く、機能重視のビジネスホテルとは一線を画す優雅さが感じられます。

1階の案内 ロビー、コンビニエンスストア

レセプションを中心に、大規模レストランがあり、またカフェコーナーでは、ウォークインの利用者もインターネットを1日間(24時間)利用することが可能です。

客室及びホテル内でのインターネットの利用可能です。

ホテルのロビーにあるコンビニエンスストアではジュースやビール、スナック菓子やお土産が販売されています。

また、セブの観光名所を集めた模型は非常に完成度が高く、思わずのぞき込んでしまいます。

ツーリストの方にとっては非常にありがたい存在です。

1階 レストラン 朝食ブッフェ

ホテルらしい大規模なブッフェ式朝食会場ではサラダをはじめ各種料理やドリンクをお楽しみいただけます。

1階 レストラン ディナーブッフェ

宿泊客以外のウォークインの方も750ペソ(税込み)でご利用いただけます。
(宿泊客は100ペソ引き)

この値段でこれだけボリュームのあるブッフェは非常にお得です。

客室の案内

アヤラビューとマウンテンビューに分かれます。

こちらは桐原グローバルアカデミーのプレミアム校「パークレーンホテル宿泊プラン」の方にご利用いただいているお部屋です。

テレビはケーブルテレビで多数のチャンネルがお楽しみいただけます。

また日本の放送(NHK)もご覧いただくことができます。

エアコンは室外機と分離した静かなタイプです。

セブでは珍しい大きめの窓から入る光のおかげで部屋は明るく開放感が感じられます。

バスルームには各種アメニティーの他ドライヤーも設置されております。

洋式バスタブは一般的な日本人の方が利用する場合には必要十分な大きさです。

※現在リノーベーションが進められており、リノベーション後の客室はバスタブ設置が取り止めとなっています。客室が美しく蘇っており、生徒さんからの評判は上々です。USBポートが最大4つ設置されています。
アメニティ(石鹸、シャンプー、ボディシャワージェル、ボディーローション、歯ブラシ、シャワーキャップ、ヴァニティキット)。 

4階 プール、スポーツジム、レストラン

このホテルの大きな特徴とも言えるのがスポーツジムとプールの存在です。

セブの場合ホテルやコンドミニアムにジムとプールを完備しているところは多いのですが、とりあえず置いているという小規模のところが殆どで、パークレーンホテルほどの本格的ジムは珍しいです。

プールの隣に日本のビアガーデンを思わせるレストランがあります。

こちらは食べ放題のブッフェスタイルとなっており非常に人気で特に週末にかけて予約で満席になります。

エクササイズ後にこちらで食事という流れは最高ですね!

マッサージ

セブの醍醐味といえば格安で楽しめるマッサージ。

パークレーンホテルにもマッサージサービスがあり、客室までマッサージセラピストが訪問し、自室にてマッサージサービスを堪能できます。

立地とホテル機能のバランス

セブの中心地であるアヤラモールまで徒歩3分という立地で観光客からビジネスマンまで幅広く利用されています。

パークレーンホテルからプレミアム校への行き方の地図です。所要時間は徒歩2分程度です。

 

【周辺マップ】

とくにジムはわざわざセブ在住の富裕層もメンバーシップで利用するレベルですので、宿泊の際にはぜひ利用してみたいですね。

この情報がお役に立てたら幸いです。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

【インターンシップ日記 太田】セブのレジャープールってどんな?Cebu Westown Lagoon編

こんにちわ。
インターンシップ生の太田です。
今回は庶民の憩いの場として知られるCebu Westown Lagoonに行って参りました。
場所はセブシティ校と空港のちょうど中間付近にあるマンダウエ市というところです。
このあたりは海岸沿いを中心に急速に開発が進んでいる地域ということです。
ここはホテルとプールが一体型の施設で雰囲気はかなり良く、入場料も400ペソとかなりリーズナブルでした。
cebuwestown lagoon
プールは全部で4つありまして、1つ目がドラゴンと城の建造物があるプールです。このプールはすごく浅いので泳ぐというよりは写真を撮ったり寛ぐためのプールといった感じでした。
2つ目が子供たちが遊ぶ遊具があるプールです。子供連れの家族がわんさか遊んでいました。
3つ目が結構深さがある大人向けのプールです。このプールにはウォータースライダーがあり、大人も子供もみんな滑っていました。
僕も滑ってみたのですが、かなりスピードが速く着水するまでに体のいろんな部位をぶつけてしまいました。
最後のプールは温水ジャグジープールでした。非常に心地よい温かさで冷え切った体を暖めてくれました。なんだか日本の温泉を彷彿させます。
PB012652
夜になるとLEDライトが点灯し、ナイトプールへと切り替わります。
すると一気に大人の雰囲気になります。
今回のプールを個人的に評価するとしたら星4つってとこですね!
いろんな種類のプールがあったのは良かったですが、大人の僕としてはもう少し大人が楽しめるアトラクションが欲しかったところです。
しかし、お子さんのいる家族連れで来るには最適なスポットですよ!

【プロフィール】太田雄樹
沖縄出身の元コンピュータプログラマです。英語が話せると憧れの米軍基地内で働けるという特殊な環境で生活していましたので、英語へのモチベーションを持ち続ける自信があります!応援よろしくお願いします。

 

【外国人御用達】Jセンターモール:セブで最も国際色豊かな場所 

アイデアで勝負:Jセンターモール

 

前回の記事では、セブの主なショッピングモールを一覧化してご紹介させていただきました。こちらからご覧いただけます

そして、今回は我々セブに住む外国人とは密接な関係のあるJセンターモールについて少しご紹介させていただきたいと思います。

ここは2011年11月11日にオープンした中規模のショッピングモールです。

場所は、マンダウェイ市にあり、プレミアム校のあるMJホテルと空港の中間地点にあります。

こちらは東急インと連結し、屋上にはなんとレジャープールも完備。

そして、日本人の利用も比較的多く、日本人経営の高級美容室もあります。

移民局誘致で大成功

 

最大の特徴はこの建物の中にフィリピン政府の機関である移民局(イミグレーション)があるということです。

セブ中の外国人が集まってきます。

たとえば日本人の場合、30日までは観光でも留学でもVISAは要りませんが、30日を過ぎてしまうとイミグレーションで発行されたVISAが必要になります。

※sspとVISAは別です

ここへ行くと実に様々な国籍の外国人を見ることができます。

たとえばインド系やパキスタンの人は医療系の学生が多いですね。

最近の傾向として、セブの外国人分布割合の変遷からすると、台湾人や中国人が激増しています。

2015年、Jセンターモールがイミグレーションを誘致したのは大成功で、一気にここを訪れる外国人が増え、周辺の店の売り上げ貢献することになり、このショッピングモールの付加価値は一気に高まりました。

利用者にとっても大変ありがたく、以前は物凄く辺鄙な場所にあり、あそこへ行くのは一種の拷問でした。。。

陸運局(LTO)の誘致効果

それと、最近では陸運局を誘致しました。

ここは日本だと運転免許センターで、免許の更新で多くのフィリピン人がやってきます。

最近フードコートを大規模にリリースし、その一角に運転免許センターがあります。

セブの場合、運転免許の更新は実に丸一日作業で、そのおかげで朝昼夜の食事はそのフードコート済ませることになります。

このシステムって頭いいですね!

こだわりのフードコート

一言でいうと、メルヘンです。

そして、突き抜ける青空とそびえる樹木が特徴です。

ここはマカオかテーマパーク?

ちょっとフィリピンのフードコート離れした雰囲気があります。

ここは日本の博多ラーメン一幸舎のラーメンが99ペソで食べれます。

その隣にコロッケ屋もあり、ちょっとした日本屋台村な雰囲気です。

そして、フードコートにはこだわりのコーヒーショップがあり、またの機会にスポットとしてご紹介したいと思います。

東横インが連結

「え!セブに東横イン?」

留学のお客様を空港から学校までお連れする際にJセンターモールの脇を通ることがありますが、その際に必ず驚かれるのが、東横インの存在です。

セブの東横インの特徴はJセンターモールと連結しているという点です。

ドラッグストア、スーパーマーケット、衣料品、パソコンショップ等あらゆる物がここで揃いますので、かなりお得です。

そして、レジャープールもあり、子供連れのツーリストにはかなり嬉しい要素です。

 

ドクターフィッシュ

もうひとつの隠れた名所が、ドクターフィッシュです。

ショッピングモールの中ではなく、駐車場の入り口付近にあります。

日本でも、温泉等で利用した事がありますが、こちらの魚は怖いくらいデカいです!

ストレス発散に効果があるとお店の方が言ってますが、それは魚にとっての話かもしれません。。。

セブでアンパン

最後に、もう一つお店を紹介します。

オールシーズン台湾ベークショップ。

Jセンターモールに行った際は必ず買って帰ります。

ここのアンパンはセブで一番です!

これが、絶品のアンパンです。出来立ての温かいのは本当に美味しいです。

1階のメインエントランスから最も遠い、一番奥のテラスサイドにあります。

ちなみに経営は台湾人です。

アンパンは1つ30ペソですが、2つ買うと1つおまけでもう一つ貰えるシステムです。

したがって、実質は1個20ペソとなります。

ひとつずつ、袋に入れてくれます。

ショーケースの殆どのパンがBuy2、Take1ですので3の倍数で購入しましょう。

余った際は、引き受けますよ(笑

 

いかがでしたか?

ここは、映画館もあり、非常にユニークで満足度の高いショッピングモールです。

ぜひ留学の際に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

【プロフィール プレミアム校 山川】


日本では25年間ITエンジニア一筋でやってまいりました。海外出張に行く度にどんどん興味が膨らみ、ついにはセブに移住しました。ぜひ皆さんとセブの楽しさを共有できたら嬉しいです。

 

 

【素敵で楽しいプール情報】Montebello Villa Hotel モンテベロ ヴィラ ホテル

セブ島留学といえども、主たる目的は英語のレッスン。

月曜日から金曜日は学校にこもり、ガッツリと英語漬けにならざるを得ませんね。

だから、待望の週末には思い切り羽を伸ばしましょう。

留学の週末アクティビティーで人気なのが、マクタン島のリゾートホテルでのデイユース。

海辺の高級リゾートホテルへ行き、プールサイドに身を横たえながらトロピカドリンクを飲むと、ようやく自分が南国セブにいるんだと実感できます。

しかし、セブ市内からリゾートホテルまで土曜日だと1時間以上かかってしまいます。

「どこか近場のプールサイドでのんびり出来るところはありませんか?」

そんな方へぜひおすすめしたいホテルがあります。

Montebello Villa Hotel

ここはセブ市のバニラド地区にあり、ロケーションは街の真ん中ですが、中へ入ると立派なシティーリゾートです。

セブでは珍しい本格的25mプールがあり、それを取り囲むようにレストランや宿泊部屋があります。

中のデザインはちょっと古風なヨーロピアンな雰囲気です。

肝心なWIFIもちゃんとあります。

プールやレストランは宿泊者以外もデイユースとして利用できます。

2018年3月時点での利用料

月~金 大人500ペソ(うち250ペソは飲食可)
土日祝 大人600ペソ(うち350ペソは飲食可)

利用料はレストランのところにあるカウンターで先に支払います。

早めに出てここでわざわざ朝食とコーヒーを飲むのもいいかもしれませんね。

場所と行き方

タクシーの運転手にバニラッドのモンテベロホテルと言えば99%通じます。

もし万が一ダメならガイサノ カントリーモールの裏というキーワードを追加してみてください。

キャピトル付近から30分、アヤラ付近から20分程度で到着できます。

地図はこちらです。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです