【海外生活者が語る】一生使える英会話の技術『30秒自己紹介を5つ作ろう』

自己紹介を5つ丸覚えする

10年前は英会話ロービギナーだった私ですが、今では英語を話しながら生活をしております。

一般的な日本人として今まで取り組んだ中で絶大な効果があった英会話トレーニング法をご紹介したいと思います。

それは自己紹介の丸暗記です。

TOPに応じてスイッチングできるように5種類作ります。

各パート30秒で十分です。

通常自己紹介といえば、名前から始まって年齢、出身地、出身校、仕事内容、趣味等、個人情報に関することをイメージされますが、ここで言う自己紹介とは初めて出会った外国人と3分以内に話す内容全般です。

私の自己紹介カテゴリー

  1. 個人情報(名前、年齢、国籍、出身地等)
  2. なぜ(何をしに)フィリピンへ来たのか?
  3. フィリピンに初めて来た時の第一印象(カルチャーショック)
  4. 日本とフィリピンの大きな違い
  5. 今後フィリピンでどんなことがしたいか

実は私の場合、英語よりも先に現地語のビサヤ語を1年ほどかけ、我流でなんとか日常会話ができるようになりました。

そしてビサヤ語を身につけたやり方をそっくりそのまま英会話のトレーニングに応用しました。

まず、ビサヤ語に関してですが、世界的に見てもマイナーな言語を勉強しようと思ってもまず参考書や練習問題集はありません。

セブでビサヤ語を習いたいという外国人のニーズも少ないので語学学校もありません。

やれることはただ一つ。

見よう見まねで何とか『話せるフリ』をすることです。

これはまさに「マネる→マナぶ」に繋がるという実体験へと繋がりました。

私が下宿していた山奥(セブ市とタリサイ市の間)の集落では日本人を直接見た事がない人が大半だったのでとても珍しがられて村人たちが見物にやって来ました。

そして、家の人が外出するときは「珍しい下宿人」として私も連れ出され紹介されました。

ほぼ会話ができない状態で紹介されても握手と愛想笑い以外なすすべもありませんでした。

毎回会った人への握手と笑顔だけではちょっと辛かったので、10秒程度短い自己紹介を教えてもらい丸覚えすることにしました。

それがすべての始まりです。

スペリングも文法的な理解も全く分かりませんでしたが、その謎の自己紹介をビサヤ語ですると大ウケです。

正真正銘の日本人がいきなりビサヤ語で話し出すと大喜びされます。

そうやって10秒単位で言えるセンテンスをつなぎ合わせながら喜ばれる自己紹介を増やしていきました。

だんだん冗談も言えるようになりました。

たとえば「フィリピン航空の中で飲んだオレンジジュースはただの砂糖水だった」いう冗談はけっこうウケました。

最終的にTPOに応じて使い分けられるように自己紹介を5カテゴリーに整理しました。

英語でも全く同じことをやりました。

2年後に住み慣れた山を降りて知り合ったカナダ人の友人とほぼ毎晩ビールを飲みに繰り出しましたが、彼が呼んだ友人達に私が紹介されるという場面がよくありました。

友人達はアメリカ人やオーストラリア人の英語ネイティブでしたが、お決まりの30秒で言える自己紹介のおかげで最初の30秒だけは持ちこたえることができました。

私の経験上最初の30秒だけ対等に立ち向かえることができれば、あとは流れで何とかなります。

しかも最初の30秒で大体の英語力が査定されますので「wow great!」と褒められます。

質疑応答トップ5

  1. 国籍について
  2. 日本のどこから来たのか?
  3. フィリピンには何しに来たのか?
  4. フィリピン人のワイフはいるのか?
  5. 日本に忍者はまだいるのか?

初めてあった外国人から聞かれることは傾向が決まっているので上手に答えられるように徹底的に練習しておきます。

とくに2番目の質問に対する答えとして用意するのは故郷長崎のことです。

歴史的に有名なのが「原爆」についてです。

「長崎と広島」は国際的にかなり有名な地名で、私が長崎で生まれ育ったということを説明する際に必ず「原爆で有名な」という説明をするようにしておりました。

もし万が一相手がなかなかこちらが用意した話題に触れて来なかった場合は強引にこちらからその話題の方へ誘導します。

本当はたった30秒分しか用意していないのに、相手は私が英語が上手いと勘違いし褒めます。

留学の際にはぜひこの自己紹介5種類を完成させて身につけることをお勧めします。

1 講師に自己紹介文をチェックしてもらう。

2 チェック及び修正後に講師に音読して貰いスマホで録画する。

3 放課後、録画した動画を観ながらオーバーラッピングまたはシャドーイングを繰り返し講師の話すイメージをそのまま自分の中でコピーし覚える。

4 授業開始時に毎回ウォーミングアップとして覚えたフレーズをチェックしてもらう。

5 学校の外で実践してみる。(ホテルスタッフ、カフェのスタッフ等)

一生使える技術

前述にも触れましたが、海外で英語を話しながらかれこれ10年以上生活しておりますが、実はいまだに初期の頃に丸覚えした自己紹介のセンテンスを単語を入れ替えながら使っております。

自己の経験からも英語での自己紹介の達人になる事は今後の英会話力のプラスになると信じております。

一生使える技術なのでぜひ取り入れてみてください。

参考になれば幸いです。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

広告

セブ留学おすすめ最強のアプリ『Grab 』フード編・注文ボタン押してわずか9分で吉野家の牛丼が配達された

常夏のセブ島でも一層熱いサマーシーズン。

とくに今年の夏はエルニーニョでかつて経験したことが無いほどの暑さです。

こう暑くてはお昼にランチを取りに外へ出るのも非常に勇気が要ります。

そういう時の強い味方をご紹介させていただきます。

『Grab』というアプリのfoodサービスです。

以前のブログ記事で留学前にインストールしてくるべきおすすめアプリということでご紹介させていただいたのですが、その時は個人タクシーを呼ぶサービスでした。

こちらをご覧ください。

GrabのFoodサービスは提携店から食べ物を配達してくれます。

値段はお店で食べる値段よりも若干高いのですが、10%以下なので気になるほどのものではありません。

Grab foodのオーダー方法

☆ステップ1 アプリを起動

☆ステップ2 Foodを選択

☆ステップ3 提携店一覧から店を選択

日本の吉野家もあります。

なんだか急に牛丼が食べたくなりました。

お腹が減っているので「Beef Gyudon Rice Bowl(Large)牛丼大盛り」にします。

207.90というのはGrab foodのオリジナル価格です。

お店で食べる金額より10%程度高いですが、暑い中汗かきながら出かける思いをすれば有難いです。

☆ステップ4 見積もりを確認しオーダー

配達費を入れて総額P256という見積もりが出ました。

もしこれで良ければPlace Orderという緑のボタンを押します。

☆ステップ5 ドライバー検索

ここは自動で検索されますのでドライバーが選任されるのを待ちます。

 

☆ステップ6 ドライバーとメッセージを交わす

Rommel Tabasaさんというドライバーが選ばれました。

緑の「Send」ボタンを押すと自動的にテンプレートテキストがドライバーへ送られます。

ドライバーから「K」という謎の文字が送られてきましたが、これは「OK」の略でセブでは一般的です。

より詳しい配達場所をドライバーへ伝えたい時には追加でメッセージを入れます。

セブシティ校のあるAsia Light Hotelへ配達してもらうのでホテル名と詳細を入力しました。(赤枠の部分)

☆ステップ7 ドライバーが店へ到着

 

ここはCloseボタンで閉じて大丈夫です。

もし何か細かい指示があれば緑のボタンから追加メッセージを入れます。

☆ステップ8 ドライバーが店でオーダー完了

ステップ9 オーダーした料理を配達開始

 

☆ステップ10 ドライバーの現在地を確認

☆ステップ11  そろそろ到着します

☆ステップ12 わずか9分で到着!!

 

Grab food service from Yoshinoya

最近見た笑顔の中で最高です。Salamat kaayo.(大変ありがとう)。

総額で256ペソでしたが、300ペソを渡しておつりは彼へのチップということにしました。

オーダーしてわずか9分で届いた超特急大盛り牛丼。

日本の吉野家と味は変わりません。

 

Grab foodまとめ

今回は吉野家から牛丼の大盛りを注文することに決めて実際オーダーボタンをおしてからドライバーが到着するまでわずか9分でした。

昼休みという限られた時間の中で手っ取り早くしかも楽にランチにありつけます。

ポイントは極力現在地から近いお店から選ぶことです。

また超人気店から料理を選んでしまうとオーダーして料理が出来上がるまでに時間がかかってしまうのでそこの見極めも大切です。

「Grab food」は「Grab」という配車アプリの追加サービスで、ほかにもデリバリー(書類や雑貨の配達)も行っています。

そのうち「Grab」のサービスにマッサージの配達なんかも登場しそうな予感がします。

人気関連記事:【フィリピン留学準備編】絶対に日本でインストールしてくるべし!渋滞の救世主「GRAB」アプリ

この情報がお役に立てたら幸いです。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

【通じないカタカナ英語】留学の前に絶対に知っておいたほうが良い「英語での国名」

語学留学の出発前に頭へ入れておいた方が良い知識は沢山ありますが、英語での「国名」もその一つです。

日本人留学生は当然ですが日本のパスポートを持って渡航します。

実は日本のパスポートは2018年10月9日に発表された「パスポートランキング」で一位になりました。

何が世界一なのかと言えば、「VISAなしで行ける国の多さ」が世界一ということです。

フィリピン人にとって日本のパスポートは憧れの対象。

日本人は世界中を自由に旅しているというイメージを持たれていますので、以下のような質問がよく行われます。

今まで行った国の中で一番よかったところはどこ?
What is your favorite country you’ve ever been to ?

旅の経験が話題になった時に日本語のカタカナで表記されている国名が意外と通じません。

例えば私の場合、15年ほど前にウクライナという国に1か月間滞在したことがあるのですが、その時の経験を英語で話した時に「ウクライナ」では全く通じませんでした。

カタカナで書いてあるからてっきり英会話で使っても大丈夫だと思っていたのでショックでした。

ウクライナは英語ではUkraine(ユークラインまたはユークレイン)。発音記号/juːˈkreɪn/

「ウクライナ→ユークライン」と全く違う国のようです。

ちなみに、アメリカの正式な国名は「United States of America」ですが、実際は略称で呼ばれることのほうが多いです。

フィリピンではアメリカを「The states」や「The U.S.」という略称で呼ぶのが一般的です。

その他、私が経験した通じなかった「国名」をいくつか挙げてみたいと思います。

・ドイツ(ジャーマニー)
Germany /ˈdʒəːməni /

・イタリア(イタリー)
Italy /ˈɪtəli /

・イギリス(ユナイテッド キングダム/ユーケー)
United Kingdom(UK) /jʊˌnaɪ.tɪd ˈkɪŋ.dəm/

・オランダ(ザ ネィザーランズ)
The Netherlands /ˈnɛðələndz /
もしくは(ホーランド)
Holland /ˈhɒlənd/

・スイス(スウィッアーランド)
Switzerland /ˈswɪtsələnd /

・ギリシャ(グリース)
Greece /ɡriːs/

・トルコ(ターキー)
Turkey /ˈtəːki /

・ベルギー(ベルジェム)
Belgium /ˈbɛldʒəm /

・アルゼンチン(アルジェンティーナ)
Argentina /ˌɑː.dʒənˈtiː.nə/

・インド(インディア)
India /ˈɪn.di.ə/

まとめ

上記のものはあくまで英語での表現ですので、日本のカタカナで表記されている国名の方が実際にその国の人が呼んでいる国名と同じ発音だったりもします。

自分が訪れた国の英語での正しい国名と発音が分かったら、その次のステップとしてはその国を訪ねたときの印象や印象に残った出来事や食べ物を英語で説明できるように練習しておくとさらに良いですね。

こういった自分の体験談も立派な自己紹介の一部となりますので一度身に着けたら一生使えます。

ちなみに私の場合、フィリピン航空で初めてフィリピンへ来た時の印象は機内で出てきたオレンジジュースがただのオレンジ色した砂糖水だったことや、フィリピンの上空からみた建物の屋根がすべてオレンジ色に見えたことなどを自己紹介の一部へ組み込んで練習しました。

この情報が皆さまのお役に立てたら幸いです。

桐原グローバルアカデミーの公式ホームページへ

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです