山崎式TOEIC リスニングの勉強法(Part3の攻略)

リスニングの勉強法(Part3の攻略)

パート2はこちらからご覧いただけます。

Part3は2人か3人の会話を聞いて、設問に答える問題です。

1つの会話につき3つの設問が用意され、全部で39題とリスニングパートでは、1番問題数が多くなっております。

設問は大きく分けて下記2パターンです。

1つは全体を問う問題、もう1つは詳細を問う問題です。

全体を問う問題は、各会話文の最初の設問にある場合が多く見受けられます。

会話の場所や会話の目的や会話の状況等が尋ねられます。

例えば以下のような設問がよく出て参ります。

“この会話はどこで行われていると考えられますか?”
“女性はどこで仕事をしていると考えられますか?”
“男は何をしたいと思ってますか?”

詳細を問う問題は、
“男性の問題は何ですか?”
“女性は明日の午後何をしますか?”
“女性は男性に何をするよう提案していますか?”

といった問題で、会話文の中に当然出てきます。

だから、Part3に関しましては、会話文が流れる前に必ず設問と選択肢を読んで下さい(Part4も共通)。

そうすれば、ピンポイントで待ち伏せができ容易に解答ができるかと思います。

また、先読みすることによって、あらかじめ話の内容が推測できます。

会話文が終わり解答に迷った場合は、最低限設問だけでも先読みして下さい。

1番悪いのは、ある問題に手こずり解答している間に次の会話が始まり、そのまま後手後手になってしまうことです。

聞き逃してしまった問題に未練は残さず、次の問題に集中することが肝要です。

Part3でもう1つ重要なことですが、TOEICはよく言い換えが出てくるのですが、Part3も言い換えがよく出て来ます。

例えば、会話文では book で出てきたが、設問中では reserve と言い換えて出てくるような形ですね。

下記に、よく出る言い換えの表現単語をまとめてみました。

call   ー contact
reshedule ー change appointment
check  ー review
keep   ー keep
sign up ー register
know   ー recognize
distribute - pass out

以上、先読みと言い換え表現を覚えて頂ければ、TOEICリスニングパートの点数アップはかなり望めるかと思います。

【プロフィール】山崎 弘宣

大学を卒業した後、旅行会社で13年働き、NYとセブで英語を学んだ後、セブの病院で3年間働いておりました。1度日本に戻ったのですが、セブが忘れられなくて、このたびセブに戻ってまいりました。
趣味は、ボクシングです。宜しくお願い致します

広告

山崎式TOEIC リスニングの勉強法(Part2の攻略)

今回はTOEICリスニングのPart2の攻略についてです。

パート1はこちらからご覧いただけます。

Part2は25問でこのパートは、耳だけを使うパートとなっておりますが、選択肢は他のパートと違い3つだけです。

設問文は以下、6つの出題パターンとなります。

1. Yes-No疑問文
2. WH疑問文
3. 否定疑問文
4. 選択疑問文(2つのものを相手に選択させます)
5. 付加疑問文
6. 平叙文

Part2に関しましては、全て共通しておりますが、最初の1語は絶対に聞き取って下さい(よく、What と Why や When と Where が聞き取りにくいと伺います)。

逆にこの最初の1語が聞き取れなければ、分からなかったり迷ったりします。

実力がつけば、全文聞き取ることが望ましいのですが、それまでは最初の1語を特に集中して聞けば、ある程度答えられるかと思います。

あとは、いくつかのルールを組み合わせればPart2はある程度の点数は望めるかと思います。

例えば、2のWH疑問文の選択肢では、YesやNoで始まる選択肢は正解にはなりません。

また、orが含まれる選択疑問文もYesやNoで始まる選択肢は正解にはなりません。

そして、これはPart2全てに共通してますが、設問文に出てきた語句と同じ単語が入った選択肢はほぼ正解にはなりません(引っ掛け問題です)。

だから、設問文と同じ語句の選択肢は選ばないようにして下さい。

さらに、疑問文の主語の人称と疑問文の時制に注意して頂ければと思います。

あと、迷った場合等ですがあいまいな回答をしている選択肢を選んで頂くと正解になる可能性は高いかと思います(ただ、テクニックで解くより聞き取って正解して頂きたいですが)。

以下、その選択肢を記載致します。

I have no idea
I am not sure
It depends on ~
I’ll check~
NeitherEitherが入っている選択肢”(選択疑問文)

といった、上記のあいまいな選択肢は正解の可能性が高いように思えます。

こういった知識をつけてから、ひたすら問題を解いていって頂くと、点数はあがっていくかと思います。

【プロフィール】山崎 弘宣

大学を卒業した後、旅行会社で13年働き、NYとセブで英語を学んだ後、セブの病院で3年間働いておりました。1度日本に戻ったのですが、セブが忘れられなくて、このたびセブに戻ってまいりました。
趣味は、ボクシングです。宜しくお願い致します

 

山崎式TOEIC リスニングの勉強法(Part1の攻略)

今回からTOEICリスニングについて記載したく思います。

そして、今回はPart1の攻略についてです。

Part1の攻略の前に、リスニングについては聞き流しは全く意味を成さないということを申し上げたく思います。

我々の脳には、無意識に知っている音に置き換える習性があると大学教授から伺ったことがあります。

だから、英単語等を知る前に聞き流していては、英語を知っている日本語の音に修正される恐れもありますよね。

それに、聞き流しが効果的なら洋画を字幕で見ているうちに、自然と英語が理解できるようになるということですが、それで理解できるようになった日本人を私は一人も知りません。

残念ながら、ある程度聞き取れるようになるまでは、しっかりと集中して聞き、どうして聞き取れないのか等 考えながら努力しなければならないかと思います。

しかし、努力した分はきちんと帰ってきますのでご安心下さい。

さて、TOEICリスニングについてですが、Toeic Part1は写真描写問題で6問のみとなっております。

1人の人物の動作の写真や2人以上の人物の動作の写真や、風景や物が並んでいるような写真が問題となることが多く見受けられます。

もっと具体的に言えば、電話やパソコンを操作している人、2人以上で会話している写真、芝を刈っていたり工事の作業をしている写真、ビーチや噴水やフェンスや船・ボート等の風景の写真、そして椅子や商品が並んでいる等の問題が多く感じます。

Toeic Part1の質問文や設問文は比較的短くなっております。

だから、その中でわからない単語やフレーズが入っていればもうお手上げとなります。Toeic Part1 によく出る単語・フレーズを覚えれば、とても簡単に解けるようになります。

例えば、automobile、be covered with、booth、cabinet、carboared box、conference room、diagram、draw、equipment、fold、fountain、gaze、occupy、hang on、laboratory、ladder、pile up、be stacked、pottery、skyscraper、produce、sweep、try on、lawn、lawn mower、line up、unfold、unlock、wheelbarrow 等がよく出ております。

あと、in a circle や in a row やparallel のように、物の配置を表す表現がよく出てきます。

さらに、普段名詞で使っている単語が動詞で使われる場合もございます。

hand(手渡す)、water(水をやる)、wave(手を振る)、weigh(重さを測る)といった表現もありますので、言われた時に理解できるようにしておけば大丈夫でしょう。

以上のように、頻出単語を覚えて問題をある程度こなせば 難なく解けるようになっていくかと思います。

【プロフィール】山崎 弘宣

大学を卒業した後、旅行会社で13年働き、NYとセブで英語を学んだ後、セブの病院で3年間働いておりました。1度日本に戻ったのですが、セブが忘れられなくて、このたびセブに戻ってまいりました。
趣味は、ボクシングです。宜しくお願い致します

 

山崎式 TOEIC リーディングの勉強法(動詞の攻略)

今回もTOEICリーディングについて記載致しますが、今回は動詞の攻略についてです。

まずは、自動詞と他動詞の区別についてから始めます。私自身、自動詞と他動詞の区別にはあまり興味がなかったのですが、TOEICを受けるにあたっては、区別できた方が楽だと感じさせられ、勉強するようになりました。

自動詞の代表的な例は、look(overやinto)、arrive(at)、result(in)、depend(on)、agree(with)、comply(with) 等です。

他動詞の代表的な例は、discuss、resemble、marry、mention、enter、oppose 等があります。

自動詞と他動詞の違いは何かというと、他動詞は目的語を取り、自動詞はそれだけで成立するので目的語を取らず、続けるには主に前置詞が続きます。( )は、セットになる前置詞の代表例です。(ただし、marry は get married to となれば to が続き、opposeは be opposed to となれば to が続きます)

この自動詞と他動詞の区別ができれば speaking に役立ちますよね。また、TOEICでは Part 5 の動詞の問題で役立ちます。

というのも、自動詞は受動態にはならないという規則があります。

例えば、The application should  (    )    by January 15. (A) be arrived  (B) arrived (C) arriving (D) arrived という問題があれば、迷うことなくすぐに(B)と回答ができますよね。

続きまして、以下の提案・忠告・要求・主張・命令を表す動詞に続く、that節の中の動詞が動詞の原形にしなければいけないというルールを覚えて頂ければと思います。

例えば、propose、suggest、advise、recommend、demand、request、require、insist、order、command 等これらの動詞の後に、未来の意味を帯びた thatt節が続いた場合、節の中の動詞は原形になるのです(should が省略された形)

例文/ I insist that she go to the hospital immediately.

上記の動詞が問題にあれば、動詞の原形をまずは頭に浮かべて問題を解いて頂ければ楽に回答ができるでしょう。

【プロフィール】山崎 弘宣

大学を卒業した後、旅行会社で13年働き、NYとセブで英語を学んだ後、セブの病院で3年間働いておりました。1度日本に戻ったのですが、セブが忘れられなくて、このたびセブに戻ってまいりました。
趣味は、ボクシングです。宜しくお願い致します

 

 

 

 

 

 

 

 

山崎式TOEIC読解 攻略2つのポイント 実践問題編 

TOEIC リーディングの勉強法(実践問題をたくさんこなす)

 

今回もTOEICリーディングについて記載致します。

前回は多読による読むスピードを速くすることでしたが、読むスピードがあがれば、実際に問題をたくさんこなしTOEIC問題に精通することが大事かと思います。

今回は、PART5の例について申しますが 私は1日1分レッスン新TOEICTest千本ノックという小さな本(シリーズで今は7まで出ているかと思います)をすきま時間をみつけてやっておりました。

今では、アイフォンの無料アプリでもたくさん使えるのがあるかと思いますので、無料アプリでたくさんの実践問題をこなすことをお薦め致します(アプリの例 / どこでもTOEIC、TOEICトレーニング、TOEIC英文法等)。

実践問題をこなすことで重要なことは以下の2つです。

1.時間を決めてこなす

2.解説をしっかりと読む

この2点は、必ず実施してください!

私の場合は、PART5を1分で3題を解くことを心がけてこなしておりました。PART7でできるだけ時間を使い、100問全問解く為にはそれぐらいの時間しかPart5にかけられないと感じたからです。

それでは、なぜ練習時に時間を決めてこなしていくかと申しますと、練習でゆっくりやっていれば本番で速く問題を解くことは至難の業なのです。基本、練習でできないことは本番でもできないかと思います。

私は、例えば10分間のすきま時間があれば 5分間を問題にあて目標15問を自分に課し、あとの5分間は解説を読みました。

なぜ、解説をしっかりと読むかと申しますと 間違った問題をなぜ間違ったのかを理解しなかったら、また同じ間違いを繰り返すからです。TOEICの問題は、例え単語が違っても同じパターンの問題が多いので、間違った箇所はしっかりと理解し、もう絶対に同じ問題は間違わないようにする必要があるのです。

そのように、どんどんPart5を解いていけば 実際の問題にもなれるし、Part7を読むスピードも速くなって参ります。

まずは、無料アプリをダウンロードして、どんどん問題を解いて行ってみては如何でしょうか。

【プロフィール】山崎 弘宣

大学を卒業した後、旅行会社で13年働き、NYとセブで英語を学んだ後、セブの病院で3年間働いておりました。1度日本に戻ったのですが、セブが忘れられなくて、このたびセブに戻ってまいりました。
趣味は、ボクシングです。宜しくお願い致します

 

 

山崎式3つのポイント TOEIC読解多読編

TOEICリーディングの勉強法(多読)

今回もTOEICリーディングについて記載致します。

前回はボキャブラリーの覚え方についてだったので、今回は読むスピードを速くする為に、英語の本を多読することの有効性について記載致します。

TOEICに関連した本ばかり読んでいると、当然マンネリや退屈してしまいますので、気分転換も兼ねて、ご自身の興味のある分野の本を読むことをお薦めします。

その際ですが、知らない単語に出会っても辞書はひかずにどんどん進んで下さい。

そして、読み終わってから和訳を読み、どれだけ正確に読めたかどうかをチェックする方法が私の場合は効果的でした。

また、最初のうちは先に和訳を読んでストーリーのアウトラインを頭に入れてから、英文を読んでもいいかと思います。

私が英語の本を読むきっかけとなったのは、日本語でも本をたくさん読む人と読まない人とでは、読むスピードが全く違うことから、英文もたくさん読めばスピードがあがると思い英語の本を読むことを始めたのです。

加えまして、私は高校・大学とボクシングをしていたせいで、ボクシングおたくです。

ボクシングについては、日本は驚くほど後進国でレベルがとても低いので、海外の情報誌を読みたいといった趣味とも合致し、アメリカで生活している時にはボクシングの本を買い、また日本でもどんどん海外のインターネットの記事を読むようにしました。

そうしますと、3か月も続けると英文を読むスピードが驚くほどあがり、半年たった時にはTOEICの問題も時間内で100問終わるようになりました。

話は少し変わりますが、以前 「世界一受けたい授業」 という番組で、西大和学園の勉強方法が紹介されておりました。

西大和学園と申しますのは、以前は荒れた学校だったそうですが、今や東大・京大合格者を多数出すようになった学校だそうです。

詳細は省き概略を述べますが、その西大和学園の授業では、ひたすら多読を課せられたようです。学力上昇の要因9割は英語の「多読学習法」で 1時間ひたすら読む、という学習方法に基づき、100万言語読むことを最終目標に読みまくるそうです。

そして、 本を読む際にの3つのポイントを挙げます

  • 辞書を引かない
  • 分からないところはとばす
  • つまらなくなったらやめる

といった 「多読三原則」 を設定しているとのことです。

こうして、たくさんの英文を読みスピードをあげると、TOEICリーディングの問題がかなりこなすことができるかと思います。

今まで70問しかできなかった方は、90問までこなせるようになり、また80問しかこなせなかった方は100問までできるようになるかと思います。

そうなれば、TOEICのリーディングの点数は飛躍するかと思います。

ご自身の趣味に合った英語の本を、どんどん読んでいってみては如何でしょうか。

 

【プロフィール】山崎 弘宣

大学を卒業した後、旅行会社で13年働き、NYとセブで英語を学んだ後、セブの病院で3年間働いておりました。1度日本に戻ったのですが、セブが忘れられなくて、このたびセブに戻ってまいりました。
趣味は、ボクシングです。宜しくお願い致します

 

私がやったTOEIC読解 山崎式3つのポイント

山崎式TOEIC読解3つのポイント

前回はTOEICリスニングについて掲載致しましたので、今回はリーディングについて記載致します。

リーディングについて私自身が心掛けた勉強法は以下3点でございます。

  1. ボキャブラリーをたくさん覚える
  2. 読むスピードを速くするため、日頃から英語の本を読む
  3. たくさんの問題をこなす

1のボキャブラリーをたくさん覚える ということですが、私自身年齢を重ねるごとに記憶力がどんどん悪くなっていき、最初はなかなか覚えられず、本当に苦労致しました。

それで、効率よく覚えるにはどうすればいいのかを考え、3つの方法を実践致しました。

その1

その方法の1つ目は、

動詞を覚えた時に、合わせて名詞・形容詞・副詞も覚えることです。

例えば、add という動詞がありますが、tionをつけ、addtion とすれば名詞になります。

Addition にal をつけて、additional とすれば、形容詞になり、additional にly をつけて additionally とすれば副詞になるのです。そのようにしていけば、あわせて覚えられます。

その2

次の方法は、

反対の意味の単語を作る接頭語を覚えることです。

例えば、fair に un という接頭語があわさり、unfair という単語ができます。反対の意味の単語を作る接頭語は、un の他にも in、im、de、il、ir、non 等がございます。これらの接頭語を覚えれば、たとえ文中に知らない単語が出てきても、その反対の意味の単語と簡単に類推できるのです(例 / uncertain という単語を知らなくても、certain の反対の意味と類推できます)。

さらに、bio(生命に関係)、cent(100年に関係)、grat(喜びに関係)、等の接頭語やable(できるに関係)、ology(・・学)、phobia(・・恐怖症)等の接尾語を覚えれば、語彙力はどんどん増えて行くのです。

その3

最後の方法は、

似たような意味をもつ単語はまとめて覚えることです

例えば、customizeとpersonalizeや obtain と acquire 、survey と investigate のような単語はあわせて覚えればいいでしょう。そうすると、TOEIC PART3・PART4・PART7 によく出る、言い換えの問題には難なく回答ができるようになるはずです。

以上のように、英単語も短い意味のもつ語句が連なってできるパターンが多いのです。だから、接頭語と接尾語の意味をおさえれば、効率よく覚えることができるかと思います。こうして語彙力が増えていけば、TOEICだけではなく、英会話にも役立つことは言うまでもありません。

ぜひ一度、この覚え方を試して頂ければと思います。

 

【プロフィール】山崎 弘宣

大学を卒業した後、旅行会社で13年働き、NYとセブで英語を学んだ後、セブの病院で3年間働いておりました。1度日本に戻ったのですが、セブが忘れられなくて、このたびセブに戻ってまいりました。
趣味は、ボクシングです。宜しくお願い致します。