【ピンチはチャンス】英会話の最中に単語が出てこない。。。それを恰好良く言うフレーズ集

英会話の場面で、普段使っている英単語が何かの拍子で記憶の中からなかなか出て来なくて困ることがあります。

私の場合、特に「人の名前」や「お店の名前」「地名」といった固有名詞に対しそういった現象が頻繁に起きます。

それを世間では老化現象と呼んでいるようですが、海外に住んでいるとそういう場合でもなんとか無理やり会話を成立させなければならない場面が多いです。

英会話のシーンにおいて、沈黙は金ではありません。

私が非常によく使うフレーズはこれです。

Umm,I forget how to say that in English.

「言いたい単語がスムーズに出てこない」という状況を恰好よくペラペラ説明することでかえって不思議なアドバンテージ感が出てきます。

英会話を実力以上にマウンティングするには、言わないでも良さそうな余計なことを沢山盛り込むとよいでしょう。

英単語を「ド忘れした」ことを恰好よく言うフレーズ

  • What’s the word…
  • I forgot the right word…
  • I can’t come up with the word…
  • The word isn’t coming out…
  • Words fail me…
  • Words escape me…
  • I just forgot what to say…
  • It’s just on the tip of my tongue…
  • I forget the English word for it…
  • I don’t know how to say…
  • I’m trying to find a good word…
  • I know the word , but I can’t recall it right now…
  • How can I put it into words…

演出の例として、最初にUmm(アーム)またはWell(ウエール)という表現を枕詞的に入れるととても自然です。

更にもっと時間稼ぎをしたい時にはこんな感じで引っ張れます。

It’s giving umm… sothing…

頭の中を整理するための時間稼ぎ

センテンス自体がストレートに出て来ないような場面に有効なのはこれです。

これは私が英語を話す時にはお約束のセンテンスです。

Umm, what do you call it?

これを直訳すると変な感じになりますが、つまり「なんて言えばいいのかな」みたいに独り言をつぶやく感じで使います。

類似のセンテンスを集めてみました。

  • What should I say…
  • How should I say…
  • How can I say…
  • How am I going to say…
  • Is there a specific word in English?
  • I can’t come up with a good expression in English…
  • You can guess what I mean…

まとめ

これはあくまで独り言としてのつぶやきなので、本当に面と向かって「分かりません」と白旗上げるのではないので、会話の調子を整えるためのExpressionとして使います。

ぜひ英会話の合間に程よく挿入してナチュラルさを演出してみてください。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

 

広告

【セブ島インフラ革命】ついにセブにも路線バスが登場!その名は「Beep」

2018年末よりセブ市内を走るようになった路線バス「Beep」。

これはセブのインフラ大革命です!

実は10年以上前からセブに路線バスを走らせる計画が出ていたらしいのですが頓挫してしまったようです。

そして7年前に再度計画が発表されました。

Cebu Bus Rapid Transit System

The Cebu Bus Rapid Transit System is a planned mass transit system for Cebu City located within the greater Cebu Metropolitan Area. It is expected to become the first operational bus rapid transit project in the Philippines. wikipedia

現状は上のイラストとは全然違いますが、一応2018年末からセブに循環バスが登場したのは画期的な事です。

実際乗った人に話を聞くとエアコンがあるのが何よりも快適だということです。

一応WIFIありと書いてあります。

このバスの最大のアドバンテージは環境への影響です。

フィリピンにはちゃんとした車検システムがないので、黒煙モクモクのディーゼルエンジンのジプニーが町中をガンガン走っています。

日本で排除されたディーゼルトラックがフィリピンへ輸出され、ひどい状態で使われているので地球規模でみたら排ガスの総量は変わらないようです。

もしジプニーがすべてこのバスへ変わればセブの空気が格段に良くなるでしょう。

それとこのバスは渋滞の緩和へも貢献します。

セブのジプニーは日本のバスのように停留所がないので、乗客の合図に従いどこでも突然ストップして乗客を降ろし、また手を挙げていればどこでも乗客を拾います。

これが渋滞や事故を引き起こしている原因となっていますので、バスの発着場所が決まっているBEEPでは交通秩序が格段に向上します。

朝の通勤通学の様子。

外側から乗客の表情を見るだけでもその快適さがよくわかります。

桐原グローバルアカデミーではジプニーを生徒様へあまりお勧めしておりませんが、このバスだったら安心して乗れそうです。

次回は実際バスへ乗ったインプレッションをお伝えしたいと思いますので乞うご期待!

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

桐原グローバルアカデミー「プレミアム校」ランチプレイス情報

◎一般の日本人女性でもひとりで安心してランチができる場所を特選しました!

桐原グローバルアカデミープレミアム校の案内

 

① Park &Brew (徒歩0分)

軽食フードは150ペソ(300円)以内でチョイス可。

秘密基地のような感じでプライベート感を楽しめる小規模カフェです。

カテゴリー:海外生活初心者~上級者向け

② CALDA PIZZA(徒歩1分)

エアコンが無いのでテイクアウトしてホテルへ持ち帰って食べるのがおすすめの利用方法。

ここは授業が終わって気軽にビザをつまみにビールで乾杯する使い方もありです。

カテゴリー:海外生活中上級者向け

③ PARK LANE HOTEL カフェ(徒歩2分)

パークレーンホテルの1階ロビーの角にあるカフェコーナーでは軽食やパンを食べることができます。(テイクアウト可)

カテゴリー:海外生活初級者~上級者向け

 

④ MANDARIN PLAZA HOTEL 1階ロビー奥のレストラン(徒歩2.5分)

ロビーの奥にある広いレストランには昼時になるとお客さんは殆どおらず、まるで一人貸し切り状態です。

※スタッフもいないことがあるので、海外中上級者向け。

スイーツコーナーが非常に魅力的!

ここではスパゲティ(180ペソ)が出てくるのが早くておすすめ!

味とサービスを含め、ここは海外中上級者向けのエリア。

チャレンジしたい方はぜひナビゲートします!

 

⑤ COMMON GROUND(通称洗車場)(徒歩2.5分)

実は隠れた名所で、WIFIの速度は速いし、コーヒーもそこそこ美味いんです。

ランチ向けの食事の価格帯は100~150ペソ以内。

筆者はここの常連客。

海外中級~上級者向け。

その他

放課後にアヤラモールのブレッドショップやカフェで翌日のランチ向けのパンを買っておくのも手です。

おすすめ店情報

桐原グローバルアカデミー プレミアム校の案内

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

【在住者が語る】セブ島の美しいビーチ情報「ホワイトビーチ」モアルボアル

セブに行ったらビーチでインスタでしょう!!

前回は超絶なシュノーケリングが楽しめるペスカドール島の情報ウミガメと泳いげるポイント情報を掲載しましたが、今回はセブらしい魅惑の白砂ビーチ情報です。

トロピカル感溢れるセブ島南西部エリアに位置するモアルボアルではウミガメや熱帯魚が豊富にみられる自然が広がります。

実はここには皆さんがセブをイメージする白砂のビーチが広がります。

その中で最も広大で絶景なのはBasdaku(バスダコ)という地域にある「ホワイトビーチ」です。

インスタ映えお約束!

50m先までは遠浅で突然深くドロップオフします。

日焼けフェチの西洋人カップルが目立ちます。

こちらへは旅行会社が手配するツアーで行くのもありですし、旅慣れた方は個人で出かける方もいらっしゃいます。

【モアルボアルへ行き方】

セブ市のエリザベスモール(通称e mall)そばのSouth bus terminalからモアルボアル行のバスへ乗ります。

バス代は片道300円程度。

この黄色いバスで(Moalboal)というフロントガラスに掲示された行先が目印です。

片道3時間半程度かかりますが、山越えして行くのでセブ島の山の景色も楽しめます。

モアルボアルで最もにぎやかなホセリサール像付近で下車します。

地元の人はハバルハバルというバイクタクシーに乗っていますが、マフラーで火傷したりする事故もありますので、サイドカーのトライシクルの方がおすすめです。

しかし、交渉にはそれなりの英語力が必須です。

行先を伝える→日本人価格を提示される→交渉し40%オフ程度まで粘る。

こう言った冒険も留学の楽しみではありますが、提携の旅行会社もありますので、下記のバナーよりお気軽にお問合せください。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

【通じない単語】留学の前に絶対に知っておいたほうが良い「英語での国名」

語学留学の出発前に頭へ入れておいた方が良い知識は沢山ありますが、英語での「国名」もその一つです。

日本人留学生は当然ですが日本のパスポートを持って渡航します。

実は日本のパスポートは2018年10月9日に発表された「パスポートランキング」で一位になりました。

何が世界一なのかと言えば、「VISAなしで行ける国の多さ」が世界一ということです。

フィリピン人にとって日本のパスポートは憧れの対象。

日本人は世界中を自由に旅しているというイメージを持たれていますので、以下のような質問がよく行われます。

今まで行った国の中で一番よかったところはどこ?
What is your favorite country you’ve ever been to ?

旅の経験が話題になった時に日本語のカタカナで表記されている国名が意外と通じません。

例えば私の場合、15年ほど前にウクライナという国に1か月間滞在したことがあるのですが、その時の経験を英語で話した時に「ウクライナ」では全く通じませんでした。

カタカナで書いてあるからてっきり英会話で使っても大丈夫だと思っていたのでショックでした。

ウクライナは英語ではUkraine(ユークラインまたはユークレイン)。発音記号/juːˈkreɪn/

「ウクライナ→ユークライン」と全く違う国のようです。

ちなみに、アメリカの正式な国名は「United States of America」ですが、実際は略称で呼ばれることのほうが多いです。

フィリピンではアメリカを「The states」や「The U.S.」という略称で呼ぶのが一般的です。

その他、私が経験した通じなかった「国名」をいくつか挙げてみたいと思います。

・ドイツ(ジャーマニー)
Germany /ˈdʒəːməni /

・イタリア(イタリー)
Italy /ˈɪtəli /

・イギリス(ユナイテッド キングダム/ユーケー)
United Kingdom(UK) /jʊˌnaɪ.tɪd ˈkɪŋ.dəm/

・オランダ(ザ ネィザーランズ)
The Netherlands /ˈnɛðələndz /
もしくは(ホーランド)
Holland /ˈhɒlənd/

・スイス(スウィッアーランド)
Switzerland /ˈswɪtsələnd /

・ギリシャ(グリース)
Greece /ɡriːs/

・トルコ(ターキー)
Turkey /ˈtəːki /

・ベルギー(ベルジェム)
Belgium /ˈbɛldʒəm /

・アルゼンチン(アルジェンティーナ)
Argentina /ˌɑː.dʒənˈtiː.nə/

・インド(インディア)
India /ˈɪn.di.ə/

まとめ

上記のものはあくまで英語での表現ですので、日本のカタカナで表記されている国名の方が実際にその国の人が呼んでいる国名と同じ発音だったりもします。

自分が訪れた国の英語での正しい国名と発音が分かったら、その次のステップとしてはその国を訪ねたときの印象や印象に残った出来事や食べ物を英語で説明できるように練習しておくとさらに良いですね。

こういった自分の体験談も立派な自己紹介の一部となりますので一度身に着けたら一生使えます。

ちなみに私の場合、フィリピン航空で初めてフィリピンへ来た時の印象は機内で出てきたオレンジジュースがただのオレンジ色した砂糖水だったことや、フィリピンの上空からみた建物の屋根がすべてオレンジ色に見えたことなどを自己紹介の一部へ組み込んで練習しました。

この情報が皆さまのお役に立てたら幸いです。

桐原グローバルアカデミーの公式ホームページへ

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

【セブ在住者情報】留学だけではもったいない!超絶「ペスカドール島」をめざせ♡

ウミガメで有名なセブ島南西部のモアルボアルですが、もっと凄いスポットがあります。

ウミガメ関連記事はこちらからご覧いただけます。

それは「Pescador Island (ぺスカドール島)」です。

岸から沖合に見える宇宙船のような形をした島ですが、モアルボアルの付加価値をグンと高めているのはまさにこの島であると言えます。

ここはダイビングするには最高なのですが、今回はシュノーケリングでどれだけ楽しめるのか試してみたいと思います。

島へ近づくと浅瀬になりボートの上からでも熱帯魚が透けて見えます。

急速に期待感が高まります。

早速シュノーケリングセットを装着しボートから海へ入ると既に「うぉ!」と思わず唸ってしまうほどの別世界が広がっていました。

これぞ天然のアクアリウム。

私のフィリピン生活の中で経験した海の中でも本当に最高のポイントです。

※桐原書店との提携先ツアー会社もございますので、下記のバナーよりお気軽にお問い合わせください。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

【セブ在住者情報】世界最高のダイビングスポット「モアルボアル」シュノーケリングでもウミガメ遭遇率100%

2018年末から2019年の元旦にかけ、セブ島の南西部に位置するMoalboal(モアルボアル)へ出かけてきました。

ここは世界最高のダイビングスポットとして世界中からダイバーがやってきます。

桐原グローバルアカデミーのお客様の中でもダイビングが趣味の方で週末を利用してダイビングしてこられる方もいらっしゃいますが、昨年潜られた方で「今まで潜って来た海は一体なんだったのか!」と感動混じりのため息をつかれた方もいらっしゃいました。

私も昔は一応ダイバーの端くれだったのですが、今回は家族連れだったのでシュノーケリングを楽しむことにしました。

ウミガメのポイントはビーチサイドから50m程度のところから急に落ち込んで深くなります。

その境界あたりにウミガメがいますのでシュノーケリングでも簡単に遭遇できます。

今まで何度もモアルボアルへ出かけましたが今のところ遭遇率は100%!です。

ウミガメは保護色になれるサンゴや岩の隙間に潜んでいますので目が慣れるまで発見が難しいのですが、今回は落ち込みの手前の水深8mほどのところにうごめいていました。

かなり分かりにくいですが下の写真の真ん中やや右側をじっくりご覧ください。

次の写真はもう少し分かり易いアングルです。

タンクやイクイップメントが無くても10m位なら普通に潜れます。

ウミガメに気が付かれないように静かに潜水開始。

フフフ、至近距離まで近づいてもこちらの気配にはまだ気が付いていないようです。

完全に周りの色と同じで保護色ですね。

撮影しているとこちらへ気が付いて嫌になったのか浮上を開始しました。

     

このウミガメは直径40センチ位でわりと小ぶりです。

後ろから見ると宇宙船のようですね。

暫らく水面から顔を出して呼吸をしていました。

一息つくとまた元の場所へ戻って行きました。

モアルボアルへの行き方

ツアーでも個人でも行けますが、平均的にセブ市から3時間半前後で到着します。
CarCar(カルカル市)までセブ市から道なりに海岸線を南下し、それから山を越えて反対岸へ出ます。これからさらに南下しMoalboalへ到着です。

個人で行く場合はセブ市のSouth Bus Terminalから黄色いバスが出ていますのでこちらで行けます。

※桐原書店との提携先ツアー会社もございますので、下記のバナーよりお気軽にお問い合わせください。

ペスカドール島の情報はこちらからご覧いただけます。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです