【英語学習法】ブログランキング悲願の1位達成 応援ありがとうございました!!

ご報告とお礼

2019年8月19日午前5時(セブ時間)、日本ブログ村の「英語学習法」というカテゴリーにて悲願の1位を達成しました。

皆様の愛ある一票のお陰です!

ブログ村は日本最大のランキングサイトとして知られており、現在969,475名のブロガーがランキングを競っています。

カテゴリー単位とは言え、その中で1位になるというのは大変な励みとなります。

僭越ですが、「桐原グローバルアカデミーブログ」を執筆編集しながら、フィリピン在住歴12年で得た経験と知識が誰かの役に立てたら幸いだという思いです。

私は38歳の時にフィリピンのセブ島のジャングルで生活をはじめました。

ヤシの木が鬱蒼と茂る密林の中に身を置き、毎日こう思っていました。

「フィリピンで戦った昔の兵隊さん達ってこんなところに居たのかな?」

非常に感慨深い日々でした。

日本を出る時に海外転出届を出したのは福岡の博多区役所でした。

「転出先はフィリピンとだけ書いてください」

日本の役所の書類にただフィリピンと一言だけ書くように言われた時に少しだけ戦慄が走りました。

「本当に行先はフィリピンだけでいいのか?」

まるで突き放されたような不安。

まるで日本を勝手に出て行く人の事なんて知りたくないと言われているような気さえしました。

もう一つの心の試練は学歴および経歴も捨てるという覚悟でした。

日本人の知り合いが誰もいない未知の世界。

38年間自分なりにベストを尽くし頑張って築いた歴史を放棄するという作業は非常に勇気がいることでした。

なぜなら、日本を出た瞬間、今までの歴史は何もかも実質白紙になるのです。

しかし、結果的に良かったと思います。

なぜなら自分の歴史こそが自分を縛っていた物だったわけです。

まさに断捨離の本当の意味が分かった気がしました。

そして、ジャングルで2年間生活し、山を降りた時には40歳になっていました。

なんだか浦島太郎みたいですね。

山の中で現地語のビサヤ語だけを使いながら生活しつつ、英語が話せない不自由さを痛感していました。

そして40歳からの英会話がスタートしました。

海抜で言えばほぼゼロメートルから英会話をスタートし、2年後には簡易なビジネス通訳をボランティアでやれるようになっていました。

それは才能も少しだけあるのかもしれませんが、9割は山の中で独自に体得したビサヤ語の習得の歴史が俺流メソッドとなり、既成概念にとらわれないアプローチ法で英語にチャレンジ出来た賜物だと確信しております。

フィリピンという誰も助けてくれないサバイバルの地で生きるためにコミュニケーションを図るという目的志向だけを保ち、正に毎日がサバイバルイングリッシュだと意識しながら生活しております。

一般の英語指南情報とは180度違う視点で経験に基づいた英語をはじめとする外国語会話の重要な視点をお伝え出来たら幸いです。

今後とも応援よろしくお願い申し上げます。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

ブログランキングに参加しております。もしよろければ一度下記のバナーボタンを押していただけたら10ポイント上昇します。ぜひ応援よろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

広告

【海外在住者おすすめ英語フレーズ】「ドラッグストアへ立ち寄ってもいい?」

頻出フレーズ「~に立ち寄ってもいい?」

海外で英語を使いながら生活していると、日常生活の中で頻繁に使う英語フレーズというものがカテゴライズされてきます。

例えば誰かと一緒に行動している時に、急に買い物を思いつく事は頻繁に起きます。

今回はそんな時に使える“おすすめ英語フレーズ”のご紹介をさせて頂きます。

立ち寄る:drop by

日常生活でふと立ち寄りたくなる店といえばドラッグストア。

ちなみに私はドラッグストアで頻繁にウエットティッシュをよく買います。

セブ生活では絶対に欠かせないアイテムなんです。

Can I just drop by (at) the drug store?
ちょっとドラッグストアへ立ち寄ってもいい?

私の経験上、この「drop by」が自在に使えると誰かと行動を共にしている時に非常に便利です。

「Can we」とすることも文法的には可能ですが、それだと相手を強制的に自分の都合に巻き込むような強引な印象があります。

ドラッグストアへ同行するしないは相手次第という前提で「Can I」を使うほうが大人の英会話だと思います。

ちなみに「by」の後に「at」が来たりこなかったりしますが、結論から言うと、どちらも正解です。

「drop by」自体が自動詞として使われる時は「at」等の前置詞が来ます。

では次のサンプルです。

Why don’t you drop by for a cup of coffee?
ちょっとコーヒー飲まない?

これも同行している人に突然提案する時に「Shall we」の代わりに使えます。

その他の「立ち寄る」表現

他にも「立ち寄る」の言い方として「drop in」「drop on」「stop by」や「stop in」もあります。

「drop in」 はこれはこれ自体が自動詞なので、立ち寄り先のとしての場所の名前を付けくわえる時は「on」 + 誰かの家や(人)「at」 +場所という風に続きます。

私の場合、英語ネイティブの友人が頻繁にこの表現を使っていたので、私も彼と同じように立ち寄るという表現では「drop by」を使うようになりました。

ぜひ、実践の場面でどんどん使って感覚的にさりげなく出てくるように練習しましょう!

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

ブログランキングに参加しております。もしよろければ一度下記のバナーボタンを押していただけたら10ポイント上昇します。ぜひ応援よろしくお願います。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

 

デング熱予防の強い味方|Off Lotion(オフローション)

赤道付近の風土病の一つにデング熱があります。

数年前、代々木公園でデング熱に感染したという騒ぎがあり、かなり話題になった記憶があります。

症状は高熱と頭痛(とくに目の奥が痛くなるケースが多い)と食欲不振等で血小板の数値が極端に下がるので出血すると危険な状態になります。

日本人にとっては謎の病気なのでその名前を聞いただけでかなり不安になると思いますが、恐れるに足りません。

なぜなら蚊に刺されなければ100%大丈夫だからです。

刺されたからと言って必ず発症するものでもありませんが、その時の体調や体質による部分もあると思います。

しかし、「蚊にさされなければ良い」という予防セオリーが確立していればあとは対策を立てるだけです。

現地の蚊よけアイテム

私は3年前にデング熱で10日間入院してからデング熱に対する予防意識が高まりました。

必ず外出時にはこれを携帯しています。

OFF Lotion(オフローション)

Off lotion

サイズは3種類ありますが、私が愛用しているのは最も小さいサイズです。

中身は白いクリーム状のものです。

セブ島のドラッグストアやスーパーマーケットで購入できます。

値段はスモールサイズで300円程度です。

全身に塗る必要はなく、刺されやすい箇所(膝から下と腕)に塗ればプロテクト完了。

日本の虫よけはフィリピンの蚊に効かないという噂もありますが、それは定かではありません。

私が自宅で愛用している日本製の「蚊がいなくなるスプレー」は非常に頼もしいアイテムで、蚊のみながらずゴキブリまでも駆除してくれます。

合わせてお読み頂きたい記事:蚊がいなくなるスプレーの凄さ

この情報が皆さまのお役に立てたら幸いです。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

ブログランキングに参加しております。もしよろければ一度下記のバナーボタンを押していただけたら10ポイント上昇します。ぜひ応援よろしくお願います。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

 

【実例による】文字情報を使わないほうが英語はペラペラになれる!?

タイ語ペラペラの日本人

数年前、セブで交友のあった日本人がタイのバンコクへ転勤したので何度か遊びに行ったことがあります。

その際に現地でビジネスを起こし活躍している日本人の方を何人か紹介して貰いました。

フィリピンと比べるとタイは比較にならないほど日本の生活レベルに近く、日本の百貨店があったり地下鉄も走り、セブには無い飲酒運転の取り締まりもあります。

物価に関してはフィリピンとあまり変わらず、日本人の多くが住みたがる理由もわかりました。

友人に紹介してもらったタイ在住の日本人の方ですが、当時まだフィリピンで流行していなかった台湾式のミルクティショップをプロデュースし、フランチャイズ形式で販売していました。

またタイの弁護士事務所を買収し、不動産登記のサービスも行っている敏腕ビジネスマンです。

私よりずいぶん若い方でしたが、海外では年齢という壁はあまり関係がないようです。

彼は現地人も驚くほどタイ語がペラペラです。

しかし、もっと驚いたのはタイ語が堪能に話せても読み書きは一切出来ないそうです。

出来ないというよりも必要がないというのが彼の理論でした。

彼の存在は会話能力を身に着けるのに文字情報は一切要らないということを実証する一つの有力なケースだと思います。

私のビサヤ語のケース

私の場合、ビサヤ語を話せるようになるまでに文字を使った言語学習は一切しませんでしたので、タイで出会った日本人と全く同じパターンです。

いまだにスペリングに関しては一抹の不安があり、特に「U」と「O」のどちらを書くべきか迷うことが頻繁にあります。

私は昔から勉強するのが割と好きな方なので、もしビサヤ語の参考書があれば日本の中学英語と同じように単語のスペリングから覚えて文法の構造を一生懸命理解しようとしていたに違いありません。

しかし、世界的にマイナーな言語であるビサヤ語の教本や語学学校の存在情報はなく、見よう見まねでそのままダイレクトに真似しながらトライアンドエラーを繰り返して行くしか方法がありませんでした。

文法も分からずシチュエーショナルな限定的センテンスを丸覚えしていくうちに、いつの間にか応用が利くようになり、文法的な整理が付いていました。

セブで最初に覚えたビサヤ語は「ラカオラカオ」。

最初は近所の散歩が私の日課でした。

家を出るたびに近所の人が「ラカオ ラカオ?」と私に声をかけます。

意味は全く分かりません。

そのうち「ラカオラカオ」という音が記憶に残り、口ずさみ、そして経験的にその意味が散歩の事だと分かって来ました。

私の娘のケース

私には5歳の娘がいますが、セブ島生まれのセブ島育ちです。

娘が生まれた当時、セブの大学で日本語を教えており、人間が一体どうやって言葉を覚えて話始めるのか非常に興味があり、彼女の言語的成長をずっと観察してきました。

ステップ1 発声は泣き声だけ
恐らく泣くという作業はある意味発生練習のようです。
ステップ2 「パ」音を発生
子供が最初に発音する音はママには申し訳ないですが「パパ」なのです!
しかし子供は「パパ」の意味が全く分かっていないと思います
ステップ3 エンジェルという音を真似して発音
もちろんエンジェル(娘の名前)が自分の名前であるとは分かってないのかもしれませんが、記憶に残っている馴染みのリピートしているようです。
ステップ4 自分の名前がエンジェルであることが分かる

体験的に自分の名前がエンジェルだと分かってきます。

私は日本ではポッキョという名の黒猫と生活していましたが、猫は「ポ」と言っただけでスっ飛んで来ました。

自分の名前が分かるのは動物として備わっている本能的能力なのかもしれません。

ステップ5 頻繁に耳にしている音の意味が経験的にわかるようになる

名前意外にも体験的、経験的に頻繁に聞く音の集合体(単語)の意味が分かってきます。

ちなみに犬は「お手」や「待て」が出来ます。

大人が英語をはじめ外国語の習得を行う場合でもこのステップ3~5の過程が必須であると考えます。

英会話に文字情報は一切要らない

上記3者の共通点と言えば、文字情報を一切使った学習をしていないという点です。

文字を覚えて読んでしまうと、その文字情報を音声化する過程で音を創作してしまうように思えます。

日本語を教え始めた1年目に実感したことがあります。

それはローマ字読みで日本語の読み方を表現するとビサヤ語チックな発音になってしまうことでした。

「今( ima)」という文字を見ると「エマ」になります。

それはビサヤ語では「i」を「e」と発音するという決まりがあります。

「こんにちはKonnichiwa」はコニチワという発音になります。

なぜなら日本語の「ん」音はローマ字の「n」音とは違う発音で、もしローマ字表記するなら「Ng」と書かないと発音は近くなりません。

ローマ字という文字情報から普段使っている自分の音に変換してしまうという弊害に気が付き、2年目からは徹底してローマ字を使わない授業に切り替えました。

海外で現地の言葉を上手く話している日本人の多くは文字を使った学習をしていない人が多いようです。

文字情報を一切使わない方法で外国語の習得が可能であるという情報が皆さまの更なる英会話力の向上のお役に立てたら幸いです。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

ブログランキングに参加しております。もしよろければ一度下記のバナーボタンを押していただけたら10ポイント上昇します。ぜひ応援よろしくお願います。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

セブ島の隠れ名物「モリンガ」って知ってる?

“Rumah Highlands Hotel” 夏季限定プランが始まって1週間が経過しました。

個人的にはロビーの奥にある「The Detox Bar – Vegan Cafe & Integrative Nutrition Center」という健康志向のカウンターバーが非常に気になります。

フィリピンは日本以上にアメリカのライフスタイルの影響を強く受けているので、肥満が多く不健康志向の国だと言えます。

ライスをより美味しく食べるために、オイリーかつ高塩分の料理が好まれ、まるでエスキモーのように全く野菜を口にしません。

コンビニエンスストアの冷蔵庫を覗いてみると、無糖のドリンクは水とビールしか無く、毎日が糖分祭りといった感じです。

そんな環境の中、自分の健康をいつも気にしながら生活している私にとって本気で健康志向を売りにしているお店はまるでオアシスに感じられます。

スタッフの方の作業を見ていると、飲食店というよりもまるで漢方薬局のような雰囲気です。

冷蔵庫の中にある深緑色をしたドリンクが目に留まりました。

「MORINGGA(モリンガ)」と書いてあります。

MORINGGA(モリンガ)

基本的にモリンガの葉がベースなので味は微妙ですが、健康をイメージしながら飲むと非常に楽しめます。

ハーブとハニーを混ぜているので「あ~不味い」ということもありません。

飲んで15分程すると何となく体が火照ってきたので血行が良くなったのだと思います。

モリンガはセブではマルンガイと呼ばれ、スープの具材として使われています。

お店のスタッフもこれをマルンガイと呼んでいます。

セブ名物といえば仔豚の丸焼きレチョンやマンゴジュース、ドライマンゴが思いうかぶと思いますが、このモリンガも実は知る人ぞ知るセブ土産として有名なアイテムなのです。

特に健康志向の方に愛用されています。

実はモリンガの葉はその辺に沢山生えているのでフレッシュなまま素材として使われます。

食糧農業機関「FAO」の調査によると、たんぱく質やビタミンA・B・C、ミネラルが豊富ということです。

デトックスバーのメニューの中に健康を意識した食事があり、その中からモリンガのパスタを頂いてみるとことにしました。

蕎麦ベースのパスタにモリンガのソース、ゴマと海苔の組み合わせです。

ドリンク付き 260ペソ      402K cal

ジュースがセットで付いてきます。

写真のジュースは脂肪燃焼効果のある「FAT FLUSH」というものです。

セットで付いてくるドリンクの説明

まとめ

10年前のフィリピンでは肥満は富の象徴と言われ、「太った少年」という名のレストランが印象的でした。

痩せている人は貧困で不健康というイメージが一般的で、私の場合は「もっと太りなさい」と近所の人から謎のアドバイスを受けていました。

しかし、時代は急速に変わり、アヤラモールにサラダ専門店が出来たり、ライスの量を減らしたりする健康志向な人たちを目にするようになってきました。

デトックスバーの存在もそういった時代の象徴だと言えます。

私はこの2週間の夏季限定プランの滞在の中で、ぜひデトックス効果上げたいと思います。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

ブログランキングに参加しております。もしよろければ一度下記のバナーボタンを押していただけたら10ポイント上昇します。ぜひ応援よろしくお願います。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

外国語習得にとって最も大切なこと“観察力”

ビサヤ語でスピーチ

セブの「SM CITY CEBU」で開催された、日本語学学校留学及びワーキングフェアが開催され多くのフィリピン人がブースへ訪れました。

日本から日本語学校の関係者がやってきてブースを多く出展し、かなりの賑わいを見せていました。

数年前までセブの大学で日本語を教えていたのですが、その関係で現在も日本語能力試験の試験監督や日本語トレーニングをボランティアで行っています。

主催者からスピーチを頼まれました。

タイトルも指定され「外国語を習得する上で大切なこと」ということでした。

私は英語ではなく、挨拶から全てビサヤ語でスピーチを行うことにしました。

実は、大学でも私の授業は可能な限りビサヤ語で行っていました。

その理由は、英語を流暢に話せる日本人は非常に多いのですが、ビサヤ語を話せる日本人は非常に稀なので、外国語を教える立場として少しは説得力が出てくると思います。

会場には大学の元生徒達も観客の中に混ざっていますので、ぜひ盛り上げなければならないところです。

約40分のスピーチとなりましたが、最も大切な事とはこれです。

観察力!!

「まなぶ」は「まねぶ」という言葉から来ています。

古来より技の習得はひとえに師匠や先達の技を盗んで真似る意外に道はないと言われ、私自身の経験からも正にその通りだと思っております。

英語が学科ではなく、スポーツや武道として存在していたならば、日本人の英会話力はもっと上がっていたのだと思います。

私はこのトークの際に私が修行した沖縄空手の首里手の最奥義ともいわれるハイナンチを壇上からご披露しました。

会場を飽きさせないためには突然のパフォーマンスも必要です。

一人も眠る人なくスピーチを終え、日本へさらに行きたくなるフィリピン人が増えたら幸いです。

観察力の次は模写力

外国語を本当にマスターするには、その国の人を丸裸にするくらいの観察眼が必要です。

そして、その特徴を意識しながらの模写するという作業に入ります。

たとえば、歌が上手い人は基本的に外国語習得が得意というのも、観察&模写が得意ということが裏付けとなるのでしょう。

オリジナル物真似で有名なこの方の動画をご覧ください。

お笑い芸人の友近さんは、彼女のパフォーマンスを見ていると分かるのですが、模写の極みです。

オリジナルの本人以上に本人に成りきっています。

タモリさんの外国人の真似も秀逸です。

文法的には無茶苦茶なのですが、外国語を習得するために最も必要な「観察力」による集大成だと思います。

理解するのではなく、見たまま丸飲みし、特徴をさらに特徴付けて表現するのが肝要だということです。

タモリさんの場合、国別で声のトーンや表情も違いますよね。

ここが非常に大切なポイントだと思います。

タモリさんの場合、少しグラマー的に微調整すればあとは完成です。

英語を話す時は、英米人特有のビジュアル的な特徴を観察し、模写へと繋げる。

ぜひ観察を意識して映画を観たりや本物の外国人と接してみてください。

今回の記事が皆さまのお役に立てたら幸いです。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

ブログランキングに参加しております。もしよろければ一度下記のバナーボタンを押していただけたら10ポイント上昇します。ぜひ応援よろしくお願います。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

日本へ働きに行きたい多くのフィリピン人と日本語能力試験(JLPT)

フィリピンで大人気の日本語能力試験(JLPT)

日本の抱える深刻な問題として人手不足があります。

昨年5月に数年ぶりに日本へ一時帰国したのですが、故郷の長崎ではコンビニエンスストアやドラッグストアなど9割以上がベトナム人の労働者でした。

まず、外国人が日本で働くために必要とされているのが特定の「VISA」です。

取得要件として多くは日本語能力が問われます。

今回はその日本語能力を測るための試験についてお話したいと思います。

フィリピン人にとっての「TOEIC(R)L&R」と私が呼んでいる日本語能力試験(JLPT)というものがあります。

国際交流基金(JAPAN FOUNDATION)主催で、毎年7月と12月に行われます。

2018年では全世界で1,168,000人の受検者の申し込みがあり、286会場で試験が行われました。

フィリピン人受検者の伸びは特に顕著で毎年グングン増加しています。

フィリピン人受検申込者の推移グラフ

2018年のフィリピン会場ではマニラ、ラグナ、セブ、ダバオ、カガヤンデオロの4つの会場で行われ、年度合計18227の受検申込がありました。

数年前まではマニラとセブとダバオの3カ所が会場でしたが、受検者増加に伴い、2018年以降試験会場が大幅に増えました。

2019年7月のフィリピン会場試験申込者

昨年の7月の申込者はと7102名でしたので37%強の増加です。

レベルごとの能力

N1からN5まで5段階の試験があります。

  • N5:初級
  • N4:準初級
  • N3:中級
  • N2:上級
  • N1:スーパー上級

「どれくらいでN4に受かりますか」という質問が頻繁にありますが、その理由として、N4が日本で労働するための最低条件と課している機関が多く存在します。

私の経験上、一般的にフィリピン人がゼロから1日4時間以上日本語の勉強をつづけたとして、N4合格に平均で7カ月かかります。

全ての試験問題は日本語で書いてあるので、最低でもひらがな、カタカナ、簡単な漢字の理解が必要です。

フィリピンでは英語も現地語もヘボン式ローマ字で表記されるので、日本語の難解な文字を認識するのは非常にハードルが高いということです。

私がこれをフィリピン人にとっての「TOEIC(R)L&R」と呼んでいるのは、リーディングとリスニングのみで構成されるという点です。

違いは先にリーディングが行われ、最後がリスニングとなっている点です。

N4合格者と日本語で簡単な会話を行うと、こちらの言っていることはおおよそ理解しますが、会話のキャッチボールの成立は難しい状態です。

しかし、N3の合格者から基本会話はスムーズに行えるようになってきます。

N1とN2レベルになると、漢字を使ったメール対応もできる人が多いです。

 

フィリピン人にとっての日本語の価値

観光や留学でフィリピンへ来られる方はその文化やキャラクターの違いをポジティブな面として捉え楽しむことができます。

しかし、定住し生活の糧を得るために働くとなると、状況が変わってきます。

特にお客様が日本人の場合だと、日本とフィリピンの常識感、価値観の違いによる摩擦をお客様へ与えないように苦慮する場面が頻繁に出てきます。

しかし、N3合格者レベルになってくると「なぜ約束を破ると日本人は嫌がるのか」「言い訳と説明の違いとは何か」等、日本人の大切にしているマインドが分かりようになり、同僚としても働きやすくなります。

つまり、日本語を通じて日本人の思考回路や常識にアジャストできるようになるということです。

ちなみにマニラに本社がある日系の大手IT企業はN4を取らないと正社員になれないところもあります。

その理由は日本語でお客様の対応をするという目的よりもむしろ、日本人に近いマインドで働いて欲しいというところに主眼があるとのことです。

フィリピン人が日本で働く際に必要とされる日本語能力試験の本当の意味がお伝えできたら幸いです。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

ブログランキングに参加しております。もしよろければ一度下記のバナーボタンを押していただけたら10ポイント上昇します。ぜひ応援よろしくお願います。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村