【コーヒー好き専門店】『Motokeys』OJI(オージ)Slow Drip Cold Brewed Coffee

「MOTOKEYS(モトキーズ)」をより深くご紹介

近年増加中の日本人経営のカフェ&レストランの中でもひときわ都会的な雰囲気をもつ隠れ家的存在の「MOTOKEYS」(モトキーズ)をより深くご紹介します。

場所は桐原グローバルアカデミー セブシティ校のすぐ隣です。

日本のどこかにぽつんとありそうなすっきりした雰囲気と香しいコーヒーの匂いが非常にマッチしています。

現在の人気はBRAZIL SANTOSとETHIOPIA CHOLCHOLだそうです。

☆個人的におすすめ
OJI(オージ)Slow Drip Cold Brewed Coffee

カウンターの端にそびえる化学の実験道具みたいな水出しコーヒーマシーンがとても気になります。

メニューにはOJI Slow Drip Cold Brewed Coffeeという名前がついております。

時間をかけてゆっくり抽出したOji(水出し)コーヒー

これはコーヒー好きの間では有名な「株式会社オージ」が開発した水出しコーヒー機です。

私は保冷効果のある黄色いMYタンブラーを持ち込み、こちらに多めの氷とOJIコーヒーを入れて貰いました。

一杯120ペソ。

水出しは、カフェインの水に溶けにくい性質を利用しており、コーヒーの持つ芳醇な香りや奥深い味わいはそのままで、カフェイン含有量の低いコーヒーを抽出することができます。

だからカフェインの過剰摂取を気にしている方にはおすすめです。

ところで、こちらの冷蔵庫をちょっと覗いてみると、なんとレッドホースがありました。

 

RED HORSE BEER アルコール度数 8%

アルコールの度数が8%というかなりスリリングなビールですが、フィリピン人はこれが大好きです。

セブでもっとも落ち着けるお店

ショッピングモールを中心にセブには多くのオシャレなカフェやレストランがありますが、どこもガヤガヤと賑わい過ぎて落ち着けません。。。

隠れ家的存在の「MOTOKEYS」(モトキーズ)はチェーン店では味わえないようなこだわりのコーヒーが飲めてさらに落ち着いて自分の時間が楽しめます。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

広告

セブ留学おすすめ最強のアプリ『Grab 』フード編・注文ボタン押してわずか9分で吉野家の牛丼が配達された

常夏のセブ島でも一層熱いサマーシーズン。

とくに今年の夏はエルニーニョでかつて経験したことが無いほどの暑さです。

こう暑くてはお昼にランチを取りに外へ出るのも非常に勇気が要ります。

そういう時の強い味方をご紹介させていただきます。

『Grab』というアプリのfoodサービスです。

以前のブログ記事で留学前にインストールしてくるべきおすすめアプリということでご紹介させていただいたのですが、その時は個人タクシーを呼ぶサービスでした。

こちらをご覧ください。

GrabのFoodサービスは提携店から食べ物を配達してくれます。

値段はお店で食べる値段よりも若干高いのですが、10%以下なので気になるほどのものではありません。

Grab foodのオーダー方法

☆ステップ1 アプリを起動

☆ステップ2 Foodを選択

☆ステップ3 提携店一覧から店を選択

日本の吉野家もあります。

なんだか急に牛丼が食べたくなりました。

お腹が減っているので「Beef Gyudon Rice Bowl(Large)牛丼大盛り」にします。

207.90というのはGrab foodのオリジナル価格です。

お店で食べる金額より10%程度高いですが、暑い中汗かきながら出かける思いをすれば有難いです。

☆ステップ4 見積もりを確認しオーダー

配達費を入れて総額P256という見積もりが出ました。

もしこれで良ければPlace Orderという緑のボタンを押します。

☆ステップ5 ドライバー検索

ここは自動で検索されますのでドライバーが選任されるのを待ちます。

 

☆ステップ6 ドライバーとメッセージを交わす

Rommel Tabasaさんというドライバーが選ばれました。

緑の「Send」ボタンを押すと自動的にテンプレートテキストがドライバーへ送られます。

ドライバーから「K」という謎の文字が送られてきましたが、これは「OK」の略でセブでは一般的です。

より詳しい配達場所をドライバーへ伝えたい時には追加でメッセージを入れます。

セブシティ校のあるAsia Light Hotelへ配達してもらうのでホテル名と詳細を入力しました。(赤枠の部分)

☆ステップ7 ドライバーが店へ到着

 

ここはCloseボタンで閉じて大丈夫です。

もし何か細かい指示があれば緑のボタンから追加メッセージを入れます。

☆ステップ8 ドライバーが店でオーダー完了

ステップ9 オーダーした料理を配達開始

 

☆ステップ10 ドライバーの現在地を確認

☆ステップ11  そろそろ到着します

☆ステップ12 わずか9分で到着!!

 

Grab food service from Yoshinoya

最近見た笑顔の中で最高です。Salamat kaayo.(大変ありがとう)。

総額で256ペソでしたが、300ペソを渡しておつりは彼へのチップということにしました。

オーダーしてわずか9分で届いた超特急大盛り牛丼。

日本の吉野家と味は変わりません。

 

Grab foodまとめ

今回は吉野家から牛丼の大盛りを注文することに決めて実際オーダーボタンをおしてからドライバーが到着するまでわずか9分でした。

昼休みという限られた時間の中で手っ取り早くしかも楽にランチにありつけます。

ポイントは極力現在地から近いお店から選ぶことです。

また超人気店から料理を選んでしまうとオーダーして料理が出来上がるまでに時間がかかってしまうのでそこの見極めも大切です。

「Grab food」は「Grab」という配車アプリの追加サービスで、ほかにもデリバリー(書類や雑貨の配達)も行っています。

そのうち「Grab」のサービスにマッサージの配達なんかも登場しそうな予感がします。

人気関連記事:【フィリピン留学準備編】絶対に日本でインストールしてくるべし!渋滞の救世主「GRAB」アプリ

この情報がお役に立てたら幸いです。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

【フィリピン豆知識】チップの要らない店とは?サービスチャージって何?

サービスチャージとは?

フィリピンと日本の大きな違いの一つにチップ(こころ付け)がありますが、実はチップを払わなくても良い店があります。

それは「Service Charge」(サービスチャージ)のある飲食店です。

一般的に「Fine Dining」(ファインダイニング)と呼ばれている高級なお店では定価の10%が加算される仕組みとなっており、「Service Charge」という名称で呼ばれております。

下記のレストランには自動チップ制度「Service Charge」があります。

  • ホテルのレストラン
  • 和食レストラン
  • 高級焼肉店
  • 外国人の多いウエスタンなお店

カレーハウスCoCo壱番屋の例

先日、無性にカレーが食べたくてセブ島に一軒だけあるCoCo壱番屋に行きました。

ちなみにカレーショップはFine Dining(高級レストラン)のカテゴリーに属するので「Service Charge」があります。

今回はチキンカツカレーをオーダーしました。

先日、桐原グローバルアカデミーのインスタグラムにアップしました。

View this post on Instagram

セブ島でも日本の味 Coco ichiban

A post shared by 桐原グローバルアカデミー (@kiriharaglobalacademy) on

写真だけでは辛さは分かりませんが、2辛にしてみました。

英語では「Spice Level 2」と表現します。

ライスの量はRegular(標準サイズ)のままです。

このカレーの写真を知り合いの日本人に見せると必ず「福神漬けって食べ放題?」と聞かれますが、日本と同じく自分で好きなだけとって食べるスタイルです。

お会計

日本では伝票をレジに持って行き支払いますが、セブではウエイトレスまたはウエイターに手を挙げてお会計「Bill please(請求伝票ください)」と言います。

発音が悪いと「Bill ビル」ではなく「Beer ビール」が運ばれてくることがありますので要注意です。

スムーズなお会計のコツは、「Billを持って来てください」という意思表示のために小さいスクエアをジェスチャーで示しながら言うと間違いないです。

さて、いよいよレシートの内容です。

メニュー表示にもChicken Cutlet 320ペソと書いてありましたので間違いありません。

Subtotal 285.71(税抜価格)

Tax 34.29(VAT 付加価値税 12%)

Service Charge 28.57(税抜価格の10%)

__________

Total 348.57ペソ

税抜価格の10%分が加算されるのでメニューの金額よりも多い請求額となっています。

まとめ

実は「Service Charge」は10%と法律で決まっているわけではなく、控え目に8%というお店もあります。

セブのCoCo壱番屋はマニラに本社がある会社が運営しており、マニラ方式にて10%の「Service Charge」が加算されております。

このマニラ方式(私が勝手に)と呼ばれているやり方は税抜価格の10%が加算されます。

一方、セブ方式は税込価格の10%が加算されるので、マニラ方式の方が消費者にとって優しいです。

もしCoCo壱番屋がセブ方式を採用する会社であれば、税込価格の10%ということで「Service Charge」は32ペソとなり、352ペソの支払総額となります。

セブへお越しの際にはぜひレシートを見て、もし「Service Charge」という表示があれば、自動的にチップを渡すことになるので別途テーブルへ置く必要はありません。

そしてそれがマニラ方式なのかセブ方式なのかもぜひ確かめてみてください。

関連の人気記事:【2019年版】セブ島留学をハッピーにするフィリピンのチップ情報

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

セブ島のメイドカフェ情報

 

メイドカフェはメイド喫茶とも呼ばれ、すでに明治には存在していたという情報もあります。

メイド喫茶の店舗内では、メイド服姿のメイドに扮したウェイトレスが、店舗を邸宅に見立て、家事使用人のように振舞い、客はその主人・家人としての待遇を受ける。wikipedia

セブ島のメイドカフェ

フィリピンには本物のメイドさんが沢山いますが、メイドカフェのメイドは一般家庭とはちょっと違います。

今年になってオープンしたMoeMoe KYUN(萌え萌えキュン)というお店にお邪魔してみましたのでその時の様子を軽くレポートしてみたいと思います。

MoeMoe KYUN(萌え萌えキュン)

店に入る前から笑顔でスタンバイ。

「グシュジン様(主人様)のお帰りです グシュジン様(ご主人様)おかえりなさいませ」

ご主人がグシュジンになるのはセブの人の特徴です。

「我々は萌え萌えキュン惑星からやってきました」という自己紹介から始まります。

相手の年齢や性別によってブレることはありません。

「Moe」が「モイ」と発音されてしまうので「モイモイキュン」となってしまいますが、これもご愛嬌。

メニューとセットメニューの説明があります。

ここからいきなり全部英語です。

メイドさんの英語は非常に聞き取りやすい綺麗な発音でした。

リスニングの実践としては最適の環境ですよ。

注文の品が決まったら片手を挙げて「オネガイ ニャン」と言わなければなりません。

ここだけ日本語しゃべってもOKですが、精神的ハードルがかなり高いです。

よく分からず入って来たフィリピン人客4名様。

いきなり謎の自己紹介に照れてます。

ピンク色したメニューを見て苦笑い。

オーダーの仕方の説明を受けています。片手を挙げて「オネガイニャン」。

「オネガイニャン?」素直に練習してます。

場所はラホッグ地区にあるJYスクエアのすぐ目の前。

セブシティ校からタクシーで15分。

プレミアム校からタクシーで7分。

ぜひ気分を変えて学校外で英語の実践練習にお使いいただけたら幸いです。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

桐原グローバルアカデミー「プレミアム校」ランチプレイス情報

◎一般の日本人女性でもひとりで安心してランチができる場所を特選しました!

桐原グローバルアカデミープレミアム校の案内

 

① Park &Brew (徒歩0分)

軽食フードは150ペソ(300円)以内でチョイス可。

秘密基地のような感じでプライベート感を楽しめる小規模カフェです。

カテゴリー:海外生活初心者~上級者向け

② CALDA PIZZA(徒歩1分)

エアコンが無いのでテイクアウトしてホテルへ持ち帰って食べるのがおすすめの利用方法。

ここは授業が終わって気軽にビザをつまみにビールで乾杯する使い方もありです。

カテゴリー:海外生活中上級者向け

③ PARK LANE HOTEL カフェ(徒歩2分)

パークレーンホテルの1階ロビーの角にあるカフェコーナーでは軽食やパンを食べることができます。(テイクアウト可)

カテゴリー:海外生活初級者~上級者向け

 

④ MANDARIN PLAZA HOTEL 1階ロビー奥のレストラン(徒歩2.5分)

ロビーの奥にある広いレストランには昼時になるとお客さんは殆どおらず、まるで一人貸し切り状態です。

※スタッフもいないことがあるので、海外中上級者向け。

スイーツコーナーが非常に魅力的!

ここではスパゲティ(180ペソ)が出てくるのが早くておすすめ!

味とサービスを含め、ここは海外中上級者向けのエリア。

チャレンジしたい方はぜひナビゲートします!

 

⑤ COMMON GROUND(通称洗車場)(徒歩2.5分)

実は隠れた名所で、WIFIの速度は速いし、コーヒーもそこそこ美味いんです。

ランチ向けの食事の価格帯は100~150ペソ以内。

筆者はここの常連客。

海外中級~上級者向け。

その他

放課後にアヤラモールのブレッドショップやカフェで翌日のランチ向けのパンを買っておくのも手です。

おすすめ店情報

桐原グローバルアカデミー プレミアム校の案内

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

フィリピン産のコーヒーが飲めるNew UCC Cafe

マニラから入ってくるセブの新しい店

フィリピンに初めて来た頃は「ネスカフェ3インワン」の国だという印象がありました。

3インワンとはコーヒーと砂糖とミルクが最初からセットになったインスタントコーヒーの呼び名です。

今までブラックコーヒーを飲んでいるフィリピン人は殆ど見た事がありません。。。

それはフィリピンだけの話ではなく、アジア全体で砂糖たっぷりのコーヒーが好まれる傾向にあるようです。

しかし「経済が成長するにつれて、本格的なコーヒーを求める層が増えてくる。需要を先取りしたい」ということでUCC海外事業部はアジアに本格コーヒーが飲めるショップを展開中でフィリピンを含め現在60店舗あるそうです。

コーヒーと経済成長の関連性という切り口は大変興味深いです。

セブのアヤラモールにも昔からUCCカフェがありますが、スターバックスやその他のカフェとは一線を画すワンランク上の値段と落ち着きがあります。

マニラにも何軒かUCCカフェがあり、そちらも利用したことがありますが、セブのUCCカフェとは商品構成が随分と違いました。

最近オープンしたマボロ地区のUCCカフェはセブ初のCoco壱番屋と同じ並びにあり、ガラス張りの店内は通りからかなり目立ちます。

Coco壱番屋の記事はこちらからご覧いただけます。

こちらはマニラのUCCがセブへ進出したということで、ケーキやパンを含む食材はすべてマニラで作られたものを空輸しているそうです。

まるでレンガのような大きさのダイナミックなケーキです。

軽く朝食でもと思ってふらりと行ってみましたが、朝食メニューが400ペソを軽く超えています!

ふと周りを見渡すと高級SUVに乗ってやって来たフィリピン人ファミリーが殆どで、余計なお世話ですが、ざっと見た感じでは客単価は600ペソ前後といった感じでした。

このようにマニラで流行ったお店がその後セブへ出店するという流れはフィリピンの基本です。

コーヒーは産地の説明もあり、なんだかその気にさせてくれます。

結局その日はフィリピン産のコーヒーをホットで頂くことにしました。

Benguet(ベンゲット)というルソン島中部が産地の豆ですが、苦味が強くアイスのほうが良かったかもしれません。

どんどん新しくて綺麗な商業施設が建てられ、その中に入るお店も増え、セブの街自体がどんどん進化しています。

ぜひ次回のセブ留学の際にはこちらまで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

場所はCoco壱番屋と同じ施設内です。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を待して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

【セブシティ校おすすめ情報】スパイシーソースがやめられない「やくすき」大すき

インターンシップの平良です。

今回私がご紹介するお店は、YAKUSUKIというバーベキューショップです。

私は昼夜問わず通い、すでにレギュラーカスタマー化していますので、この店を紹介しないわけにはいかないと思いながら生活しております。

まずこの店は日本にはあまり無いスタイルで料理の注文を行います。

ガラスケースの中にある肉の中から自分がピンときた肉を選択してダイレクトに注文します。

同じ肉でも形も大きさも違いますから遠慮せず指名しなければなりません。

これが私のチョイス。好物のチキンレッグです。(1つ75ペソ)

こちらが値段表です。

注文した後は、空いている席に着き、そこでライスとドリンクを注文して肉が焼かれてテーブルへ来るのを待ちます。

肉につけるソースを選びます。

ソースの種類はスパイシーとオリジナルの2択で、私は毎回スパイシーを選択します。

私がこの店に通う理由はまさにスパイシーソースが大好きだからです。

肉にもライスにも合い、かなり美味しいですよ。

作り方を聞いてみてもソースは秘伝なので作り方は教えてもらえないみたいです。

日本に帰ったら間違いなく恋しくなる味ですね。

もう一つ、ルートビアという飲み物があります。

BEERと書いてはありますがアルコールは入っていませんので昼休みでも大丈夫です。

日本ではほとんど飲む機会がないと思いますが、沖縄では割と有名で好きな人が多いです。

好き嫌いが分かれる味ですが、ハマる人もいますのでぜひチャレンジしてみてください。

YAKUSUKIはセブ島内に2店舗のみでセブシティ校の近くとITパーク内にあります。

ここは庶民の集うセブらしさに溢れているお勧め店です。

【プロフィール】平良 成宗
出身は沖縄で、セブへ来るまではプログラマをやっていました。英語が話せる人になりたいという憧れから留学を決意し、最初は留学生として2か月滞在し、インターンシップとなりました。これからセブの良さを皆様へ共有させていただきたいと思います。セブで好きな場所はパパキッズというジップラインのあるところです。