日本人にありがちな英語の悪癖|前置詞をつけてしまいたくなる他動詞を特選

ブログランキングに参加しております。ぜひ応援クリックよろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

自動詞と他動詞

英語における動詞には「自動詞」と「他動詞」がありますが、実際の英会話の際に動詞の区分によって目的語の前に前置詞を付けるべきかどうかを考える暇はないです。

ポイントを絞った正しいコロケーションを反復して自分の感覚にしてしまうしか方法はありません。

今回は日本人として他動詞のあとに前置詞をどうしても付けたくなる単語のご紹介をさせて頂きます。

今回は桐原書店から出版されている『Data Base 4500』の中からの抜粋です。

この本はテーマ別に英単語が整理されており、完結した例文がそれぞれ対応して掲載されているので幅広い使い方で出来ます。

1分程度の動画を作りましたのでユーチューブとインスタグラムにアップしました。

ユーチューブ
インスタグラム(ショート版)

どうしても前置詞を付けたくなる他動詞の謎

answer に答える 

He still hasn’t answered my question.

日本語での表現だと「~に」となってしまうので、感覚的に「to」を付けたくなりますね。

approach に近づく

As I approached the house, I noticed a light was on upstairs.

アプローチすべき標的に向かって行くイメージなのでこれも「to」を付けたくなります。

attend に出席する

All of the members attended the meeting.

実は「attend to」という用法もありますが、これは「世話をする」という意味になってしまいます。

こういった例外の存在が自動詞と他動詞の区別を更にややこしくしてくれます。

discuss について議論する

She refused to discuss the matter with them.

これは他動詞の罠の超定番で「discuss about」とついつい言いたくなりますね。

enter に入る

When I entered the room, everybody looked at me at the same time.

これも典型的な「to」を入れたくなるグループですね。

marry と結婚する

Lisa married a man from Japan.

Lisa is married to a Japanese man.

映画やドラマで「Will you marry me? 結婚してくれますか?」というセリフが出てきます。

「be married」 だと後に「to」が来ます。

mention と述べる

Oh, I forgot to mention that the deadline is this Friday.

これは「discuss」と同じでやはり「about」を付けたくなりますね。

obey に従う

You must obey the rules.

reach に達する

The temperature may reach 40 degrees Celsius today.

resemble に似ている

Kate closely resembles her father.

survive を生き延びる

Three of the passengers survived the airplane crash.

まとめ

以上、桐原書店発行の『Data Base 4500』より前置詞をつけてしまいたくなる他動詞のご紹介でした。

究極的には、自動詞や他動詞という文法の知識は正しく会話が出来る人が自分の会話の法則を振り返った時に出てくる結果論であり、本来は知識より会話力在りきだと思います。

この間違いやすいパターンを意識しつつ繰り返し練習して感覚の世界にしていきましょう。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

【スマホ時代】無料で使える英語を多読できるニュースアプリの紹介

ブログランキングに参加しております。ぜひ応援クリックよろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

スマホ時代のライフスタイル

こんにちは。マーケティング担当 豊島です。

今回はスマホで英語を多読することをテーマに無料で読める英語ニュースアプリについて取り上げてみたいと思います。

まず、皆さんの生活必需品の筆頭に挙がるアイテムといえば“スマホ”だと思います。

私の場合、スマホを使い始めてまだ10年経過していませんが、スマホが無いと何もできないほどスマホに依存した生活をしています。

私がフィリピンに移住したのは2007年の10月なのですが、その頃はまだ日本でスマホを使っている人を見た事がありませんでした。

当時のフィリピンではNOKIAのガラケーが最盛期で、私もそのメーカーのガラケーを使っていました。

現地の人へメッセージを送る際は日本語を一切使わず全て英語と同じアルファベットを使用するので最初は非常に負荷を感じていましたが、一月も使い続ければ指が勝手にキーの場所を覚え、何も見ずに片手でメッセージが打てるようになっていました。

私がスマホを実際に目にしたのは2009年で、日本人の語学留学生が持っていた「iphone」でした。

タクシーの中でスマホのスクリーンに映ったマップが「GPS」により移動するタクシーの動きとシンクロして動いていたのがとても衝撃的でした。

暫らくはガラケーで困る事のないライフスタイルを送っていたのですが、2013年に初めてスマホユーザーの仲間入りをしました。

使っているうちに分かって来たのが、スマホはアプリが命ということです。

つまりスマホはガラケーと異なり、インストールして使用するアプリによってライフスタイルが作られているように思います。

つまりスマホによって自分の人生がデザインされているような感覚です。

無料で使える英語ニュースアプリ

ここからは私がスマホにインストールして使っている英語ニュースのアプリについてご紹介します。

ソーシャルメディア(Face book アプリ)

フィリピンは「Face book」の利用が非常に盛んです。

そういう背景もあり「Facebook」アプリのインストールは現地生活において必須で 、地元メディアの「Sun Star Cebu」や「GMA NEWS」の情報もまずはこちらにアップされます。

フィリピン現地メディアの専用アプリ

・Sun Star(全国ネット)

フィリピン最大手の新聞社なので行政とのコネクションも強く、コロナ関連等の重要な情報をいち早くキャッチしSNS等へアップしています。

・Cebu Daily news(セブに特化)

セブに特化している媒体で、地域密着的な詳細なローカル情報が特徴です。新聞のサイズはコンパクトで手にとって読み易いのがアドバンテージです。

・CNN Philippines(全国ネット)

世界規模のメディアとして名高いCNNのフィリピンニュースサイトで、国際問題や経済関連の記事に加えスポーツや文化ジャンルもカバーしております。

・Inquire Mobile(全国ネット)

Cebu Daily newsの母体となる全国版のメディアです。

・GMA NEWS(テレビ局)

フィリピン2大テレビ局の一つで、ニュース記事も取り扱っています。

 

新聞も紙だと有料になりますが、スマホアプリによる電子版だと無料で読めますので非常にお得です。

フィリピンを含め海外のニュースとなると現地に住んでいる人にしかピンとこない役所の名前や独特の専門用語と略語が出てくることが頻繁にありますので、ローカル情報に詳しくないと読みづらい部分もあります。

日本の英語ニュースアプリ

日本の事を改めて英語で読むと新鮮な感動があります。

・NHK WORLD-JAPAN

専用アプリを開くとコンテンツ一覧が出てきますが、殆どが動画と記事で構成されています。

各動画には日系アメリカ人のキャスターが流暢な英語でニュースを報道しています。

・The Japan Times

世界的にもかなり有名なメディアで専用のスマホアプリもあります。

アプリを開くと見出しのサムネイル画像とタイトルが左右にずらっと並んでいるので記事を選びやすいです。

「JOIN THE CONVERSATION」というボタンを押して自分で英語のコメントを入れることもできます。

・Japan Today

日本の文化や生活の様子も含めカジュアルな分野もカバーしているニュースサイトです。

日本語訳のある英語ニュースアプリ
・Study Now

このアプリは世界のニュース記事をランダムに抽出してあり、一覧から読みたい記事を選びます。

本文はいくつかのパートに区切られ、それぞれ日本語と英語の両方で読むことが出来ます。

記事の下には本文で使われている「単語・熟語」が抽出してあり、発音記号と意味が掲載されていますのでニュースで使われる単語の学習にも使えます。

最後に「スタディーポイント」があり、混乱しやすい単語や類義語等の掲載もあります。

無料にしてはかなり完成度が高いものなので、スマホを使って英語ニュースを読み始めたい方はこのアプリをインストールしてみてはいかがですか?

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

 

渡米中のダルビッシュ選手の英語が急に上達した理由(本人による動画解説あり)

ブログランキングに参加しております。ぜひ応援クリックよろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

ダルビッシュ選手の英語について

こんにちは。マーケティング担当の豊島です。

今回は超イケメン大リーガーとして有名なダルビッシュ選手の英語上達ストーリーについて深くご紹介させて頂きたいと思います。

恐らく現在、英語の上手いスポーツ選手のトップランキングに入ると確信できる彼の英会話力ですが、実はつい数年前までは通訳がいないとインタビューに応じることが出来ないレベルでした。

【2017年8月のインタビュー(通訳つき)】

 

しかし2019年では通訳なしでペラペラと流暢な英語で英語ネイティブスピーカーとのインタビューに答えるほどになっています。

【2019年3月のインタビュー】
【2020年2月のインタビュー】

年を追って英語を話す時の表情というか風格が全く違っていますね。

一体彼に何が起こったのでしょうか?!

2019年11月の動画で本人が英語上達のストーリーを具体的に紹介しています。

【英会話】実質小卒?が勉強なしで話せるようになった英会話の上達と発音のコツ

 

小さい頃父親が英語で話しかけるという環境だったが、内容を理解できても、返事は日本語だった。

メジャーリーグ入りし渡米。

最初は子供の頃父親と英語で話していたという経験もあり英語に少し自信はあった。

しかし、渡米1年目、周りの言っている英語が全然分からない状態。

いつも困ったらいつも通訳のジョー古川さんを呼んでいたのでチームメイトに「ジョーさーん」と真似されていた。

レンジャーズ時代までは通訳に頼っていた。

転機が訪れた。

渡米4年目の2017年に手術をしてダラスでリハビリをしていた時には通訳なしで簡単なコミュニケーションを図ってみた。

その年ドジャーズにトレードされ、チームメイトが英語で話しかけて来た時に英語で対応したら「英語うまいじゃん!」と感動しつつ褒められたのが嬉しかった。

一般的に日本人の大リーグ選手は常に通訳が近くにいるというイメージが強いので通訳なしに話す存在が珍しかったということもあるだろう。

英語を褒められて嬉しかったのでそれからどんどん話すようになった。

監督やコーチと話す時も通訳を使わず自分で会話をするようにした。

毎回、英語を話すことによって喜んでもらえるのでそれが自分のモチベーションになった

自分の子供を観察してて、英語の勉強をしなくても英語を話せるようになっているのはなぜだろうと不思議に思った。

子供は音で聞いた音を元に仮説を立てながら試してみるということを繰り返す。

そこが大切。

自分も勉強しているわけでないので間違っているところもあるが誰かからインプットした音を別の人に使ってみて、反応が良かったらまた別の人にも使ってみるということを繰り返している。

あとから気になる単語を別途調べたりすることもある。

日本人には外国人とつるむとか、外国人しかいないようなバーに行くことがおすすめ。

アメリカで見かける留学生は日本人同士集まるので学校の外でアウトプットの場が少ないと思う。

実はネイティブとの会話では発音が一番大事。

単語を沢山知っていて文法が分かっていても発音がダメだと通じない。

アメリカ人は理解してくれようともしない。

ハミルトンという名前はヘモテンじゃないとダメ。

耳で聞こえたままの音で練習した方が良い。

おさらいすると、アウトプットと発音が大事。

英語は褒められて育つ

ダルビッシュ選手曰く、渡米さえすれば誰でも英語がペラペラになれるわけでないようですね。

2017年のきっかけがなければ恐らく未だに通訳さんが付き添う形でのインタビューが行われていたことでしょう。

大リーグで活躍するダルビッシュ選手と比べると僭越なのですが、私も全く同じ経験を経て英語が急速に話せるようになったので、この動画を観た時には激しい感動が沸き起こりました。

彼の英会話力に激変に関しては「英語ネイティブに褒められた事がきっかけ」というのが最大のポイントです。※3分39秒付近

これまで参考として色んな英語上級者の方のサクセスストーリーを見聞きしておりますが、まさかスーパースターが凡人である自分と同じ経験を経て英語が上達したと知って大変嬉しかったです。

私の場合、2007年からセブ島の山奥で生活を始め、世界的に超マイナーなフィリピンの「ビサヤ語」を話せるようになりたいと思った際、幸か不幸か「ビサヤ語」の語学学校もなく、勉強するためのテキストブックもなかったので周りのネイティブ達の動向を闇雲に真似するしか方法がありませんでした。

私のジャングル生活をご紹介

そこで文字情報を一切使わず、聞こえた音とネイティブの持つ独特の表情や仕草を再現してみるというやり方を続けているうちに話せるようになり、同じ路線を英語にもアプライしました。

だから未だにビサヤ語も英語もスペリングには自信がありません。。。

ダルビッシュ選手が動画の後半部分で語っていた子供の英語上達を観察するという部分ですが、私も娘が生まれてからずっと彼女の言語的成長を見続けて来たので彼の言いたいことが手に取るようにわかります。

子供が特に英語を勉強せず文字も読めないのになぜか会話がペラペラになって行く過程。

それは、子供だからというわけではなく、大人にとっても必要なことではないでしょうか?

最後に、彼は小学校以来全く勉強してないという事実を暴露していますが、発音には自信があると言っています。

発音を褒められたことがモチベーションとなると、どんどん自分の発音を試してみたくなるのだと思います。

つまり、楽しんでアウトプットが出来ているからどんどん上達するのだと思います。

英語は褒められて伸びる!

ちなみにダルビッシュ選手は現在ユーチューバーとしても大活躍中で野球のこと意外でもダルビッシュオリジナル和牛券を抽選で配ったりアクティブに活動してます。

ぜひチャンネル登録してみてはいかがでしょうか?

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

【英文読解の救世主】英文を精読するための「サイト トランスレーション」のご紹介

ブログランキングに参加しております。ぜひ応援クリックよろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

音読トレーニングの大前提は精読スキル

相変わらず朝から10分間集中して高速音読に励んでいます。

当初は英字新聞や英語サイトの情報を素早く読めるようになりたいというのが音読をやってみようと思ったきっかけなのですが、リスニング力の方が先行して向上しているように感じます。

毎回100ワード程度の文章を200WPM(words per minute)のスピードを目指してタイマーで測りながらやっているのですが、繰り返し行い10分経過する頃には200の壁を超えることができるようになって来ました。

先日ふと気が付いたのですが、10分間トレーニングをした直後に「CNN」のニュースがよりクリアーに聞こえたのです。

感覚的には英語の音を聞く筋肉が覚醒したイメージです。

ところで、高速音読をするにあたって大事な前提があるのですが、それはかならず文章の意味を捉えながら行うということです。

つまり、マントラでも読むようにひたすら機械的に文字を音に出して読み上げればよいというものではなく、意味をしっかりとらえながら読むことが肝要です。

たとえば、1回目の音読では意味を捉えながら音読していますが、それ以上でも以下でもありません。

しかし3回目あたりから余裕が出来てスピードアップはもちろんのこと、文章の内容+αの事を同時に感じながら音読するようになります。

Sight translation(サイトトランスレーション)

英文を精読する前提としてまず英文の構造の理解と文全体に書かれている意味を理解する力が必要です。

今回ご紹介したいのは、英語同時通訳士トレーニングでも取り入れられている「sight translation(サイトトランスレーション)」という方法です。

  1. 英文スクリプトを用意する。
  2. 意味を形成するブロックごとに/スラッシュ/で区切る。
  3. 左から右へ/スラッシュ/ごとに日本語に訳す。

つまり、スラッシュで区切られた部分を英語の語順のまま日本語へ訳し、文章全体の意味を把握するもので日本語の語順で単語を拾って読む返し読みを防ぐためのものです。

このトレーニングを進めることで、スラッシュを入れなくても同じ要領でブロックごとに右から左へ読みながら大きく意味を捉える事ができるようになるというものです。

「桐原書店 刊」英語4技能ハイパートレーニング 長文読解(1)超基礎編(安河内 哲也著)より抜粋
【サンプル スクリプト】

The Train Museum
Aira loves trains. Two months ago, a new train museum
opened in her city. Aira, her father, and her best friend Rena
visited it. They learned about the history of trains. They also
took lots of photos of old and new trains. Rena really enjoyed
the big train diorama. Aira liked the train simulator. After they
left, Aira said, “I want to spend a whole week there!”
Then, they saw a poster. It said, “The museum needs
volunteers.” Aira and Rena wanted to volunteer. They talked
to a museum worker. The worker asked them about their free
time. Aira and Rena play soccer on Sundays, and they go to
school on Saturday mornings. Aira said, “We can work on
Saturday afternoons.”
Aira started working at the information desk. She answers
people’s questions. Rena is a tour guide. She tells people about
all the trains. They feel very lucky because they can volunteer
at such a great museum.

 

意味のあるブロックごとにスラッシュを入れてみます。

↓↓↓↓↓

Aira loves/ trains.// Two months ago,/ a new train museum
opened/ in her city./ Aira, her father, and her best friend Rena/
visited it. //They learned/ about the history of trains. //They also
took/ lots of photos /of old and new trains. //Rena really enjoyed/
the big train diorama.// Aira liked /the train simulator.// After they
left, /Aira said,/ “I want to spend /a whole week/ there!”//
Then, /they saw/ a poster. //It said, /“The museum needs/
volunteers.” //Aira and Rena wanted/ to volunteer. //They talked/
to a museum worker. //The worker asked them /about their free
time.// Aira and Rena play soccer /on Sundays,/ and they go/ to
school/ on Saturday mornings.// Aira said,/ “We can work/ on
Saturday afternoons.”//
Aira started working /at the information desk.// She answers/
people’s questions. //Rena is a tour guide. //She tells people/ about
all the trains. //They feel /very lucky /because they can volunteer
/at such a great museum.//

「アイラは大好きだ」「 列車が。」「 2 か月前に」「新しい列車博物館が開業した」「 彼女の市に。」という感じでスラッシュで区切ったブロック順に和訳します。

これを声に出して翻訳することで、英語の思考(語順)が体感的に身について行きます。

まとめ

英文精読を確実に攻略するためにおすすめのサイトトランスレーションですが、おすすめの教材として桐原書店から出ている「ハイパートレーニング シリーズ(安河内 哲也 他著)「桐原書店 刊」があります。

これは中学英語から大学センター試験までラインナップがあり、それぞれのレベルに応じた「sight translation(サイトトランスレーション)」を導入した英文読解トレーニングが出来ます。

またポイントを押えた文法の説明も細かくあるので、文法の勉強も兼ねて行うこともできます。

そして作業と理解が終わった文章はそのまま放置せず、次は200WPM(words per minute)を超えるスピードで音読に挑戦するマテリアルとしても続けて使用することをお勧めします。

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

【和製英語】『Overshoot (オーバーシュート)』の正しい使い方

ブログランキングに参加しております。ぜひ応援クリックよろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

Overshoot(オーバーシュート)という英単語

私が海外生活をスタートして以来、外国人と英語で会話をする際に発音が通じなくて冷や汗をかいたり、今まで普通に通じると思っていた英語表現が実はニュアンスの違う和製英語だと分かり恥をかいたことも沢山ありました。

過去の苦い経験を経て、日本語として採用されているカタカナ表現されてる英単語と本来のニュアンスの違いをとても気にするようになりました。

関連記事:私がフィリピンで経験した衝撃のダメ出し集

最近、日本語のニュースで良く見聞きするカタカナ単語に「ロックダウン」、「クラスター」、「オーバーシュート」がありますね。

これらはいずれも英語が語源になっていますが、さっそくそれぞれ確認してみたいと思います。

英語を語源とする3つのカタカナ単語

「Lockdown(ロックダウン)」に関しては世界中で使われており、特にアメリカの学校では非常時を想定した訓練が行われているようです。

安全を守るために一定の場所からの出入りを禁止するということですね。

フィリピンでは一般的ではなくこれまでの実生活で聞いたことがありませんでした。

「Cluster(クラスター)」に関しては、今回のコロナ関連では、感染者集団、集団感染、小規模な感染集団という意味で使われていますが、個人的には昔から馴染みがある単語です。

昔働いていた某企業で社内SEをしていたことがあり、私が担当して「コンピュータクラスター構築」という数台のPCをグループ化させるという作業をやっていました。

さて、「OverShoot(オーバーシュート)」とう単語ですが、日本では現在、物凄い患者数の出現という意味でよく使われています。

今回はこの単語について少し調査してみました。

Wikipedia(英文情報)によると、本来の使われ方は電子物理の世界で最終的な定常状態の値を超えた出力を指す際に使われています。

それから派生し、経済ニュース等では株式相場の動きによく使われています。

電子版英英辞典 COBUILD Advanced English Dictionaryより抜粋

The plane apparently overshot the runway after landing.

どうやら飛行機は滑走路を「オーバーシュート」したようだ。

 

They had already overshot the corner once.

彼らは既にその角を「オーバーショット」してしまっていた。

 

The government usually overshot its original spending target.

政府は通常、支出予算額を「オーバーショット」してしまう。

 

Why do prices in stocks and forex constantly overshoot, and then pull back or undershoot, and then head back up?

なぜ株価や為替は常に「オーバーシュート」し、それから元に戻り「アンダーシュート」して行ったり来たりするのでしょうか?

まとめ

とても気になる単語「overshoot」の使い方ですが、例文にあるように、事前の想定が前提で、その範囲を一時的に超えてしまう状況に使われます。

また想定を下回ることを「Undershoot」といいます。

フィリピンを含む英字新聞やSNSの記事では「大規模感染」を表現する場合「Major outbreak」という表現を盛んに見かけます。

この情報がお役に立てたら幸いです。

 

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

英文速読の世界|毎朝音読を10分続けて分かったこと

ブログランキングに参加しております。ぜひ応援クリックよろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

音読トレーニングの効果を実感

私は今年に入ってから毎朝10分間だけ英文音読をやっています。

その目的は二つあり、英会話のウォーミングアップ、もう一つは英文読解力の向上です。

10分間だけ100ワード程度の英文を選定して読み上げを繰り返し行うのですが、周りに聞かせた方がプレゼン能力も上がると思い、家族のいる所で堂々とやっています。悔しいことに、隣で聞いているうちの娘の方が先に内容を暗記して口ずさみ始めます。

なぜ10分間なのかといえば回数を決めてしまうとただこなすことだけに集中してしまいそうだったので時間を固定化しました。

10分間だと本当にあっという間なのでラジオ体操気分で毎日やれます。

最初は秒数を測っていましたが、今では感覚的にどれくらいのWPM(words per minute)でやれているか感覚的に分ってきました。

だから200を頂点に180とか150とかにターゲットスピードのコントロールも出来ます。

今月に入って私が取り組んでいるのはロバートキヨサキ氏の「UNFAIR advantage」という英語で書かれた本です。

一応日本語で書かれた翻訳版も手に入れたので、意味を確認しながら進めることができます。

この本は2018年11月に書いたブログ記事の中でもご紹介させて頂いたもので、一般的な文章より金融や経済用語等が入って小難しいです。

これをやると、習慣として既に英文を見ると速く読むという欲求が定着しているので朝から英字新聞を読む際にも目が速さを求めるようになってきました。

それと速読マテリアルに関してですが、社会人の方は出来れば仕事または趣味で使える分野の方が良いと思います。

なぜなら、音読はただの脳トレではなく、読んだ内容が自分の中に蓄積されていくので、音読で使った情報がその分野の英文を読む際の大きな助けになると思います。

音読を毎日10分間やって4ヵ月経過しますが、最大の恩恵は音読のスピードより黙読にスイッチした時のスピードの速さを毎回体感できることです。

また、毎日音読を続けることで英語の語順のパターンが感覚として定着し、英文を読むのが精神的に随分と楽になりました。

文法的な大きなパターンを予測しながら読めている感じがします。

具体的に言うと、英文を目にした時に基本文型である「SVO」に該当する箇所を捉えることが速くなりました。

つまり、音読はスポーツと同じで習うより慣れろという言葉がぴったりな世界だと思います。

ポイントのまとめ

毎朝10分の高速音読を行い続けたことで以下のような効果が得られることがわかりました。

✔ 家族のいる場所でやるとプレゼンの練習にもなる

✔ 感覚的にWPMのレベルが分かるようになる

✔ マテリアルの選定:社会人は仕事または趣味で使える分野がよい

✔ 黙読した時のスピード感を実感できる

✔ 英文の大きな構造を捉えるのが速くなる

4ヵ月経過しての気付きを書いてみましたが、エクサイズの一環として毎朝の10分間音読いかがですか?

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです

英語学習の習慣作り|あなたにピッタリのものを探そう|「3大英英辞典」の特徴のまとめ

ブログランキングに参加しております。ぜひ応援クリックよろしくお願います。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

英語が得意な人が持っている英英辞典

私が知る限り英文読解が得意な人は普段から英英辞典を活用している人が多いです。

今更ですが、英英辞典とは語彙の定義を英語で説明している辞書のことで、日本語での説明は基本的にありません。

英語で英語を学ぶ点では語学留学と同じですね。

一般的な日本人の感覚だと英語だけがズラっと書かれた状態を見ると一瞬でうんざりしてしまうかもしれませんが、これからご紹介する英英辞典はネイティブが使うものではなく、英語学習者の初心者から使えるように配慮して編集されたものです。

英英辞典にはそれぞれ特徴があり、収録数の多いもの、使用頻度が分かるもの、フルセンテンスで説明がなされる物等があります。

世界三大英英辞典の紹介

さて、ここからは定番の三大英英辞典のご紹介をさせて頂きます。

ロングマン現代英英辞典 Longman Dictionary of Contemporary English (LDOCE)

【初心者から利用可】

日常生活で必要とされる155,000語が収録され、単語毎の頻出度が示されています。

この辞書は大型書店に行くと必ず見かける定番の辞書で、基本的に英語学習者が英字新聞を読んだり知らない単語を検索する為に作られています。

また既に使い方が定番化しているワードの繋がりである「collocation(コロケーション)」の紹介が多くあります。

例えば強い雨は 「strong rain」ではなく 「heavy rain」等。

特徴として、語彙の解説に一般的な英単語は2,000で、一般英会話で最低必要とされるワード数に匹敵しています。

つまり、この辞書が日常的に使いこなせるようになれば日常英会話で必須とされる英単語も同時にマスターしているという見方も出来ます。

オックスフォード現代英英辞典 Oxford Advanced Learner’s Dictionary of Current English (OALD)

【初心者から利用可】

185,000以上の見出し語が収録されています。

また、語彙の説明に使われている単語数は3,000で、ロングマン現代英英辞典より少し幅広い表現となっています。

世界の英語学習者に親しまれている辞書で、こちらも大型書店に並ぶ定番の英英辞典です。

トリビアですが、初版の編集者の AS Hornby先生は大分商業高等学校で教えていたこともあるそうです。

特徴として、名詞の可算・不可算を示す[C,U]の表示や、動詞の活用形に力を入れてあります。

コウビルド英英辞典 Collins Cobuild Advanced Learner’s Dictionary (CCAD)

【初心者から利用可】

収録語数は110,000以上です。

こちらは語彙の説明で使われる単語数は2,500となっております。

ロングマン現代英英辞典やオックスフォード現代と比較すると収録語数は少ない代わりに全てフルセンテンスでの定義となりますので、一つの語彙の説明に要する文字数がかなり多くなります。

つまりこの辞典を開くこと自体が既に英文読解の世界となるわけです。

いきなり英文小説にチャレンジするよりも随分と負荷が低いのが一つの大きな特徴ですので、英文恐怖症がある方はぜひ英英辞典とお友達になって、英語に触れる練習から入るのもありだと思います。

ちなみに、桐原グローバルアカデミーの親会社である桐原書店はCOLLINS社と提携をして、このCOBUILD(コウビルド)を日本の書店等で販売しております。

前回のブログ記事でご紹介しました英語学習の習慣づけの一環として、朝食の時に10分間だけ英英辞典を眺めるという素敵な習慣はいかがですか?

マーケティング担当 豊島

2007年よりセブ島のジャングルで生活し、ビサヤ語、タガログ語を覚え、最後に満を持して英語を覚えた逆張りメソッド。
私の経験が誰かのお役に立てる事を願って止みません。

自己紹介記事はこちらです